2017年06月04日

パナソニックFZ85

■■ 2017年06月04日 日曜 8時25分
 
 今朝も晴れているが少し風がある。気温は低い目で、肌寒い。数値的にはそれほど低くはないのだが、最近は夜でも20度台あったのに比べると、15度ほどになっている。以前なら暖かい目の夜のはずだが、掛け布団がいらないほど暑い夜がそのあと数日あったので、それと比べると、ひんやりとしている。
 体調が悪いときなどは、足が冷たくなったり熱くなったりする。熱くなった足を触ると熱くない。逆に冷えていたりする。また、足が冷たいとき、これは気温が低いと思うのだが、それほどでもなかったりするが、本当に寒いときもあるので、気のせいではない。
 冷え性という言葉があるので、これはよくあることだろう。その逆も実はある。これはただの暑がりではなく、熱を持っているのか、または体調が悪いためだろうか。神経の問題かもしれないが、これはよく分からない。暑いのに寒く感じたり、寒く感じたりと、センサーが不調になっているのだろう。
 梅雨に入ると、寒い日がある。春よりも寒いのだ。身体や衣服などが夏への身構えをしているためだろう。気温的には春よりも高いのだが。
 今朝はそれで、昨日と同じ少し防寒性のあるものを着て朝の喫茶店へ行く。道中、暑苦しくなかったので、問題はない。喫茶店に入ると、冷房で、まだ寒いほど。夏場の喫茶店での滞在時間は短い。寒くて冷えてくるからだ。炎天下の真夏は入ったときは気持ちがいいが、しばらくすると冷えてくる。
 防寒性のあるものを夏に着る。これは見てくれが暑苦しいので、それと分かりにくいパーカー類がいい。最近着ているのは、一年ほど前の秋の終わりに吊されていたジャージのようなパーカーだ。秋物の売れ残りだが、冬になっても吊されていた。それで秋の終わり、冬の初めに買ったのだが、すぐに寒い季節となり、着る期間はほんのわずかだった。それが、今の時期、役立っている。裏地にスポンジのようなものが入っている。薄い毛布のようなものだ。冬場寒く感じたのは風を通してしまうためだろう。しかし、今の季節なら、その方が蒸れなくてもいい。また、綿ジャンなども、その分厚さが暖になる。さすがに中綿入りはボリュームがあるので、ばれる。しかし、真冬のダウンジャケットでもいいのではないかと思うが、そんなもの着ている人は、この時期いないが、朝の喫茶店での常連のお爺さんは中綿入りのジャンパーを着ている。このお爺さんはバイクに乗るためだろう。それと喫茶店で居眠りをするため、これは掛け布団に近い。二枚持っている。だから、いないわけではない。
 
 昨日は注文していたパナソニックのネオ一眼が届いた。上新で在庫切れで買えなかったので、しつこくネットで買った。
 FZ85という覚えにくく、しかも中途半端な数字が並んでいる。20ミリから1200ミリまでのロングズーム機。
 クロネコヤマトで来たのだが、いつもは昼前に来るのだが、待っても来ないので、昼の喫茶店へ行く。しかし、運良く戻ってからしばらくして来た。ここで受け取れなければ夕方になる。
 段ボールが重くない。カメラの重さは500グラム台だが、バッテリーなどを入れると600グラム少しになる。カメラ以外の付属品が少ないので、元箱も軽いのだろう。最近は分厚いマニュアルはなく、簡易版。活用マニュアルがネット上にある。
 本当はミラーレス一眼のG7や1インチタイプの上位機や、全域が明るい上位機などが欲しかったのだが、最近の受光素子の小さなコンパクト系の写りがいいので、大差ないため、利便性を取った。それに高いカメラは何度も買い換えられない。
 上位機に20ミリから1200ミリまでのズームは当然ない。そしてこのタイプでは、パナソニックでは一番軽い。
 それよりもパナソニックのカメラは明るい。レンズは暗くても雰囲気が明るい。また写りも明るい目に出る。家電の明るさだろう。
 しかし、よく見ると、広角端ではF2.8あり、1200ミリ側でもF5.6に少し足りない程度で、結構明るい。20ミリでF2.8あるのだから、室内でも問題はない。早速薄暗い室内で試写したが、このクラスはノイズが出る。このノイズを消しすぎると、逆に鮮明度や色が落ちたりする。ノイズはそれとなく分かるレベルだが、これはライカで写した粒子の浮いたカラー写真に近い。
 それよりもファインダーが明るい。これと同じファインダーの旅カメラを持っているので、その癖は分かっている。暗いところでは粒子が見えてしまうが、明るいのだ。
 一番気に入っているのはAFモード。追従モードへの自動化はないが、ボタン一つで追従モードに入る。これで、中央部一点になるので、ピンポイントの動く被写体を追いかけ続けられる。一度掴むと離さない。シャッターボタン半押しを解除しても、掴んでいる。そのモードに入っているためだ。これはそのボタンをもう一度押すと解除される。または電源を切ると、解除。
 そのピントの取り方が複数あり、好きなものを選べる。その中で際立っているのが、撮影後ピントを選べる4Kフォトだ。当然、4K動画からの切り出しも、最大の売りだろう。動画を撮るのではなく、静止画を撮るための動画と言うことだろうか。それらはいいところにボタンがある。
 1200ミリ時の最短撮影距離は1メートル半と短い。当然その中間でもかなり寄れる。そしてズームしているとき、今、何ミリなのかを示してくれる。さらにそのときの最短撮影距離も表示してくれる。背面液晶だけの撮影だと、そんなものは裸眼では見えにくいが、ファインダーだと視度補正が効くのでよく見える。
 やはりコンパクト系は気楽でいい。思い詰めたような精悍なカメラではなく。
 
posted by 川崎ゆきお at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック