2017年05月17日

徒歩散歩

■■ 2017年5月17日(水) 午前8時05分
 
 今朝は晴れている。空も青い。陽射しがあるのに空が白っぽいことがある。雲ばかりなら日は遮られるはずなので、どうなっているのだろう。雲の隙間から差しているのだろう。いちいち探す必要はないが。それに眩しい。
 今朝はひんやりといている。北の方に寒気があるためとか。普段は表示されないが、北から垂れ下がってくる冷たい空気の層があるのだろう。南からの暖かい空気とぶつかる。そして天気が不安定になる。境界線、境目が不安定という話だ。では、安定とは何だろう。気圧の高さ低さのバランスが悪いところだろう。低すぎる低気圧。高すぎる高気圧。しかし、気圧とは何だろう。水圧もある。上にいくほど、下に行くほどの世界だが、血圧もある。
 ここ数日はひんやりとしている。昼間陽射しのあるとき、暑いほどだったのだが。
 今朝は少し早い目に寝起きの喫茶店へ向かう。小学校の登校風景と遭遇するのだが、数が多い。いつもより多い。そこを通過すると、高校の通学風景と遭遇する。ここは殆ど自転車通学だ。それが少ない。先生の立ち番もいない。高校の方が始まる時間が遅いのだろう。小学校は、その時間ピークかもしれない。いつもはそれほど多くはない。
 喫茶店へは早い目に着くが、既に客がいる。もっと遅い目に来て、誰もいないことがあるので、法則が分からない。何かの偶然が重なっているのだろう。
 相変わらず冷房がきつく、寒い。常連の老人は冬のジャンパーを着ている。同じような中綿入りを二着ほど持っており、寒いと、もう一着、鞄から出す。暖かくなってきても、暖が必要な場所がある。
 数日前から夕食後の徒歩散歩を再開している。初日は短距離。二日目は中距離、三日目は普通の距離。二十分か三十分ほど。往復なので、片道だと十分ほどの距離にしかならないが。
 以前歩いていた頃に比べ、散歩者が少ない。懐中電灯を持った老夫婦を見かけた程度。これは以前もいた。時間により、出て来る人が違うはずなので、もう少し早ければ、もっと多いかもしれない。
 その代わり、走っている青年がいる。これは以前にはなかった。
 徒歩散歩は自転車散歩と同じで、ゆっくりと歩く。そのうち歩くスピードを気にしなくなり、遅い目に歩いているときと、早い目に歩いているときがある。それに気付かなかったりする。しかし、最初はゆっくりでいい。こういうのは毎日やっているといいようだ。習慣になると、癖が付き、夕食後は外に出るようになる。
 
 オリンパスのミラーレスのファインダー付きの一番安いのを調べていると、そのライバルのパナソニックよりも、良さそうだ。新製品のためだろう。
 パナソニックも安いタイプを出したばかりなのだが、重くなっている。G8だ。ファインダーなしのタイプは非常に軽くて小さいのだが。
 どちらもボディー内五軸ブレ補正が加わっている。パナソニックはレンズ側で補正するが、ボディー内補正も加わった。これで並んだ感じだが、パナソニックの方が大きい。
 パナソニックはAF一眼レフスタイルで、オリンパスはそれ以前の小型一眼レフスタイル。小さいが、ズシリとくる。
 カメラの大きさよりも、軽さの方が大事。大柄でも軽ければ負担は少なく、持ったときの感じもいい。小さいタイプは、精悍に見える。重さが同じなら、小さいタイプの方が重く感じたりする。
 
posted by 川崎ゆきお at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック