2017年04月06日

ペンタックス k-S1

■■ 2017年4月6日(木) 午前8時19分
 
 今朝も暖かく12度ほどある。10度を切っていたのが、10度超えになっているのだが、特に暖かいのだろう。その代わり雨が近付いているようだ。暖かい空気は、その雨の影響だろうか。
 朝が10度超えなら、昼間は20度超え。これは少し季節が進みすぎているが、暖かくても文句はない。ずっと寒かったのだから。
 今朝は曇っており、雨になりそうだ。空は白く、日差しはなく、青空も見えない。いわゆる曇天。雲が白いのではなく、雲の形がない。
 暖かいのだが、道行く人は相変わらずの冬服で、しかも真冬と変わらない重装備。その中でたまに春っぽい薄い目を着ている人もいるが、それは少数。朝はまだ春というわけにはいかない。当然夕方は昼間ほど暖かくはない。温度差10度ほどあるので、朝夕のことを思うと、春服は無理。
 春になったことを知らせてくれるのは、衣料品店。半袖の服を見かけるようになると、春だ。ここで春の安全圏に確実に入っている。冬に春服が出ていても誰も買わない。それでは寒いためだが、まずはお見せすると言うことだ。店屋は見せ屋。まずは見せることだ。
 昨日は晩ご飯のご飯が切れていたので、弁当を買いに行く。他のものでもいいが、安いのり弁にする。いつものほかほか弁当店は満員。入る前から自転車が多く止まっているので分かる。かなり待たされるだろう。それならコンビニで買った方がいいのだが、できたてが欲しい。レンジで温めたものではなく。
 その通りに弁当屋がもう一軒あり、結構モダンなチェーン店だ。こちらはなぜかすいている。得体が知れないためだろうか。なじみがない。
 ここへは以前何度か行っている。日替わり幕の内弁当を二回買った。今回もそれにしようとしたが、のり弁の写真が大きく出ていたので、それにする。今までなかったのかもしれない。結局は白身魚のフライとちくわの天ぷら。これをおかずにして、海苔が乗った下に鰹節か塩昆布が挟まれた白ご飯を食べる。これだけでもおにぎりのようなもので、十分なので、海苔弁。しかし、上に乗っている白身魚がメイン。だから海苔弁ではなく、のり弁だろう。乗っているのがメインなので。特上ののり弁があり、乗っているものが増える。ハンバーグとか唐揚げとか、コロッケのようなものが乗っている写真がある。
 この店は作り置きがある。昨日はなかった。あると早い。
 それを食べた後、シンゴジラを見る。ネットで配信されていた。見放題ではないので、ポイントがいる。そしてレンタルだ。一泊か二泊程度だろうか。ものは二時間もないだろう。
 噂に聞いていたゴジラなので、見終わっても、すでに一度見たような印象。映画はやはり何も分からない状態で見ないと驚きがない。予告編やハイライトシーンなどで、蓋が開いてしまっているのだ。そして解説を超えるほどのものではない。解説や感想の方が素晴らしいのだ。
 このネット配信のサイト、シンゴジラ以外のゴジラものが多くあり、それらは見放題。順番に見ていけるのだが、それらを見た後で、このシンゴジラを見ると、大人の映画に戻っている。子供がしゃしゃり出て、作戦本部には来ない。
 今回のゴジラは、どうやって倒すか、駆除するかの話。そのため、一作目のゴジラに近いかもしれない。大の大人がゴジラがどうのと言い出すあたりが怪獣映画の楽しさ。
 しかし、見る前から話は聞いているので、落ちまで分かっている。だから一度見たことがある映画になっているが、感想文の方が映画よりもすごい。
 物語なので、単に物理攻撃をしただけでは倒れない。それではすぐに終わってしまう。どのパンチも当たっているのに効かない。ここではダウンを奪うことだが、ゴジラは倒れないが、ある特殊な方法でダウンを奪うことが出来る。その方法とは初代ゴジラのときと似たような特殊な何かが効くのだ。それを探しているチームがある。
 ゴジラ映画は、プロレスで決着がつくことが多かった。キングコング対ゴジラや、モスラ対ゴジラなどだ。しかし、今回のゴジラは物理攻撃は効かない。
 このゴジラの強さがこの映画の肝だろう。手に負えないのだ。
 
 先日、池田近くの中古上新から持ち帰ったお骨のような四角い大きなペンタックス一眼レフkーS1の元箱を開けると、バッテリーやコード類は未使用。これは展示の必要がないためだろうか。
 ボディーだけなら非常に小さく軽い。レンズは二本入っており、標準ズームは、以前尼崎中古屋で買ったときのと同じもの。かなり前のレンズだ。望遠も結構古いかもしれないが、滅多に目にするこがない。
 マニュアルは簡単なもので、肝の箇所だけが書かれている。これは見なくても分かるような感じだ。特にこれと言った特別な仕掛けはないようで、シンプルなごく普通の一眼レフ。ここはかなり昔とそれほど変わっていない。
 電子ダイヤルは一つ。ネオ一眼よりも少なかったりする。あっても十字キーがあれば何とかなる。十字キー周囲のリングはないので、一つだけの電子ダイヤルとなる。しかしあまり使わないだろう。その十字キーの周囲に一回り大きなダイヤルが二重についている。これが撮影モードダイヤル。通常なら軍幹部のいいところにあるのだが、それが背面に来ている。しかも堅い。片手では回らないので、勝手に位置が違っていたりはしにくいだろう。オートに合わせておけばそれでいい。なくてもいいほどだ。その代わり軍幹部すっきりとしている。シャッターボタンの他に、露出補正ボタンと、グリーンボタンがあるだけ。
 要するにファンクションボタンとか、そういった瘤だらけのカメラもあるが、シンプルそのもの。だからすっきりとしたカメラだ。
 こういうカメラは電源を入れなくても、ある程度いじれる。光学式のファインダーなので、覗くことが出来るし、電動ズームではないので、ズームも出来るし、ピントも合わせられる。シャッターはさすがに切れないが。
 ファインダーは思っていたよりも明るい。以前のが暗すぎたのだろう。屋外では問題はないはずだが、薄暗い室内では部屋で肉眼で見ているより暗かった。電子ファイダーや液晶に慣れていると、暗い場所でも明るく見えるのだが、生を見るわけなので、生が暗ければファインダー内も暗い。そしてペンタックスの、安いタイプの一眼レフはあまり明るくないらしい。しかし、それほど暗くなかったので一安心。だが、ほとんどは屋外で写すので、ファインダーの暗さはあまり問題ではないのだが。
 液晶も当然ついている。そこは今時のカメラなので、結構細かい。液晶は回転しないし、タッチ式でもない。手かざしでも写せるという程度。これは人通りの多いところでは、面と向かってカメラをあげられないとき、胸のあたりで写すことがある。
 十数年前のカメラから比べると、ものすごく最近のカメラなので、その違いは感度の高さなどで出ている。ズームレンズで暗いので、感度は3200あれば十分だが、その十倍以上もあげられる。いつ使のだろうか。
 安いカメラ、おそらくペンタックス一眼レフシリーズの中で一番低くて安いかえらだが、時代がかさ上げしてくれるのか、昔から比べると、ハイスペックだ。
 視野率100パーセントのファインダーというのは、実際に写し取る四隅まで見えていると言うことだ。液晶で写すのに慣れてしまえば、今なら当たり前の話だが。これが出来るのは、ガラスのプリズムを使っているため。それを一番安いカメラでも使っているのだから、非常にお得だ。ちなみに増倍率は0.95パーセント。1で、等倍なので、ほぼ等倍。
 等倍とは50ミリレンズで見たとき、実像と覗いたものの大きさが同じと言うこと。まあ、広角レンズなら、当然小さく見えるし、望遠レンズなら、大きく見えるが。
 だから、50ミリレンズを付ければ、そうなると言うだけの話で、これが大きいほど、ファインダーも大きいと言うことだが。見慣れると、その意味も分からなくなるだろう。わずかな違いなので。
 このカメラでの50ミリは、85ミリほどだろうか。標準ズームの端にすると等倍になる。
 まあ、そういう、昔からある基本的なものなど、今はもうすっかり忘れているが、こうしてオーソドックスな一眼レフに触れると、勉強になったりするが、写しているときは、そんなことなど思わないだろう。これは買うときの話だ。
 
 バッテリーを充電し、写してみた。バッテリーは最後まで充電した方がいい。ある程度たまると、すぐに抜いて使いたくなるが、それを我慢して、最後まで充電。
 そして、初めて電源を入れると、派手。十字キーあたりに大きなネオンがつき。オーケイボタンが緑に輝いている。やり過ぎだ。
 日付と時間だけ合わせ、オートモードにしただけで、試写。
 一寸暗い目に写っているが、部屋が暗すぎるからではなく、シャッターの下限を越えてまでスローにならないし、感度も3200より上にはオートでは上がらない上限設定になっているためだろう。だから、一段ほど暗い絵になるが、アルバムソフトが勝手に明るくしてくれた。これは受光素子が大きいと、耐性がある。
 当然写りは文句なし。要するに受光素子が大きいと、暗いところでは有利だと言うことだろう。屋外ではあまり変わらないのだが。
 ピントは一瞬で決まる。かなり暗いので、迷うかと思ったのだが、それなりにワイドなので、合いやすいところで合っている。そこではないと思えば、カメラを少し振れば、ここぞというところに赤いポーズが入る。これは一瞬だ。電子ファインダーのように、そこでじっとマークしてくれているわけではないし、暗いので、どこで合っているのかはよく見えない。中央部付近で合うのが、左右上下に少しだけ膨らみがある。それほど広いエリアではないので、中央部だけと思った方がいい。面よりも縁に合いやすい。
 AFはそこそこ早いが、音がうるさい。ガチャンと鳴るし、振動もする。さらにシャッターも馬鹿でかい。これは以前から分かっているペンタックスの特徴だ。超音波モーターなどは使っていないのだろう。レンズが回り、端にぶつかるような音。しかし、今、カメラが何をしているのかがよく分かる。音もなく、すっと合っているより、状態が分かる。
 ちなみに尼崎中古で買った大昔の一眼レフkrだったと思うが、同じものを写しても、ノイズがすごく、粒子がもろに浮いたようなような写真で、コンパクトカメラ以下だった。暗いところに強い受光素子タイプではなかったので仕方がないし、感度も上がらないので、手ぶれもしていたのだろう。
 屋外で写した場合は、味のあるいい写真で、鮮明に写っていたのだが。そして、音だけは昔と同じ。

 次は望遠ズームの方を試す。
 こちらはぶれやすいが300ミリ相当あたりまでなら感度は3200で何となるが、シャッタースピードは8分の1ほど。これは下限がそうなっているのだろう。さすがにそれで400ミリ超えはきつい。それで感度上限を12000あたりまであげるとシャッターも30分の1秒あたりまでなり、何とかクリア。これはプログラムモードに切り替えたので、出来たのだが、オートモードでもその上限が使えると、切り替える必要がないので、楽だろう。しかし、そんな条件は実際にはない。超望遠で夜景を撮るようなものなので。
 しかし、やかましいカメラで、音が結構うるさい。だが、いかにもカメラが懸命に仕事をしているように見えたりする。
 
 3万円台で、これだけ写り、しかも軽快に、しかも景気よくパシャパシャ写せるのだから、大したものだ。大きく重いと言うことがネックなのだが、それでも、このクラスでは軽くて小さい方だ。
 価格以上に値打ちがあるのだが、持ち出す機会は少ないかもしれない。労をいとわなければ、いいだけの話だが。
 
 朝の喫茶店の寄り道散歩で、いつも写しているようなものを写す。明るい場所なので、ファインダーがきれいだ。レンズの暗さから考えれば、昔ならf1.4を付けているほどに明るい。暗いレンズなら、砂目が出たりするのだが、さすがに、これは改善され続けたのだろう。
 確かにリアルな光を生で見て写すと言うことだが、実際にはマット面に写っているのを見ているし、レンズを通しての光だ。だから別のレンズを付けると、見え方が違う。画角だけではなく。本当の光がレンズから入ってきて、いろいろと角度を変えながら、正像で磨りガラスのようなマットにあぶり出されるような仕掛けなのだろう。電子ファインダーを見慣れてしまった目では、これはすがすがしい。マットは全面マットで、ピント合わせが難しいのだが、そこはAFカメラ。勝手に合わせてくれるが、望遠気味だと手動でも合わせられる。何とか山が見える。広角では無理だ。
 AFモードにしていても、強引に手動で回せる。少し重いのは、モーターを動かしているようなもののためだろうか。これは物理的なフォーカシングで、電子式ではない。だから、無限で止まる。ただ、レンズ側にはそれらの表示はない。回しきったところが無限か最短か、どちらか。
 AFで合わないときや、別のものに合ってしまうときは、それを強引に回して合わせ、レバーでAFとMFを切り替えれば、それでロックされる。当然、そうなると、ピントリングは簡単に動くので、せっかくロックしても動きやすいが。このあたり、中級機では、うまくいくのだろう。方法は知らないが。レンズがそれに対応していないとだめかもしれない。AFで追い込んで、微調整はマニュアルで、とか、AFで追い込んで、微調整はAFで、という手もあるのだろうか。まあ、そこまでするようなシーンはなく、たまに一点AFでスポットが欲しいときがある程度。
 さすがに受光素子が大きいのか、暗いレンズでもピントが浅い。それがファインダーでもよく見える。実際にはレンズ開放の深度で見ているので、浅く見えるだけで、昼間だともう少し絞られるだろう。だからもう少し深いはず。ピントの山がつかみやすいので、開放で見るのが正しいのだろう。絞り込みボタンもあるはずだ。
 こういうカメラを触っていると、フィルムがデジタルになっただけで、昔のAF一眼レフ時代に戻される。もうその時代はプログラムモードが一般的だったので、露出などはいじらなかった。
 カメラはコンパクト系よりも当然大きく重いが、写す楽しさは格別。ペンタプリズム式の一眼レフは、レンズを覗いているという感じで写す。決して生ではないが、そのレンズの目になって覗ける。写し方が丁寧になると言うより、被写体をおいしくいただける。これはもう実用性ではなく、好みの問題だろう。
 
 望遠ズームは標準ズームよりも長く、そして重いが、それほどでもない。ただズームが堅く、回すのに力がいる。あらかじめ画角を決めてから写せるのが手動式の良さ。堅いのはずり落ちてくるためだろうか。下を向けたり上を向けたりすると、勝手に動くことがある。しかし、それにしても堅くて、力がいる。標準ズームはそう言うことはなく、非常に軽い。同じタイプのレンズなので、硬い目にしているのだろうか。他社のレンズはもっと軽い。指先だけで回せるほど。
 標準ズームよりも、この望遠ズームが使いたかったのは、かなりぼけるためだ。写りは満足のいくもので、受光素子が大きい上、超望遠域になるので、ピントは非常に浅い。ぼけすぎて、背景が分からなくなるほど。
 たまには一眼レフで、ファイだー撮影もいいものだ。
 

posted by 川崎ゆきお at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448769482
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック