2017年02月18日

のり弁

■■ 2017年02月18日 午前8時21分
 
 今朝はまた寒くなっているが、昨日はものすごく暖かいと言うほどではなかった。予報では15度となっていたが11度ほど。雨が降っていたので、それほど気温の上昇はなかった。しかし、その雨が来るから暖かいのだろう。
 そして冬型に戻ってしまい、相変わらず今朝は寒い。そして晴れではなく、曇り。それもいつ降り出すか分からないような空模様。
 傘が古くなり、壊れかけているので、折りたたみ傘に変える。ストレート傘を使い切ったので、もう残っていない。こんなときは適当にコンビニでビニール傘を買うだけの話なのだが、折りたたみ傘が結構残っている。ほとんど使っていない。軽くていいのだが、小さい。これでは濡れやすいのだが、手が楽だ。携帯傘でもあるので、軽く小さくしているのだろう。あまり大きな折りたたみ傘は見かけないが、しっかりとしたスチール製のが昔あった。軽くはないが、開くとそれなりに大きい。これを長く愛用していたのだが、ほとんど伸ばした状態で自転車に入れていた。折りたたみ傘なのに、折りたたむことはまれ。濡れた折りたたみ傘を引っ込めるとき、裏返しにするため、手が結構濡れる。それにうまく折れないこともある。針金が突き刺さりそうだし。
 毎年、鉄道忘れ物市で長い傘を買っているのだが、二年ほどその屋台が出ていない。それで傘切れになってしまった。ビニール傘でもいいのだが、開けるときにくっついたりする。
 先日、似たような屋台が出ていたのだが、掘り出し物市だった。千円の傘が五百円程度。しかし婦人向けだった。それでもよかったのだが、翌日見ると、もう屋台はなかった。
 家電店の上新から誕生日のはがきが来ていた。まだ早いのだが、ある期間だけ割引がある。ただネットの上新ではないかもしれない。リアル店に限られるのだろう。しかし、そこで割引を受けても、ネットの上新で買う方が安かったりする。しかし、それもまた縁起物で、持ち帰れるのがリアル店の良さ。
 先日新製品で見たキャノンの小さなネオ一眼だが、まだ売られていないようだ。今月中には出るのだが、去年出たタイプが上新に置いてある。故障してしまったのか、レンズが出っぱなしで、うんともすんとも言わない。展示品状態でもつぶれるのだろう。しかし、印象が悪い。つぶれやすい印象がある。
 新製品と比べると、最短撮影距離が10センチほど短くなっている。凄い進歩だ。これは望遠端の話だが、130センチ。1000ミリでそこまで寄れる。前の機種は140センチ。たった10センチの違いだが、ここの違いが新製品らしい。ちなみに同じキャノンの旅カメラ系は2メートル。800ミリの望遠端のときだが、こういうズームカメラは一気に望遠端まで行ってしまうもの。
 しかし、キャノンの旅カメラは中間がかなり効く。広角端だけではなく、少し望遠気味にしても、結構寄れる。ライバルのニコンは広角端だけは寄れるが、それ以外になると、あまり寄れない。一番寄れるのはオリンパスだが、逆に広角端の最短撮影距離が10センチと、結構長い。しかし望遠端での寄りはダントツ。
 キャノンのその新製品は広角端は0センチ。これでオリンパスの弱点を補っている。そして望遠端で130センチは凄いし、中間も結構寄れるはず。これはカード型の旅カメラと、レンズが飛び出しているネオ一眼との違いだろう。オリンパスがいいのだが、電源ボタン倒しににくい。
 その小さなネオ一眼は形がごろごろしているので、ポケットに入れるのは難しい。冬場はいいが、夏になると、ズボンのポケットになる。これはさすがに入らない。
 300グラム少しあるので、コンパクトデジカメとしては重い方。しかもかさばる。だから鞄の中で転がしておくしかない。あまり精密機械のような雰囲気はなく、樹脂の固まり。ざらっとした紙のような固まりだ。そのため、冬などはカメラが暖かかったりする。そして意外とフラットで、細かい部品が飛び出していたりしないので、ほこりがたまったりしない。メカメカしたカメラは、隙間にほこりがよくたまる。その意味で、この小さなネオ一眼は凹凸はあるが、フラット。鏡胴など、何もない。
 しかし、最短撮影距離が短い程度で、これといったスペックの高さはない。値段的にも画質云々のカメラでもない。逆に受光素子がCCDなので、太陽の下で写すようなカメラだ。最高感度は1600しかない。室内ではぎりぎりだろう。当然レンズも明るくはない。
 最大の特徴はグリップ。これが効いており、このグリップを握ったとき、非常に持ちやすい。カメラが小さく不安定なのだが、このグリップで安定する。ラフに振り回せる。そしてぶれにくい。
 しかし、液晶はお粗末で、解像力も低い。まあ、あまり作画意図とかを考えないで、さっと写すようにできている。毎年毎年新製品が出るのだが、形は同じ。そしてあまり変化はないが、新しいほどよくなっている感じだ。最短撮影距離が短くなっていたりとか。
 
 昨日は雨で、しかもご飯が切れていたので、ほかほか弁当でのり弁を買う。似たような弁当はコンビニにもあるのだが、作りたての方がいい。のり弁のメインは白身魚のフライ。それにちくわの天ぷらが加わったりする。この白身魚がコンビニののり弁よりも大きい。
 ご飯の上に海苔が乗っているので、のり弁だが、その下に鰹節などが仕込まれているので、白いご飯というわけではない。白身魚はおまけではないが、のり弁のメインは海苔。しかし、これは地味だ。それに醤油のしみた鰹節も。
 まあ、のり弁は家で食べるよりも、屋外で食べる方が似合っていたりする。海苔の下に鰹節ではなく、塩昆布が敷かれていることもある。これは、食べない。辛すぎるためだ。その塩昆布跡でも十分辛い。カロリーが必要な外での仕事での弁当としてはちょうどいい。
 のり弁に乗っているのを取り去り、お茶漬けにしてもいい。海苔茶付け、塩昆布茶漬けになる。これは食欲のないときだ。まあ、そんなときはのり弁など買わないが。
 
posted by 川崎ゆきお at 10:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
傘より、レインコート、こっちがよい。

少しネガ張りますが、しかし、こっちは防寒対策か是避けにもなるから、小さくおって便利です。
Posted by ぜ at 2017年02月18日 16:46
すーぱのやすうりはいつ頃始まるのでしょう。

私も独り暮らしなので洲手々もよいかと言う気持ちで買うときがあります。
Posted by ぜ at 2017年02月19日 22:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック