2017年05月01日

旅カメラ

■■ 2017年5月1日(月) 午前8時11分
 
 今朝は晴れているが、雨が降るのかもしれない。下り坂だと予報で言っていたが、朝の天気予報ではなく、もっと前の予報なので、変わっているかもしれない。昨日は温かかったが、今朝も暖かい。昨日の朝よりも暖かいかもしれない。また、昨日はフェーン現象とかで、30度越えの真夏日になったところもあるようだ。日本海側の方が暖かいと言うことだ。四国でもそういう状態が重なっている場所は高温。山がその条件になるらしい。
 大阪方面でも25度。暑いと言うほどではないが、このあたりが過ごしやすいだろう。25度越えをすると今度は暑くなりすぎる。特に陽射しのある場所では。だから日陰に入らないといけない。日向ぼっこを楽しむわけにはいかない。
 今日はゴールデンウイーク中だが、月曜と火曜は平日のはず。当然学校は休みではない。平日を休めば連休になるのだが、そうはいかないのだろう。
 流石に最近は電気ストーブは付けていない。ホームゴタツは付けている。意外とホームゴタツの中はひんやりとしているので、足を入れると寒かったりする。それでスイッチを入れてしまう。
 電気毛布も最近はスイッチを入れていない。五月に入っているので、これもいらないかもしれないが、梅雨時寒い日がある。
 掛け布団に毛布が入っているシーツを被せている。これが暑苦しいのかもしれない。下のシーツも毛布なので、毛布でサンドイッチになっている。寒いときは丁度いいのだが、この時期になると、息苦しかったりする。
 衣替えは六月からだろうか。まだ高校の制服は上着をしっかりと着ている。しかし、この時期カッターシャツだけでは寒いだろう。陽射しのある屋外ではいいが。
 風を通してしまうジャージのようなパーカーを着ているのだが、スースーとして寒いときがあるが、今朝は風そのものが暖かかったりする。冷たい風ではないためだ。この防寒性云々も、夏になると、少しでもいいから風が欲しいと望むのだろう。
 しかし、喫茶店などに入ると冷房か送風かで、結構寒い。真夏になっても防寒対策は必要だ。
 
 コンパクトデジカメ方面は、旅カメラの新製品が出るので、これが気になる。ニコンはこの時期ではなく、もう少し後だろう。ソニーもそろそろ出すはずなのだが、ニコンと同じ時期かもしれない。
 キヤノンの旅カメラがもうすぐに出る。もう出ているかもしれないが、まだチェックしていない。
 キヤノンも液晶回転式になる。パナソニックはさらにタッチパネル式になる。これで勝負があった感じだ。さらにパナソニックはファインダー内蔵。その完成度は具体的だ。ソニーもファインダーが付くが、組み立て式のままだろう。まだ新製品は出ていないが。
 この時期だとニコンの旅カメラがお得だ。値段がこなれてきている。少し大柄だが、重さは小さい目のキヤノンと同じほど。既に液晶回転式となっている。展示品を何度も弄っているが、液晶は軽く上がるので、これがいい。おそらく写りでは、このクラスでは一番いいはず。一眼レフ用の高級レンズにしか使われていないレンズが入っている。これが効いているのか、解像感が凄い。しかし、黒が潰れやすく、白が飛びやすい。そして明るい目に写る。これは前機の話で、今はどうかは分からないが。さらに手ぶれ補正が強い。ピントも早く、ズームも早く、液晶も屋外でも見やすい。反射コーとされているためだろう。だから貼り付ける必要がない。
 ニコンは1インチタイプの高級コンパクトを出すはずだったのだが、中止になったので、コンパクト系では、この旅カメラがトップ。実際には写りを重視したカメラではないのだが。
 しかし、撮影を少しでも楽しみたいと言うときは、ファインダー付きのパナソニックの方が有利。ただ、パナソニックの写りはまあまあという感じで、それほど際立った写りの写真はあまり撮れないが、何でもこなせる。それなりにこなせるところがいい。
 この旅カメラの高級版がパナソニックにある。こちらは液晶が回転しない。
 まあ、屋外でローアングルで液晶を回転させて写す場合、それほどしっかりと液晶が見えるわけではない。明るい屋外ではぼんやりとしてしまい、ピントなどは確認しにくい。ある程度までなら斜め上から液晶が見えるので、回転させなくてもいいことがある。それ以上ローアングルになると、液晶が見えなくなるので、カンだ。ただ、望遠側で遠くから写せば何とかなることもある。こんなとき、ファインダーがあれば、小さなもの、ピンポイントものでもピントは見えるので、ファインダーのあるなしは大事だ。
 液晶だけでも超望遠でも写せるので、ファインダーは絶対に必要ではないが、ピント見えるので、安心感がある。受光素子が小さいが、望遠になるとかなりボケ、ピンポイントでしか合わない。
 しかし、液晶とファインダー両方付いているコンパクト系では、どちらで写すのかで迷ってしまうこともある。
 街中では悠長にファインダーなど覗いている場合ではないが。
 

 
【関連する記事】
posted by 川崎ゆきお at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック