2017年06月03日

ポメラ縦書き

■■ 2017年06月03日 土曜 8時20分
 
 今朝は晴れているが、昨日からやや寒い。それで上に暖かい目の襟巻き付きを羽織って朝の喫茶店へ。既に半袖の人や、Tシャツの人がいるのだが、起きたときから寒い。寝ているときも掛け布団をしっかりとかぶっていた。寒いのだ。当然朝、起きたときすぐにホームゴタツのスイッチを入れる。
 そして、通りを見ていると、行き交う人の中には長袖を下に着た上、さらに長袖のパーカーやジャケット系を着ている人がそれなりにいる。やはり寒いのだ。
 昨日の夕方前に外に出たときもカッターシャツだけでは寒かった。上に軽いものを羽織ってもそれほど効果はないはずなので、今朝は防寒性のあるものを羽織った。大変な異変でも、ものすごいことが起こっているわけではない。単に少しだけ肌寒い日に過ぎないのだが、これは寒の戻りにしては遅すぎるので、春の戻りだろうか。春は花冷え、六月は何だろう。雨と関係するかもしれない。
 梅雨が明けるまでホームゴタツは毎年必要。そんなはずはないと思うのだが、例年そんな日が六月にはあるのだ。七月になると、そんなことはないが、ホームゴタツから布団を取ると、すーすーして寒かったりする。真夏の寒さというのも、あるはず。冷夏でなくても。
 天気予報を見ると、やはり上空に冷たい空気が流れ込んできていた。それが犯人だ。シベリア方面から垂れてくるタイプではなく、東の上の方から回り込んできていた。
 晴れていてひんやりとしている。こういう日は自転車散歩にはもってこいだ。寒いときは気分的に行く気がしないが、暑いと、それだけで冬よりもばてるので、途中で引き返すことが多い。夏は行動的になり、積極的な気分になるのだが、暑さには勝てない。
 
 今朝のお供の端末はポメラ。最近はポメラを持ち出すことが多い。ノートパソコンを放置していると、ウインドウズの更新などが溜まって、持ち出したとき、それに邪魔をされるので、使わないときでも、たまに起動させておいた方がいい。ポメラは更新がないので、バッテリーさえあればすぐに使える。電源が電池式になってから、充電が必要になるのが惜しいが、乾電池式も結構手間といえば手間だ。エネループなどの充電式電池の充電をしたり、予備の電池を持ち歩くことになる。
 それで、バッテリー式になったポメラのために携帯充電器を買っていたのだが、出番は一度もない。これはこれでそれなりに重かったりする。その携帯充電器も充電しておかないといけない。この充電器はデジカメも、ノートパソコンでもいける。スマホのバッテリー切れ対策で携帯充電器がヒットしたおかげで安くなっている。
 このポメラは最新機で、その欠点だった日本語変換が改善されたので、ノートパソコンのATOKと同じように打ち込める。それに慣れてきたところで、もう気にならなくなり、当たり前になったので、あまりありがたさはない。それで普通になってしまったためだ。
 ポメラというのは文章だけに集中できるというより、他のことができない。カレンダーがあり、そこにちょっとしたスケジュールを書き込める程度。ネットには繋がるが、メールで送れるだけなので、使っていない。だから昔のPDA以下だ。敢えて言えばワープロ専用機だが、印刷用の書式は作れない。一応ぶら下げ式の禁則はある。
 ちょっと変化が欲しいときは縦書きも可能。これは普通の文章を書くときは横書き、小説などを書くときは縦書きが似合っている。しかし、常に画面の左端で文章を書くようなものなので、原稿用紙でいえば、左端の詰まったところが常に見ているような感じになる。
 しかし、読み返すときはそれなりに雰囲気がある。またモニターサイズが小さいので、キンドルで電書を読むようなものだ。
 設定でページ単位の編集もできるが、フォントサイズとの兼ね合いがあるので、調整が必要だ。フレーム編集という機能。
 しかし、普通の画面の方が切り替えも早いし、設定もいらない。だが、横書きに慣れてしまうと、これは戻れないようだ。画面の左端ばかり見ているのと、真下を平行に見ているのとの違いだ。だから横書きの方が画面的にはいい。これは慣れの問題だろう。
 ノートパソコンは色々とできるので、賑やかでいいし、そちらの方が高機能だが、文章だけをタイプし、それを後で読み返したりする程度のことしかしていないのなら、ポメラで十分。
 こういうのは交互に使っていると、気分が変わっていい。それなりに新鮮に見える。
 
posted by 川崎ゆきお at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック