2017年04月14日

キヤノン新旅カメラ

■■ 2017年4月14日(金) 午前8時17分
 
 今朝は晴れているが、少しひんやりとする。流石に10度を切っている。10度越えで15度ほどの朝があったが、あれはやはり暖かすぎたのだろう。昨夜は寝るとき、電気毛布を付けたので、夜中寒くなることはなかったが、弱にしていたので、強にする。弱だと最近の電気毛布は触っても熱を感じない。これは、切れているのではないかと思うほど。
 桜は明日あさっての土日も持ちそうだ。散りかけているのだが、まだ、どさっとは散っていない。既に桜川になっているが、まだまだ落ちていない。
 ソメイヨシノの後に咲く濃い色の桜があるが、桜だとは思えなかったりする。ソメイヨシノが桜の定番になっているのだろう。
 そしてまとまって数本咲いていないと、桜らしくない。そういうイメージができてしまっている。
 先日スーパーの露店で、九州うまか祭りがあったので、鹿児島のラーメンを買う。二食分で濃縮スープタイプで、普通のラーメンよりも高い。ご当地ラーメンのようなものだ。長崎カステーラとか、黒パンとか、褌姿の侍の絵の付いたボンタン飴もあった。その箱に入った飴か、餅。近所の人が鹿児島から来た一家なので、よくもらった。鹿児島に帰ったときのお土産だろうか。飴と餅の間ぐらいで硬くない。なめると言うより、噛む。その絵が懐かしかった。昔とそれほど変わっていない。
 カステラは箱なしのタイプが安い。欲しかったのは黒いパンで、黒砂糖のパンだ。しかし、甘いので何ともならないが、黒糖は悪くはない。自然な甘さだと思える。これが安い。
 九州四国中国方面から大阪近郊に来ている人は結構多い。地の人よりも多いだろう。新興住宅とかニュータウンなどはその意味で無国籍の町に近い。この場合の国とは、お国のこと。故郷のこと。お国訛りの。そして二世三世になると、生まれたときから大阪弁なので、関西の人になる。そして地の人より、よりベタベタな大阪人になるようだ。
 昨日は上新に寄ると、キヤノンの新製品デジカメが出るらしく、予約セールの紙があった。ネットよりも速いわけではないが、キヤノンのホームページを見に行かないと、分からないだろう。だから、リアル店での情報の方が早かった。
 コンパクトカメラの新製品なので、あまり話題にならないので、デジカメポータルサイトではまだ記事になっていなかったと言うより、記事のリンクをまだ張っていなかったようだ。このポータルサイト、電書など、色々なのを扱っているのだが、最近情報が遅い。そして殆ど別のサイトからのリンク。
 そのキヤノンの新製品は旅カメラ。そろそろ出る頃だと思っていたが、予想通り、背面液晶を回転式にしてきた。これが目玉だろう。旧機との大きな違いはそこ。ニコンは既に回転式。ソニーも下位機の方が回転式。これは誕生日カメラとして買っている。そのとき、キヤノンかニコンかで迷ったが、結局一番小さいソニーにした。ニコンは少し大きい。
 キヤノンの新製品はズームも900ミリを超えてきて、1000ミリ近い。僅かな差だが、ニコンを越えた。これで同じように液晶回転となるので、ズーム比だけ、僅かにリードだろう。重さは同じだが、キヤノンの方が丸みがあり、コロッとしている。ニコンはがっちりとしたゴツゴツした感じで、カメラっぽい。そして手ぶれ補正はニコンが強いような気がする。望遠では必要だ。ぐらぐらして見にくいので。
 ニコンのは、出てしばらく立つが、まだ新製品を出すには早いだろう。新製品と言うより、更新だ。
 富士を見ると、水中カメラしか、もうコンパクトカメラは出していない。オリンパスは旅カメラ一台を残すだけ。水中カメラもあったのだが、何処へ行ったのだろう。要するにコンパクトカメラからの撤退だろう。あれほど多くあったのに。
 リコーもコンパクトから撤退するような報道があったらしいが、リコーは否定しているようだ。定番の単焦点コンパクトがある。ペンタックスは水中カメラとネオ一眼がまだあるようだが、普通のコンパクトカメラはない。
 コンパクトカメラしかないカシオは、超広角付きコンパクトで頑張っている。それと低価格デジカメ。ここに富士が入っていたのだが、消えている。ソニーやキヤノン、ニコンの安いタイプは、まだ売られている。
 小さな受光素子のコンパクトデジカメのトップ機が旅カメラ。要するに高倍率コンパクトだ。受光素子を大きい目にすると、ズーム比が下がるし、大きくなる。
 そのキヤノンの新製品のコンパクト。同じキヤノンのイオスの7のダブルズームキットと変わらなくなっている。レンズ二本付きの一眼レフと価格が同等に近いというのは、どういうことだろう。ポケットに入る大きさでダブルズームキット以上のことをこなしてしまえるためだろうか。しかし、あれほど言っていた受光素子の大きさの有利性は何処へ行ったのだろう。そんなことよりも、軽くて小さい方が、いいのかもしれない。
 先日、池田市へ行ったときも、持って行ったカメラはソニーの旅カメラだけ。街中なので、じっくりと写すような場所は、観光地化されている場所や寺や神社にでも寄らないとないだろう。人が行き交う場所では目立たないカメラで、コツンと写す方がよい。
 キヤノンのその新製品よりも、少し前に出たグリップが飛び出したミニネオ一眼の方が、撮影が素早かったりする。ポケットには入らないが、構えやすい。重さも似たようなものだ。
 夏場になると、ポケットが小さくなるし、薄いので、ポケットに入れていると痛くなるので、鞄に入れることになる。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック