2017年06月06日

甲山

■■ 2017年06月06日 火曜 8時22分
 
 今朝もよく晴れている。気温は朝は控えめ。昼は上がるはず。しかし30度近くまで行かないはずので、真夏のきつさはないはず。大阪方面での話だが。
 昼間暑いときは薄着でもいいが、逆に熱いと喫茶店の冷房もきつくなり、ここで寒い思いをする。扇風機だけが緩く広い場所で回っている店があり、それで十分だ。よほどの暑さではない限り。
 今朝はいつものように暖効果のあるパーカー。首回りの襟が最初から立っており、しかも二重。ここだけは真冬で。冬でも十分効果がある。マフラーよりも暖かいほど。首輪よりもボリュームがあり、分厚い。しかし、それ以外の箇所はそれほどでもない。ただのジャージのようなもの。朝はまだこれが必要。晴れている日の昼はさすがにこれは脱ぐ。そして晩ご飯後の徒歩散歩のときは着ることがある。要するに朝夕はまだ寒いということだ。
 昨日はよく晴れていたので、自転車散歩に出掛けるが、自転車登山だ。そういう競技や、そういうタイプの自転車もあるが、ただのママチャリ。変速機さえない。坂がきつければ押して歩けばいいだけ。
 その前日の日曜日もよく晴れており、絶好調だったが、体調が今ひとつだったのでパス。昨日は普通だったので、出掛けることにした。
 前回、武庫川を越え、西宮市に入り、門戸厄神へ行ったが、その続き。阪急の甲東園から入ると大学へ向かう道があり、そのとっかかり近くに甲山への道標があったのを思い出した。大学の先に甲山が見えており、森林公園のようなものがある。子供の頃はなかった。甲山というより、御大師さんがある。神を呪う寺と書いて、神呪寺。門徒厄神も、正式なお寺の名前があるが、寺の名前でいわれても分からないだろう。
 それで、大学へ向かう坂を上る。最初の坂はまだ元気なので、自転車に乗ったままでいいが、次の坂が厳しかった。通学用の道ではないが、車道と別れている。そちらからの方が通学には近いのだろう。しかし、坂がきつい。最初から自転車を降り、押して上るが、学生にどんどん追い抜かされていった。これは坂が緩くなりさえすれば、全部追い越せるのだが、行けども行けども坂。そしてやっと車道に出たが大学はまだまだ先。
 坂が途切れ、町らしい通りに出る。そこは平坦なので、先ほど追い越されたのを、全部取り返し、平坦地の先にある門に到着。門の向こう側に甲山が見える。昔、バイクで来たときは、その門の中に入れたのだが、今はガードマンがいる。構内に入れない。門をくぐると学食があったはず。そこで食べた記憶がある。大衆食堂代わりだ。
 入れないので、ガードマンのお爺さんに甲山への道を聞く。複数あると言っている。確かに複数ある。仁川方面からの道は、昔の仁川のピクニックセンター経由なので、御大師さんがある場所が遠くなる。海寄りのコースがいい。これは甲陽園からになる。それと、その中間が、今回のコース。森林公園から入る。
 うんと昔、中学生だった頃、同級生と一緒に家から歩いてそのコースで甲山まで来ている。一日がかりだ。大阪平野部を歩いている時間の方が長いほど。
 その後、一人で行くときは阪急の甲陽園から入る方が早かった。甲山というより、御大師さんへの行き方になるので、海寄りから入る方がいい。
 それでガードマンは一番分かりやすい道を教えてくれたのだが、それが森林公園経由。車道があるので、それでいいのだろう。
 構内に入れないので、その間を縫う綺麗な歩道があるので、そこを上がる。坂はきつくなく、乗ったままでも大丈夫。それよりも学生が多く歩いている。AV女優が沢山いると思いながら、見ていた。
 車道側の車は少ない。あまり用事はないのだろう。自転車置き場があり、凄い数だ。きつい坂を毎日行き来しているのだろうか。
 いつできたのか新しい建物がある。道を挟んで建ち並んでいる。そこを抜けると、大学が終わる。ここまでが少し緩い坂箇所で、だから大学がある。その真上に来たので、そこから先は山になる。坂がきつくなり、押して歩くが、それでもきついので、何度も休憩する。
 これで、かなり上ったことになるのか、下がよく見える。
 そして、森林公園らしきものの入り口近くまでたどり着いたのだが、最後の坂がきつく、数歩歩いては休憩した。
 そして入り口までたどり着いたのだが、車両乗り入れ禁止。自転車も駄目なようだ。入り口しか見えず、公園までは見えない。その前に電動アシスト自転車が三台ほど止まっている。それに乗ってきて、そこから歩いて行くのだろう。しかし、森林公園から甲山まではまだ距離があるし、目的地は公園ではない。
 それで車道を発見するが、ロープが張られている。これがおそらく森林公園脇を走る道で、後で考えると、そこを進めばよかったのだが、森林公園だけに森林で遮られ、甲山も見えない。
 これは無理だと思い、引き返すが、せっかく上った坂が勿体ない。結局大学の真上まで引き返したが、その途中学生のカップルを見かける。裏山に入り込んでいたようだ。しかし、下りはものすごいスピードが出る。
 そして海側へ向かうが、そこも下りで、気持ちがいい。甲山も見える位置に来たが、遙か彼方。回り込みすぎた。
 これはアタック失敗。下りてしまえば、大損で。また同じように上らないといけない。
 次に出た箇所は一直線の下り坂が続く道。新道だろうか。甲陽園方面の住宅が見える。山にへばりついている。
 そこを一気に下ると、広田神社に出る。御大師さんの代わりに、この広田神社に入る。この辺りでは大きい。そして、先日行った門徒厄神と甲山の御大師さんの、この三つが、この辺りの名所というか、寺社参りのスポットだ。ちょうど三角関係になっている。いずれも六甲山地の取っつき部にある。御大師さんだけは山寺で、山道をハイキングのように上らないと行けない。場所として、一番高く、見晴らしもいい。
 そして広田神社から門戸厄神までは近い。西国街道と山陽道が交差する辺りも近いのだろう。それに乗って武庫川を目指す。行きも帰りも武庫川は甲武橋で渡る。そして前回と同じように昆陽の喫茶店に入り、日常の結界内に戻る。
 甲山下の御大師さん攻略は徒歩なら簡単で、家族向けのピクニックに近いが、自転車だと、荷車を押しながら上ることになり、足の負担がきつい。足が鉛のように重くなり、足が出なくなるし、息も荒れ、心臓もレッドゾーン。下手に止まるより、動いている方がいい。それで、息継ぎで尺取り虫のようにして進んだのだが、坂が長いと休憩できない。平地なら走っていることが休憩のようなもので、体力はほとんど使わないのだが、坂になると、十倍ほど負荷がかかる。
 森林公園前に止まっていた電動アシスト自転車。これなら平気で坂を上れる。しかし、山際への自転車散歩はよくするが、際を走るだけで、上るほどのことではない。谷間を走る感じだ。幹線道路なら、山を避けるか、トンネルになっている。
 しかし、坂を上ると、戻りは天国だが、一瞬だ。
 中学生時代、逆瀬川沿いの長い坂を上り、甲山の裏側に出ようとしたが、途中で引き返している。電動アシスト自転車は坂道のためにあるのだろう。しかし、そういう道、自転車どころか、バイクさえ走っていなかったりする。
 しかし、数歩歩くごとに休みながらの尺取り虫状態でなら、遅いが上れないことはない。
 体力的には自転車を押すよりも、乗っている方が楽だ。足だけではなく、腕の筋肉も使うためだろう。
 今乗っている自転車は、去年の今頃買っている。十年ほど乗っていた自転車と乗り換えた。今回の自転車は山道を想定していなかったので、変速機はない。三段では無理だが、五速か六速あれば、下りずに進めるが、押した方が早かったりする。どちらがいいのかは分からないが、昨日は晴れていて、日差しもあったが、汗はほとんどかかなかった。息せき切って上っていたのだが、汗はそれほど出ない。だから、暑さに強いのかもしれない。その代わり寒さに弱いようだ。
 平坦な道なら、何処までも走れる。休憩などしない。最初から座ったままなので。それとスピードを出さない。瞬発力を必要とする筋肉や筋を使わないためだろう。その代わり、ものすごく遅い。全ての自転車に追い抜かれる。
 
posted by 川崎ゆきお at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450606849
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック