2017年05月20日

デジカメ見学

■■ 2017年5月20日(土) 午前8時26分
 
 昨日も暑かったが、今日も暑くなるらしい。大阪の最高気温は30度となっている。今朝も晴れており、気温は高いが、喫茶店の冷房を考慮して、秋物のパーカーを羽織っている。それほど暑苦しくはないが、既に半袖の人もいるし、Tシャツだけの人もいる。ズボンははいているが。
 今日、暑くなるのは、いつもの感じだが、暖かい空気が南からではなく、西側を回り込んで北から来る。南からではないのだが、実は南から日本海側へ回り込んでいるのだ。しかし、いつもなら北からの寒波のカーテンのようなものが、赤く表示されている。色を変えれば、寒波だ。しかし、発生源が南。太平洋側の高気圧の下から西へ回り込んでいるだけ。
 どちらにしても、この初夏一番の暑さになるだろう。そして、30度越えなので、真夏だ。昨日は28度ほど大阪方面では上がった。昼間だ。晴天で、雲がない。そのまま日差しが来ていた。
 昨日は晴天二日だったので、自転車散歩に出たのだが、途中で引き返した。暑いためだ。少し遠出を考えていたのだが、最初に訪れた町に入ったとき、これは無理だと思い。戻ってきた。夏場の自転車散歩そのものが無理で、これは日影のある場所以外は通れないほどになる。27度ほどなら行けるが、28度を超えていると、きつい。
 そのため、自転車でウロウロできるのは朝のうちか、夕方になってからになる。晴れている日を狙わなければ、行けるかもしれないが。
 梅雨前にもの凄く暑い日がある。今がそうだろう。このまま夏になるわけではない。梅雨で水を差さされ、涼しい日が来る。ただ、湿気るが。
 
 昨日はキヤノンの旅カメラの新製品が出ているかもしれないと思い、上新へ行く。喫茶店と同じ場所にあるので、エスカレーターに乗れば、さっと行ける。
 予約特価となっており、5万円を超えている。旅カメラも高くなったものだ。この値段で、一眼レフのダブルズームキットが買える。だから、機能は同等というわけではないが、レンズ交換しなくても、24ミリから900ミリまで写せ、しかもポケットに入る。
 まだ出ていなかったが、その場所にパンフレットがあった。キヤノンコンパクト系のラインナップをズーム比順に並べていた。1インチ系はそこには入っていない。
 旅カメラの新製品は五月下旬となっているだけなので、そろそろだろう。一ヶ月後にはパナソニックの旅カメラの新製品も出る。
 見るべきものがないので、オリンパスの安い方のミラーレスを見る。やはり電源レバーが厳しい。特に戻すときだ、それにリーチが長い。ここで躓く。これだけ小型のミラーレスなのだから、取り回しが楽なはずなのだが、このレバー位置が悪い。慣れの問題もあるだろうが、普通の位置にすれば、もっと軽快にスタートでき、電源を切ることもできるはずなのだが。オリンパスは電源ボタンというスタート地点で、躓いている。だからオリンパスの旅カメラは買わなかった。既に発売されていないが。
 ただ、ファインダーのないタイプは電源ボタンがいい位置にあり、しかもボタンなので、素早い。こちらの方がこの小ささでは軽快で、さっと取り出しさっと写せるはず。
 その横にソニーのα6000がある。オリンパスよりも少し大きいが、こちらの方が手に馴染み、電源レバーも普通の位置にあるので、すんなりといく。どちらも電動ズームが付いているが、ソニーの方が軽快だ。軽い。また、電子ファインダーがソニーの方が大きい。また、液晶はソニーの方が小さいが、起こすとき、軽い。これならさっと出せるだろう。オリンパスは一寸擦る感じだ。滑らかさがない。
 また、ソニーの方がグリップが効いており、しっかりと握れる。そのとき、結構ソフトだ。オリンパスはゴツゴツしている感じで、グリップの飛び出しが小さいためと、昔のOM時代のデザインに拘りすぎたためだろう。やはりα6000はよくできている。デザインもすっきりとしており、いつまで立っても値が落ちないだけのことはある。
 しかし、受光素子の大きさの違いからか、望遠ズームは結構大きく長い。このレンズもフラットな円筒で、ソニーらしい。やはり、比べてみると、α6000が強いので、オリンパスはやはり……となる。
 オリンパスペン風シリーズのように、ファインダーのないタイプの方が、オリンパスの場合、良かったりする。外付けファインダーを付ければ、それで済む話だ。
 かなり前、そのタイプのキットものを買ったのだが、写りはペンタックスの旅カメラの方がよかった。1万円台のペンタックス旅カメラに負けているのだ。これはきっとレンズが悪いのだろう。だから、いいレンズを付けないと、オリンパスの場合、真価は発揮しないように思える。そして高く大きく重いものになる。
 そこに追い打ちをかけてきているのが、キヤノンのミラーレスだ。フェースブックなどに、その広告がよく出てくる。著名人が写真について語っている宣伝。そしてそのカメラを手にした写真。そのカメラはカシオではいけないのだろう。要するに写真家ではなく、著名人御用達のような雰囲気を盛んに出している。だから高い。あの人も愛用しているカメラ、と言うことだが、出てから僅かしか立っていない。このあたり、オリンパスのペンシリーズの位置のはずなのだが。
 パナソニックのフェースブック広告もある。この写真どうして撮したの、と言う感じだ。そういう合成ものを写す機能があるのだろう。
 しかし、昨日、自転車散歩に出るとき、持っていったのはキャノンのミニネオ一眼。これで一台で済んでしまう。一番の特徴は、構えやすいこと。握りやすいこと。軽いこと、電源ボタンが良い事。単純なことだ。
 

 
【関連する記事】
posted by 川崎ゆきお at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック