2017年04月26日

ざる蕎麦

■■ 2017年4月26日(水) 午前9時10分
 
 今朝は雨。そのためか、寒くはない。雨の降る日は寒暖差が小さい。朝夕の気温と昼間の違いはあまりない。最高気温は低い目だが、朝夕が寒くならない。
 寝起き行く喫茶店までは小雨なので、傘はいらないほどだが、差して行くことにする。小雨のはずが、本降りになることもあるため。しかし、今朝は小雨から微雨に変わった。差さずに出たときは強くなることが多いためだ。と言うことは、傘を差すと、雨は弱くなると言うことだが、そんなことはないはず。
 起きるのが遅かったため、喫茶店に入ると、いつもなら出るときに来る人が先に席にいる。
 雨はこのまま一日中降っているようなので、自転車移動が面倒。
 まだまだ朝夕は寒いので、真冬のジャンパーを着ている。ペラッとしたジャンパーやパーカーを着ている人が多いのだが、それではまだ肌寒い。中にセーターを着込めば問題はないが。
 カッパの上だけのような薄いのを着ている人が多い。丸めれば嵩が低くなるだろう。鞄の中に入りそうだ。要するに雨と風だけを防げばいい。防寒性は必要のない季節なので。
 スーパーの衣料品売り場前を通ると、半袖や、袖が短い目のがもう吊されている。ここだけは季節は初夏。カッパ代わりの薄いパーカーなどがあれば便利だが、これは日除けパーカーのようなものが出ている。防水性はない。あれば蒸れるだろう。真夏に着られるように出来ている。ママチャリに乗っている人がよく着ている。真夏でもだぶっとした長袖。
 
 昨日は夕食、おかずが何もなかったので、残り物の野菜煮と卵焼きにした。ネギが安かったので、買っていたのだが、そのネギを大量に入れて卵を焼いた。卵は一つ。ネギが多いので、それなりのボリュームになった。
 昼はご飯を食べないで、パンとかが多い。百円のサンドイッチとか。それでは飽きるので、ざる蕎麦を買う。これはコンビニでも売っている。すぐに食べられるが、そこに入っているそばがあまり美味しくない。もう少しもちっとした蕎麦がいい。
 スーパーで半生の蕎麦が二つ入りで出ていたので、それを買う。二分ほど湯がかないといけないが、ラーメンよりも早い。濃縮だが出汁付き。出汁なしならもっと安い。当然棒状の乾燥したタイプはもっと安いが。
 出汁はなくても、大根下ろしと醤油だけで何とかなる。偶然買っていたネギがあるので、これで温かい目のざる蕎麦にして食べる。
 湯がいた後、さっと水をかける程度なら、まだ温かい。その状態で食べる。まだ季節的に暑い時期ではないので、この生温かいざる蕎麦の方がいい。このタイプの蕎麦は店屋でもある。夕霧蕎麦。
 ざる蕎麦にはウズラの卵がいい。普通の卵では大きすぎる。しかし、最近のざる蕎麦は、ウズラの卵を省略していたりする。結構割りにくいが、あの大きさはざる蕎麦には合っている。そしてざる蕎麦の味は、あのウズラの卵の匂いと重なったりする。
 さらに山芋などをすって入れると、薬味の山だ。蕎麦だけでは頼りないが、そういった薬味が結構効く。こちらの方が栄養があったりする。
 この半生のような蕎麦、スープなしなら三つか四つ入っている。また、蕎麦の産地というか、タイプが色々あるようで、結構高いものもある。山芋とか長芋、これを入れると、かなり効くはずだ。ご飯に掛けるとトロロになるタイプだ。大根は辛いので、これもまたいい。昨日は大根を切らしていたので、ネギだけだったが、蕎麦と絡まないので、ネギが出汁に残ってしまった。こんなとき大根下ろしや山芋が入っていれば、ネギも一緒に蕎麦にくっついてくるはず。
 温かくなってきたのか、野菜類を煮たものが食べにくい。大根なども大根下ろしにした方が食べやすかったりする。
 季節は初夏にいたろうとしているのだろう。
 

 
posted by 川崎ゆきお at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック