2020年08月13日

夏の食欲

■■ 2020年8月13日 木曜日 午前11時01分
 
 今朝は曇っているが、気温よりも湿気が強いかもしれない。青空は今日はない。陽射しがないので、寝起き行く喫茶店までの道中はましだが、それでも暑苦しさがある。陰気な。晴れて陽射しがあり、暑い方がましだったりするが、気持ちの問題だろう。曇っていると、日陰に入っても涼しくないどころか日影そのものがない。
 毎朝行くファスト系の喫茶店がメンテナンス三日目のはずなので、近くの個人喫茶へ。ファスト系の店が見える横断歩道を渡るのだが、店を見ていない。閉まっていると思っているため。分かっていることは見ないのだろう。
 まあ、個人喫茶の方が過ごしやすい。テーブルも広いし、四人掛け。それ以外の席はない。カウンター席はあるが、三席ほど。あとは全て四人掛け。これが複数あるので、満席になることはない。昼のランチサービスをやっていないので、混むことはない。この店、長くやってられるのはモーニングサービスやランチサービスをしていないためだろうか。かなり面倒なためだ。しかし、それだけで食べている喫茶店もある。コーヒーだけでは無理なので。しかし、この朝の店は、ほぼコーヒーとか、飲み物だけ。ただ、サンドイッチとかはある。純喫茶三種の神器のように。
 昨夜も暑苦しく、部屋で座っているだけでも、熱中症になるような感じ。まあ、夏場は汗をかきながら部屋で過ごすことが多い。じんわりと汗ばむが、ずっと出ているわけではない。暑い中、外から戻ってきたときでも、しばらくすると汗は引く。外に比べれば涼しいのだろう。
 しかし、夜になると、室内の方が暑い。じっとしていると危ない。動いた方がいい。
 まあ、この程度の暑さなら何とかなるが、それでも連日だと厳しい。今日は雨が降るかもしれないので、それを期待している。
 朝、出るとき、雲が多いので、気になったが、傘は持ち出さなかった。小降りなら濡れた方が涼しい。
 朝の空は暗い。街も少しだけ暗い。降るかどうかは分からないが、降りかけの状態が一番暑苦しい。何か空気が籠もっているような。
 天気予報は見ていないので、自分で空を読むしかない。しかし、読めるものではない。降る可能性が高いということが分かる程度。だから普通のことを言っているだけ。
 暑苦しくて食欲がないので、少ない目に食べると、夜中腹がすく。そこで間食したりする。これは夜食だが基本的に夜食は食べない。夕ご飯を減らすので結果的には減るのだろう。しかし、一回の分量を減らし回数を増やした方がよかったりする。結局は間食をすると言うことだが。
 暑くて晴れている日が続いていたが、そろそろ店じまいかもしれない。しかし曇っている日や雨のお盆は似合わない。お盆は夏の勢いがまだ残るが、影が長く伸び、その影が闇のように濃い。真夏の終焉のような。
 夏の入道雲の後方に秋の雲が出ていたりする。かなり遠いが。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 12:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月12日

豆腐売りの豆腐

■■ 2020年8月12日 水曜日 午前11時32分
 
 今朝は暑い。昨日よりも陽射しがきついようだ。久しぶりにジリジリと焼かれる思い。自転車を止めたとき、その暑さはピーク。走っていると風を受けるので、少しはましだが、やはり炎天下という感じで、燃えている。空気も熱いようだ。煮えてる。マンホールで目玉焼きができそうだ。
 何ともならない暑さだが、起きたときは、それほど感じなかった。汗ばんでいたが、昨日と同程度。扇風機も昨日と同じで遠いところで回っているので、あまり効果はない。しかし、昨夜は掛け布団を使わなかったように思える。やはり暑かったのだ。
 夜は相変わらず暑く、昼間よりも暑いのではないかと思える。室内での話だが。まあ、それもしばらくの間になるのか、暑さが長引くのかは不明。暑さに感しての長期予報は見ていない。見ているのはその日の時間別と、十日間予報。当然荒っぽい。そのため、台風が来ていたことは知らなかった。天気図を見ていないためだ。
 しかし、いつも行くファスト系の喫茶店の前にメッセージボードがあり、梅雨明けの次は台風という文字があった。台風の気配さえなかったので、無視したのか忘れていたが。街中でも、そういった天気情報がある。偶然でしか見ないが。
 そのファスト系喫茶店、今日もメンテナンス中なのか、閉まっている。三日ほど休みとなっていたので、明日までだろう。それで、今朝はその近くの個人喫茶。今朝はすいている。客は一人もいなかった。そのあと若者二人が入ってきた。結構一見さんも来るようだ。
 昨日は豆腐売りの車と遭遇したので、生豆腐を買う。一つだ。絹こしの一番小さいタイプ。それで150円。スーパーで買えば三つ百円だが、平べったいので、二つだろう。二つで半丁ほど。だから豆腐売りの豆腐は半丁ほどで150円。一丁なら300円もするのだろう。ただし、コンビニの豆腐よりも当然美味しい。豆腐売りの豆腐で、しかも高いというのも効いている。これが百均の二丁で百円の豆腐だと、それなりの味になる。冷や奴で食べたくない。安い豆腐は煮込んで味を付けて食べれば何とかなる。または麻婆豆腐のようにすればいい。
 この車で売りに来る豆腐屋、年に一度も買っていない。偶然車を見付けると言うことが少なく、見付けても止まっていないといけない。非常に低い確率だ。
 150円だったが、それを夕食で冷や奴で食べる。醤油だけで食べた。メインだ。ただし半丁ではなく、その半分だが。
 これも豆腐の買い置きが切れているから買えた。そういう日はたまにあるが、今回は豆腐がないまま朝の味噌汁を作っていた。そのかわり油揚を切ったものがあり、刻み油揚で、保存が利く。室温で。それを入れているので、豆腐がなくても何とかなる。
 暑いので、冷たいもの、冷や奴もそうだが、そちらへ走りたくなる。すると腹具合が悪くなったりする。
 既に八月半ば、お盆の頃から暑さは引くとなっているが、今年はどうだろう。まだ誰も分からなかったりする。
 
 昨日は久しぶりにニコンの戦艦コンパクトデジカメP900を持ち出す。2000ミリまでの巨砲。意外と街中でも2000ミリ撮影は可能。
 針の穴に糸を通すような写し方になる。僅かな隙間を通して写す。しかし、このカメラ、24ミリスタートなので、こちらを使うことが結構多い。広角撮影なのにこの大きさは何だろうと思うが、構えたときの安定感はいいし、ファインダーを覗かなくても背面液晶が3インチを少し越えているので、大きく見える。
 このカメラを鞄に入れた瞬間、雀やカラスが出てくる。視野に入るということだろう。毎日視野に入っていても、遠いと写せないので、無視しているのだろう。2000ミリあれば、かなり離れたところからでも写せる。
 離れたところのものは得意だが、至近距離でのマクロ系はあまりよくない。広角端は1センチ程まで寄れるので問題はないが、中望遠ではあまり寄れない。
 遠くのものを肉眼で見たときの被写体の重なりをそのまま写せる。近付くと重なりが変わってしまう。
 このカメラを持ち出すと、そういう被写体が現れる。そのカメラの目になってしまうのだろう。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 13:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月11日

短そうな夏

■■ 2020年8月11日 火曜日 午前10時36分
 
 今朝も昨日と同じような空。雲が少し多いが、青空は濃い。昨日と違うのは風がないこと。これは台風の影響があるのだろう。
 お盆が近いのか影が伸びている。家の影だが、これが濃い。
 この時期、夏にも飽きてきて、暑さにも飽きてくるのだが、梅雨明けが遅かったので真夏を満喫しないうちに終わりそうだ。これでもかこれでもかという暑さが続き、何ともならない日が続くのだが、それが少ない。
 今朝はいつものファスト系喫茶店がメンテナンス中なので、続けてその近くの個人喫茶へ行く。二日続く。明日もまだ休みのようなので、三日続くことになるだろう。まあ、煙草が吸えるので、いいのだが。
 今朝はいい感じの時間に起きてきたが、二度寝した。昨日はその二度寝が長すぎて、かなり遅い時間になったが、今朝は二度寝時間は僅かで、本当に寝たのかどうか疑うほど時計の針が進んでいなかった。それなら三度寝を、と思ったが、暑いので、寝る気がなくなった。扇風機は回っていたが、離しているので、しっかりとした風は来ない。寝ているときはそれでも寒いほどで、掛け布団を使っていたりする。今朝もいつ蒲団を掛けたのか分からないが、被っていた。いつでも掛けられるように、すぐ横にあるので、手が出しやすいためだろう。寝たままで掛けられる。
 昨夜は少しだけ夜更かしになったが、その前の日はしっかりと早寝したのだが、二度寝で遅くなった。夕方前に行く喫茶店の戻り道がもう暗くなりかけていた。日が短くなったこともあるが、遅い目に行ったためだろう。両方の効果が出ている。結果として暗くなっている。
 昨夜は遅い目に寝たのだが、範囲内。夜更かしと言うほどではないが、意外と寝付けなかった。暑いためだろうか。しかし、いい感じの時間に起きてきたのだから、文句はないが、睡眠不足のはず。昼寝が必要だ。
 その昼寝。今年はできる。暑い年は昼寝をすると危険なほど暑かった。今年はそれがない。あまり暑くないのだろうか。だが、夜は結構暑い。喫茶店のおしぼりのようなものを濡らして、それを使っている。顔を拭くだけでも、楽になる。まるで、気付け薬だ。
 お盆あたりからの夏も悪くない。
 
 昨日の夕食のおかずはコロッケ。遅い時間帯だったので、半額。200円台だ。四つほど色々な種類のコロッケが入った残り物パック。豆腐の入ったコロッケもある。豆腐カツもあるので、相性がいいのだろうか。まあ厚揚げも揚げ物だが。皮が違う。コロッケなのでパン粉だ。
 どれも丸っこいコロッケで、平べったい。中に何が入っているのかは分からない。ただ大きさが少し違う。これで見分けるしかない。かなり大きなものもあるが、これは普通のコロッケだろう。ジャガイモが高いが、コロッケの値は上がっていない。
 葉物野菜の量が少ない。八百屋の店先を見るが、葉物がないので、青とか緑のものを葉物コーナーに並べている。ブロッコリとか。
 こういうときでもニラは安いのだが、目に入らなかった。ネギも高いのだろう。白菜が一番お得。しかし青い部分は少ない。何せ白菜なので。
 ホウレン草は飛騨産が元気。安定している。他の産地のホウレン草が切れても、飛騨ホウレン草だけは出ている。百円台なら問題ない。ただ、少し痩せている。
 大根おろし用に細い大根を半分に切ったものを買ったのだが、残った。それで、卵を焼いたとき、横に添えることにした。卵は結構しつこいし、油を使うので。
 卵焼きの下手な人は油に頼ることだろう。安いサラダオイルをしっかりと使えば、簡単に焼ける。
 卵一つなら、目玉焼きのようにそのまま落として、落とした瞬間かき混ぜる。かき混ぜてから入れるのではなく、入れてからかき混ぜる。これで、食器を使うと、洗うのが面倒。卵を溶いた食器はネチャッとしているので、あまりいいものではない。
 こういう卵焼きのとき、刻みネギがあればいいのだが、買い置きはない。刻みネギはパックに入って売られている。保存は利くが、水分が抜ける。そのまま放置すれば乾燥ネギになりそうだ。
 昼に食べるはずの豚まんに手が出ない。やはり暑いとき、蒸し器を使うのがいやなのだ。ただ、今年はソーメンやざる蕎麦には手を出していない。
 コンビニで売っているクロワッサンなどが食べやすい。小さい目だが、数が多いので、調整できる。
 食が進まないので、炊くご飯の量を少しだけ減らしている。夏向けだ。
 夏向けの靴やズボンはあるのだが、今年は春物のズボンで何とかなっている。それらは猛暑用だろう。
 十日間予報では35度台が出ているのだが、猛暑という感じはない。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 11:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月10日

真夏の空

■■ 2020年8月10日 月曜日 午前11時50分
 
 今朝は結構暑い。そして青空が濃い。これが夏の空だ。また雲も少なく、その雲も白い固まり。玉のような雲。遠くの雲はハレーションがかかっていて、神秘的だ。
 そして、久しぶりに照りつけが強く。身を焼かれるような陽射し。これが真夏なのだ。今年はこの真夏の空をなかなか見られなかった。しかし、もう終わり。八月も十日。かなり来ている。中頃に入る。お盆だ。
 十日間予報を先日見たが、全て35度が最高気温となっていた。毎日だ。お盆中を含むので、お盆を無視しての暑さが続くのだろうか。遅い目の梅雨明けだったので、ずれ込む可能性がある。お盆が来ても涼しくならないような。
 今朝は早く目が覚めた。早い目に寝たことも生きている。しかし、少しだけ早い。今日はいつものファスト系喫茶店が休みの日。休みは火曜だが、点検とか研修とかで三日ほど休みになる。それで、近くの個人喫茶へ行く予定だったが、今起きると、まだ早い。開いていない。それで、堂々と二度寝。だが、堂々としすぎていたのか、かなりの遅起きになってしまった。早寝が死んでしまった。
 しかし、最初に目が覚めたときは早寝が効いており、さっと起きられそうだったし、いい感じの時間だったのだ。だから早寝が死んでしまったわけではない。
 早寝は夜更かししても、暑いので、寝た方がいいという感じ。意外と室内の気温が高い。夜中でも。
 それで横になっている方が涼しい。それと暑さでバテ気味なので、早い目にダウン。寝る方が楽。
 二度寝が長すぎたが、既に気温はどんどん上がっている。扇風機は回っていたが、掛け布団を使っていた。その蒲団を被ったままの二度寝。暑いだろう。暑くて寝てられないほどなのに、よく寝ていたものだ。起きると汗ばんでいた。まあ、夏場はそんな感じだ。
 ゴミの日だったが、量が少ないので、無視。もう少し溜まってから。
 外に出ると真夏。青空のおかげで総天然色映画を見ているような感じ。昔のアメリカ映画の極彩色の西部劇を見ているようなもの。
 長すぎる二度寝のためか、睡眠時間は十分なので、元気だ。二度寝も悪くはないが、前日の二度寝はすぐに目が覚めた。だから最初に目が覚めた時間と変わらなかったのだが、今朝は長過ぎ。
 喫茶店までの道で、青空が濃いので、何でもない風景を写す。極彩色になるかどうかは分からないが、意外とカシオの色はよかったりする。カシオのプロカメラを鞄の中に入れていたのだが、ファインダーがない。だが、液晶は大きい。馬鹿でかい。明るいところでもそれなりに見える。液晶しかないのだから、見えないと、写せない。
 だが液晶の明るさは自動調整で、少しだけその調整で間が開くことがある。待てば適切な明るさになる。起動は速いのだから、ここが惜しい。自動調整を切ればいいのだろう。最初から一番明るい状態にしておけばいいが、そのままにしている。
 朝はカシオだが、昼はペンタックスを持ち出している。こちらの方が夏に似合っている。こちらは葉物がいい。グリーン系が綺麗に出る。だから、自然の風景には丁度いい。写しやすさではペンタックスの方がいい。まあ、ファインダーが付いているし、構えやすいし、ピントも合いやすいと言うより、中央一点なのでAFがゴチャゴチャしない。シンプルに写せる。これぞカメラという感じだろうか。しかし市街地では出しやすいカシオの方が活躍するだろう。
 真夏の空。写しには行っていないが、日常移動中、いつでも写せる。
 暑いが、真夏は好きだ。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 13:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月09日

魔夏の朝

■■ 2020年8月9日 日曜日 午前10時57分
 
 今朝はまずまず晴れている。すっきりとした青空ではないが、昨日よりもいい。そして夏らしい朝になっている。昨日は湿気が強かったのだが、今朝はカラッとしているのだろう。青空がもう少し青ければ夏らしいのだが、そうはいかない。最近雲が多い。雨は降りそうではないが、すっきりしない日が続いていた。晴れなのか曇りなのかが曖昧。
 爽やかな夏の朝というのは、あるようでないが、すっきりと晴れておれば、そうなる。
 既にお盆が近い。お盆休みが始まったりしそうだ。暑い盛りは梅雨で雨だったので、明けてからの夏は短かったりする。
 昨夜は少しだけ早寝したが、やはりすぐには眠れなかった。早いとそうなる。しかし、暑いので、横になっているだけでもいい。扇風機は当然必要。しかし、寒くなってきたので、首振りの上下を加える。この上下、天井を向く。これで風が来る率が減る。左右だけならずっと風を受けているようなものなので。
 それが昼間なら、足りないほどだし、かなり近いところに置いている。流石に夜はかなり離している。だから頼りない風しか来ないのだが、それが意外と風を受けるのだ。
 早寝した効果は出なかったが、まずまずの時間に目が覚めたが、汗をかいている。暑いのだろう。扇風機は回っていたが。
 それで、二度寝。
 しかし、暑いのか、すぐに起きてきたようだ。それで、遅起きにならないで済んだ。
 起きたとき汗ばんでいたが、すっきりしている。これが夏の朝だろう。
 晴れているので陽射しがある。それなりの強さはあるが、焼けるような暑さではない。だから、それほどの高温ではない。
 カラッと晴れた日なので、いつもの喫茶店の冷房で寒くなることはない。外が暑く、からっとしているためだろう。
 食欲がないので、お茶漬けにする。いつもの量を食べきれないわけではないが、お茶漬けの方が楽。
 おかずもあっさりとしたものに行きがち。ただ、そういうのを買っていないし、作っていないので、結局は野菜の煮物の残り。それとチーズ蒲鉾、これはおつまみだろうか。コンビニで一本だけ買っていたのを食べるが、一本は食べきれなかった。
 高い目の豚まんを買っていたのだが、食べる機会がない。二個残っている。冷凍にしている。これは昼に食べるはずだが、蒸し器で蒸す気がしない。この時期なので。しかし、暑いものを昼に食べるのも悪くはない。冷やしうどんではなく、熱いうどんなどがいいかもしれない。ざる蕎麦もいいが、今年はまだ食べていない。これもアツアツのかけそばの方がよかったりしそうだ。熱くて柔らかい油揚が入っているような。
 食べているときは汗が出るが、それが引き出すと、涼しい。こちらの方がよかったりする。
 今年は暑い盛り、何ともならないような暑さが連日続き、ダレきってしまうようなことは、ないかもしれない。もうお盆が近いので、暑い盛りは僅かなのだ。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 12:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月08日

ペンタックスのファインダー

■■ 2020年8月8日 土曜日 午前10時41分
 
 今朝は曇っている。そのため陽射しがないので、寝起き行く喫茶店までの道中は楽。しかし、決して涼しくはない。蒸し暑さがあるのか、暑苦しい。昨夜も室温はそれほど上がっていないのだが、暑苦しい。寝るときも扇風機が必要で、朝まで回っていたが、汗ばんでいた。朝まで暑いのだ。
 朝方寒くなり、扇風機を切るのだが、ここ二日ほどはそのまま。
 カラッと晴れている日の方が涼しかったりしそうだ。空気の問題かもしれない。曇っている日は湿気が強いのだろうか。
 しかし、朝の道は昨日よりも凌ぎやすい。やはり陽射しをもろに受けるより、曇っているほうが外は暑さはましなようだが、室内は別。部屋の中が暑い。
 今朝はいつものファスト系喫茶店ではなく、その近所の個人喫茶。ファスト系が定休日の日に入っているが、今朝はそれに関係なく、行く。暑苦しいためだろうか。それと煙草が吸えるので、これがいい。
 今朝は早い目に起きてきたので、二度寝するが、次に起きたときはそれほど遅くはなく、覚悟していた遅起きにはならなかった。早すぎず遅すぎずの時間帯。いい感じだ。
 昨夜はほどほどの夜更かしで、少しだけ遅い目に寝たのだが、そういう日は寝付きがいい。早い目に寝た日は寝付きが悪い。結局夜更かしした時間帯にならないと眠れない。
 ただ、昼間運動をしていれば別だろう。その疲れでさっと寝てしまうが、運動などはしていない。ただ掃除をしたりしているが、室内だ。それほどの力仕事ではないが、暑いときは汗ばむ。しかい、じっと座っていても汗ばむ。
 夜が意外と暑苦しいので、喫茶店のおしぼりのような布を水を含ませ、それを首に乗せている。短いので、巻けない。このおしぼり一本で効果がある。まあ、熱があるとき、額を冷やすようなものだが、それでは落ちるので、後頭部に乗せている。座ったままでも額を冷やせるエジソンバンドがいいのだが、そのバンドそのものが暑苦しいだろう。
 首に巻くタイプの冷やす製品があるはずだが、そこまで必要ではない。おしぼりや濡れタオルなら、顔を拭いたりできるので、そちらの方が使い勝手や使い心地がいい。ただし室内での話。
 今年の夏は短そうなので、あと僅かな間。あと一週間ほどでお盆。暑さの峠はここで越える。ただ、かなり前に見た十日間予報ではお盆の日がかなり高温。十日間の中で一番暑い数値になっていた。覚えておこう。
 暑いので最小必要距離しか移動していない。夏は行動的になるはずなのだが、逆に冬よりも、行動範囲は狭い。寒さは着込めば何とかなるが、暑いときは何ともならない。それに大阪方面の冬はそれほど厳しくない。それでも寒いので、出歩くのを控えるが、夏はそれ以上だ。
 朝の喫茶店からの戻り道散歩も最近は無理。暑苦しくて散歩どころではない。何か目的があるのなら、暑い中でも移動するが、必要な移動は狭い。
 
 最近のお供のカメラはカシオのプロ機が多いが、たまにペンタックスの一眼レフを持ち出している。結構重い。小さい方だが、重い。
 このカメラ、夏に似合っている。ファインダーを覗くと涼しい。夏の陽射しなどがそのまま見える。ここが液晶撮影と違うところ。
 そしてこのカメラ、設定で中央部一点AFにしているので、迷いがない。そしてピントがよく合う。手前の小さなものにも合う。こういうカメラほどマニュアルフォースの使い勝手がよかったりするので皮肉な話。自動ピントでもよく合うので、マニュアルに切り替える必要がなかったりする。
 しかし、いつもの移動のときに持ち出すだけなので、それほど写すものはない。そのため、一枚も写さないまま戻ってくることが多い。鞄が重かっただけになるので、何とか一枚ぐらいは写そうと考える。折角持ち出し、鞄も重いのだから。
 写すものが何もないときにでも写せるもの。そういう穴を掘る機会になるが、別に探さなくても、移動中、それなりのものはある。ほぼ偶然見付けたようなものとか、偶然出現したものとか。
 まあ、暑いときはあまり体力を使わず、大人しくしている方がいい。
 既に立春は過ぎているので、暑さもしばらくのうちだろう。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 11:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月07日

釜揚げちりめんじゃこ

■■ 2020年8月7日 金曜日 午前11時41分
 
 今朝は晴れているが、雲が多く、その雲が雨になりそう灰色雲。それで湿気があるのか、ムッとした暑さ。昨日の朝よりも暑い。
 久しぶりに雨になるかもしれない。しかし十日間予報を見ても傘マークなど一つもない。それで安心して今朝は傘を持って出なかった。出るときは晴れていた。しかし、よく見ると、そういう灰色雲が出ているし、しばらくすると、日が陰りだした。さらに風がかなり強い。これは雨の前触れだ。
 それよりも暑いので、そちらの方に意識が行き、雨に注意はいかなかった。その灰色雲、果たして雨を降らすかどうかは分からない。暑苦しい方が問題。
 昨夜はそれほど夜更かしをしていなかったが、今朝、起きると、かなり遅い時間になっていた。二度寝したのかどうかは分からない。曖昧。何か夢を見ていたような気がするが、忘れた。
 遅く起きてきたので、睡眠時間は十分。昨夜は扇風機を付けたまま寝たが、朝までその状態だった。やはり暑いのだろう。前日は寝る直前に止めたりしているし、その前の夜は、付けっぱなしなので、冷えた。
 扇風機のリモコンが出てきたので、止めやすくなったが、今回は暑いので、止めなかった。起きたとき、汗ばんでいたので、蒸し暑かったのだろう。
 
 昨日はスーパーで釜揚げジャコと大根を買う。葉物野菜は全滅状態で、青梗菜がまだましな値段。
 釜揚げちりめんじゃこは何処のスーパーでも売っているが、昨日の阪急のスーパーのは出汁が入っていた。小さな小袋。
 それで、夕食のメインはちりめんじゃこ入り大根下ろし。夏っぽい。
 そのジャコがかなりいい。かなり小さいタイプだが量が多い。値段は他店とそれほど違わないが、出汁入りは珍しい。まあ、大根下ろしからも水が出るので、それが出汁になるのだが、醤油を少し垂らせばぐっと締まる。
 大根おろしなので、それほど大量に食べないので、ジャコも何回分もある。
 暑いので食欲が減るので、ご飯は少ない目に炊く。これで茶碗に入れるときの量を減らすことができる。残さないように。
 宇和島のジャコ天というのがあったので、それも買う。安い。茶色いが。これを野菜の煮物の中に入れる。これだけでも十分おかずになる。
 豆腐を味噌汁に入れる気がしなくなる季節。それで冷や奴で食べることにする。味噌汁は作る。やはり汁物がないと淋しい。まあスープだ。
 暑くて気怠い夏。今年は短いかもしれないが、まだまだその状態が続くだろう。暑くてダレてしまい、何ともならないのだが、その感じもいい。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 12:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月06日

短い真夏

■■ 2020年8月6日 木曜日 午前10時15分
 
 今朝は晴れている。青空率が徐々に広くなっている。昨日も晴れていたが、雲が多かった。その雲が徐々に減っていくのだろうか。流石に雨の気配はない。梅雨ではないはずなので。長期予報でも傘マークがない。ただお盆の気温が結構高い。十日間予報では一番高い。今が一番暑いはずなのだが、それを飛び越えている。この十日後の気温が高いのが気になる。要するに夏が長引くような。
 確かにこのままお盆で気温が低くなり出すと、短い夏になる。八月に入ってからやっと夏らしくなったのだが、あと十日ほどで終わることになる。既に八月も進んでいる。もう八月の六日。
 今朝も暑いことは暑いが、猛烈な暑さではない。厳しい暑さではない。寝起き行く喫茶店の道も、それほど暑いわけではない。まあ、毎年八月の今頃は、もうそれほど厳しい暑さではなくなっていく頃なので、そんなものかもしれない。暑いのは七月の末。その七月が梅雨で終わったので、夏らしさがない。だから一番暑い頃、雨で涼しかったので、今年は凌ぎやすい夏ということになる。まだ、それは分からない。お盆あたりの高温予報が気になる。梅雨が明けないように、夏の明けが遅いのかもしれない。
 今朝はいつもよりも早い時間に起きてきた。自然な目覚めで、早かったのだが、二度寝をした。結構早いためだ。しかし、電話で起こされた。出なかったが。そして時計を見ると、まずまずの時間。そこからまだ寝てもいいのだが、目が覚めてしまった。寝る方が難しい。それに暑くなっている。扇風機は寝るときに付け、あとは切っている。だから、暑苦しいので、それ以上寝られないと判断。
 それで、今朝は早い目に喫茶店へ向かったことになる。それほど暑さを感じなかったのは、早いためかもしれない。ほんの少しだが、午前中の涼しさがあるのだろう。しかし、暑いことは暑い。
 
 昨日はご飯もおかずも切れていたので、コンビニ弁当。鮭弁だがそのシャケの姿がない。小さく千切っているのだ。まぶしてあるという感じ。これが見た目、食べやすそうなので、それにする。あとは簡易幕の内のようなおかずが少しだけ入っている。あまり量は多くない。ご飯の量も。夏なので、これぐらいで丁度だろう。
 似たようなタイプでイワシかアジのみをまぶしたのがあった。弁当としては半分ほどの小ささ。これをそのまま茶碗に入れ、お茶をかければ、お茶漬けができる。
 そのお茶だが、切れていた。滅多にお茶など飲まないためだ。麦茶を冷やして、なども数年以上やっていない。コーヒー牛乳をチビチビ飲んでいる程度。
 しかし、お茶漬けにはお茶がいる。その茶葉の買い置きがなくなった。パック入りで大量に入っていて百円だった。茶碗に一杯分ではなく、急須に入れる。
 それで、先日、百均ではなく、スーパーでそれを思い出したので、茶葉を買う。数倍する。しかしティーパックなので、その紐代だろうか。急須に入れると、その紐などは巻き込んでしまう。
 少し高かったのは抹茶入りのため。買ったのは緑茶だ。まあ、色が付けばいい。
 先ほどのアジかイワシかサバの弁当だが、そのタイプではお茶はいらない。湯でいい。何も具が入っていないときは、白湯では味気ない。色がいる。醤油を垂らせば番茶色になるが。
 また、永谷園のお茶漬けの素などがあると、お茶はいらない。
 問題は具がないときのお茶漬け。百均で買ったお茶が、お茶の香りがよく、白湯とは明らかに違う風味があった。今回買った高い目は、それほどでもない。高いのに。そして色つきも悪い。緑茶なのに、あまり緑っぽくない。
 お茶漬けに高菜漬けを入れていたのだが、それも飽きたし、お茶の風味が高菜漬けの汁で消えるので、最近はお茶だけのお茶漬けにしている。さっぱりしていていい。塩味もいらない。
 明日は立秋のはず。だから明日から残暑となる。本番の夏の暑さは去ったことになるのだが、なかったりして。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 11:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月05日

アジのフライ

■■ 2020年8月5日 水曜日 午前11時20分
 
 今朝は晴れている。昨日よりも雲が少ないかもしれないが、まだ夏の晴天というわけにはいかない。しかし、暑さは十分ある。初夏に買った上着が結構涼しい。これは着ている方が涼しいのではないかと思えるほど。麻と綿半々で七分袖か八分袖。袖は着物のように広かったりする。だからゆったりとしている。腕が三本ほど入るほど。ここがネルシャツと違うのだろう。密着感がない。だからくっつかない。それで、さらっとしているのだろうか。
 これを着ている方が日除けにもなるし、日影にもなるので、着た方が涼しいタイプかもしれない。
 灼熱の砂漠などでは、布をまとっている。暑いのに。しかし砂除けでいるのかもしれない。一方同じ暑い熱帯地方では裸に近かったりする。まあ、砂漠は夜は寒いのだろう。温度差がありそうだ。
 どちらにしても、その上着、暑くても平気なので、これは良いのを手に入れた。夏の初め頃、吊されていたもので、襟はない。それにTシャツがおまけで付いてきた。当然その組み合わせで着ている。
 今朝は冷房の厳しいファスト系の喫茶店だが、晴れており暑いので、その上着でも平気。八月のこの時期なら、冷房で寒いというのはましになる。雨が降っている日は別だが。
 この上着、前はファスナー式で、ジャンパーのようなデザインなので、ポケットも大きい。胸ポケットはなく、腰ポケットだけだが、かなり大きいので、大きい目のコンパクトデジカメでも十分入る。しかし、そういうのを入れると、服のバランスが崩れるが。
 ズボンはまだ真夏用の薄いものではない。春物というわけではないが、防寒性がないタイプ。柔らかく履きやすいゴムパン。夏本番が遅かったので、春物で十分だった。靴もそうだ。夏用のスリッパのような軽いタイプがあるのだが、代えていない。靴下も冬物だったりする。そちらの方が弾力性があって履き心地がよかったりする。
 
 昨日は魚屋でアジのフライを買う。なぜか夏っぽい。これにトマトを添えれば、丁度だが、トマトの直販所はもう閉めてしまい、畑のトマトも枯れている。
 大きい目のアジで二つで200円。自分でパックに詰めれば一つ100円で買える。
 アジのフライ。その横にアジの天麩羅もある。しかしアジのフライの方が大きい。魚そのものが大きい目。大きすぎるアジでは天麩羅には向かない。だから、イワシの天麩羅の方が多い。大きさ的にはふさわしい。キスとかも。
 それでアジのフライを食べたのだが、これは醤油だろう。魚なので、結構生臭い。それとフライものなので、油っこい。醤油でそれを消そうとしているのが、ここは大根下ろしでないと無理。醤油だけでは。
 アジのフライ、衣が加わるので、余計に大きく見える。中身は大したことがなかったり、ガリガリだったりすることもあるが、流石魚屋だけあって、そういうことはなかった。
 前回は白身魚のフライを買っている。値段は同じだ。大きな海老フライもあり、アジのフライとそれほど値段が違わない。定食屋の海老フライよりも大きかったりするし、安い。
 暑苦しいときは、大根下ろしとちりめんじゃこか釜揚げのジャコを入れて食べるのがいいのだが、大根を切らしている。暑いのですぐに枯れるためだ。それで煮物用の大根は千切り大根にしている。割高だが、大根は大根。
 
 今朝は早い目に目が覚めたのだが、まだ早いので二度寝した。この二度寝が長かった。それと最初目が覚めたとき、起きたくなかった。
 昨夜は夜更かしたわけではないが、寝る前、暑かったので、今年初になる扇風機を付けたまま寝ることにした。扇風機がないと、寝苦しいので。
 しかし、案の定、寒くなり、蒲団を被った。扇風機はまだ回っている。遠くに置いてあるためだ。そのリモコンがあったのだが、用意していなかった。
 それで、起きるまで扇風機は回っていたが、朝といっても昼近いので、室内は暑くなっている。だから止めなくてもよかった。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 12:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月04日

新旧ノート

■■ 2020年8月4日 火曜日 午前11時10分
 
 今朝も夏なので、当然暑いが、すっきりとは晴れていない。雲が多いのだろう。それで助かっている場合もある。
 朝の喫茶店までの道中は暑いはずなのだが、暑さ慣れしたのか、麻痺したのか、何とも思わなくなっている。それほど暑くないのだろう。
 朝の道は日影がない。そういう道筋で、そういう方角のためだろ。これが早朝なら影が伸びているのだが、その時間、まだ寝ているし、店も開いてない。
 今年の夏はそれほど暑くないのかもしれない。毎年この時期は35度越えで、さらに37度あたりまで上がってもおかしくない。
 梅雨明けが遅かったので、その間、夏を消費してしまったのかもしれない。しかし、それほど厳しい真夏ではないとすると、これは助かる。
 既に八月の四日。もの凄く暑い時期を過ぎようとしている。今年はどういうタイプの夏になるのだろう。九月になっても暑いのかもしれない。または早く秋が来てしまうとかもある。そのタイプだと、あまり暑くない夏となる。
 いつもの喫茶店が定休日なので、今朝は個人喫茶へ。ここへは毎週行っている。
 一台だけ止められる余地に自転車が既に止まっていたので、今朝はパチンコ屋に止める。この確率は半々になることもある。時間帯にもよるのだろう。この自転車は遠くからでも見える。ただ、自転車の形までは覚えていない。乗ってきている人は、店に入ると、分かるが、一人ではないようで、他にもいるようだ。
 二台止められなくはないが、先の一台が出しにくくなる。
 
 暑いので、自転車散歩に出る気は起こらない。ただ日常移動は暑くても外に出る。これだけで、一杯一杯だが、何ともならない暑さではないので、助かる。
 日常移動も、最短コースで、遊びがない。無理をすればウロウロできるのだが、暑さにやられるのは分かっている。だから長い距離は無理。
 昨日はにぎり寿司を買う。魚を食べるという感じだろうか。しかもタイプの違う魚を。生の魚。生魚を食べると言うことだが、これは何だろう。まあ、生まれたときからそういう食べ物があり、別に不思議に思わないが。
 
 使っていなかったNECの11インチノートを最近復活させていた。軽くてタイピングもよいので、かなり長い期間使っていた。
 しかし、電源コードを差しながら動かすと、警告音が鳴る。何の警告かは分からない。動かし終えると音は出ないが、移動させるとき、また音が出る。
 それで、今年の誕生日に買った同じNECの10インチノートに戻す。やはりこちらの方がキーボードの歯切れがいい。深くて手応えがあるし、反発があるので、いい感じだ。
 古い方のノートの方がスペックは上。i5を積んでいるし、メモリも大きい。ところが、新しい方はNECの中でも一番安いタイプで、ペンティアム。それにメモリも最低限しか積んでいない。だが、こちらの方が早くて、もたつきがない。
 外では一太郎ぐらいしか使わないのだが、古い方は変換中もたついたりするが、新しい方はそれがない。これはどういうことだろうか。
 また古い方はタイプ中にタッチパットが反応しやすいが、新しい方はそれがない。
 タイピング感もいいのは、キーボードだけではなく、重さかもしれない。新しい方が重い。それでキーボードが安定するのかもしれない。ただ、このキーボードは分離型。離したことはないが。
 タブレットとしても使えるのだが、そんな用はなかったりする。キーボードを取ると、途端に不便になる。
 タブレットになるため、当然液晶タッチは可能。これは結構使う。古い方はそれがない。
 それと起動後は指紋センサーで通過できる。古い方はパスワードなどを省略する機能を使っている。
 それよりも、新しい方はノーを開けると電源が入る。だから電源ボタンを押さなくてもいい。
 重い目のカメラを持ち歩くとき、軽い目のノートパソコンの方がいいのだが、新しい方のNECノートは10インチなので小さい。しかし重い。それでも打ち心地がいい。
 この分離型のNECで一番安いタイプ。その何世代か前のを長く使っていたことがある。官能的なキーボードだ。意外と独立したキーボードの方がよかったりする。専用キーボードなので、ノートパソコンになるような形をしている。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 12:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする