2017年05月06日

昆陽寺

■■ 2017年5月6日(土) 午前8時22分
 
 今朝は曇っている。雨が降りそうだ。土日とまだ休みが続いている。ゴールデンウイーク。一週間は短いが、月曜から見た土曜は長い。
 昨日は暑く、何ともならなかったが、今朝も気温は高い目のはず。曇っているので。ゴールデンウイーク中に夏のような日が以前あったが、それだろう。室内では問題はないが、外に出ると、暑さ負けしそうなり、負けたかもしれない。久しぶりの暑さで、身体が慣れていないのだろう。
 暑いところを自転車で走っていたのだが、いつもの移動場所ではなく、夕方前に入る喫茶店を変えてみた。逆方角にある場所だ。そちらの方が距離的には遠く、また日影がない。
 久しぶりに昆陽の中古屋がある近くの喫茶店だが、先に中古屋を覗く。ニコンD70がレンズ付きで29000円。このタイプは重いだろう。キヤノンイオスX5がレンズ付きで二万弱。一万円台だ。この店は消費税込みなので、分かりやすい。その横にあるイオスX2のダブルズームキットが25000円で、まだ売られていない。望遠レンズが付いているだけ高い。X5はそれほど古くはない。
 ペンタックスのネオ一眼が2万円。もう一眼レフとネオ一眼では中古市場では並んでいる。価値は同等というわけだろう。しかし、このペンタックスのネオ一眼、電子ファインダーが付いているのだが、視度調整ができない。元箱入りで美品となっている。
 ニコンの旅カメラが9000円。三世代前のタイプだが、このカメラをプロカメラマンが使い、個展をしていた。今のタイプと違い、液晶は回転しないが、かなり小さい。今のは大柄になりすぎたが、写りは良い。
 ニコンの旅カメラは新品で四万ほど。しかし、ものとして見た場合、9000円の中古と変わらなかったりしそうだ。液晶が回転したり、手ぶれ補正が強くなっていたりするのだろうが、9000円のそれの方が小さく軽いので、携帯性は高い。これが出ていた頃、店頭で何度も触っている。謳い文句は望遠でも早い、だ。このカメラは旅カメラが700ミリ超えしたときのものだろうか。ニコンは今は800ミリになっているが、殆ど変わらないだろう。
 昨日は喫茶店へ行くのが目的なので、長距離散歩ではない。少しだけ遠いだけ。この昆陽に喫茶店があり、ピザの店だが、お爺さんがまだ元気でやっている。この人が開いた店だろう。いつもFMをかけている。その息子がおり、これがもの凄く背が高い。その夫婦が跡を継ぐのだろう。だから、廃業はまだまだ先だが、その前にお爺さんがいなくなるはず。しかし、毎日喫茶店で仕事をしていると、それなりに元気なのだろう。ぼんやりと過ごしている人よりも。喫茶店なのでやることが多い。丁度山仕事をやっているようなものだ。結構店内を歩くはず。また立ちっぱなしのはず。
 昨日は先日買ったキヤノンのミニネオ一眼を持って出たので、喫茶店の戻りに昆陽寺を撮す。観光の寺ではないが、解放されている。隅々まで見ることができる。お堂も多く、森のような場所もある。全て勝手に見て回れるが、人はいない。一人だけ東屋で老人が本を読んでいた。独占だ。お茶などを持ち込んでいた。ここは木に囲まれているので、真夏でも涼しいだろう。
 この昆陽寺は、昔、漫画同人会をやっていた頃の集会場所だった。お寺の中にそういう集会所があるわけではない。お堂の縁側や階段などに座っていた。まだ十代の頃だが、二十代中頃まで、そういう集会をやっていた。会員は大阪方面からわざわざ集まってきた。交通の便の良いターミナル駅とか、普通の駅前ではなく、わざわざバスに乗らないと来れないような僻地だ。
 老人が一人で本を読んでいる東屋。当時、そんなものはなかった。あれば良い場所になったのだが。
 こういうお寺の境内とかは撮影しやすい。街中は面倒だが、こういうところなら撮し放題だ。しかし、よく撮している場所なので、めぼしいものはもうないが、日差しや、光の当たり具合だけは、風景をつってくれるので、撮すものがある。
 この寺には入り口が複数あり、近所の人はその広い境内を横切る。近道なのだ。だから、風通しの良い寺で、お参りの人だけしか来ない場所ではない。
 しかし、昨日は暑く、暑さに負けしたためか、戻ってからしんどかった。暑さが始まる頃は、そんなものだろう。秋の終わり頃、急に寒くなるのと同じようなものだ。
 
【関連する記事】
posted by 川崎ゆきお at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック