2017年06月08日

梅雨

■■ 2017年06月08日 木曜 8時14分
 
 今朝は雨。微雨。気温は18度あるが、肌寒い。雨のためだろか。冬の終わりの雨はひと雨ごとに暖かくなり、春へとなっていくのだが、雨の日は暖かかった。初夏の雨はなぜか冷たく、寒い。
 寝起きの喫茶店までの道は、出るときは小雨で、途中からやんだ。出るときも、降っているとは思わなかったのは雨音がしないためだ。直接の雨音ではなく、屋根とかから落ちてくる音だ。小雨というより小糠雨。粒が小さい。意外とこういう雨の方が濡れたりする。傘を差していても、雪のように中に入ってくるためだろう。軽いのだ。
 昔の人はそういう雨に名前を付けた。一度付けて、使われ出すと、それが定着し、いつまでも残る。自然現象での名前は、もう出そろっていて、新しい名前はないのだろう。あるとすれば、別名が増える程度。大昔から雨は降っている。それを形容する単語は出尽くしているし、自然現象にも限りがあるが、見えるもの感じられるものだけ。
 今朝は寒いので、いつものジャージ風の暖かいタイプの上着。中綿入りではないパーカーがあったので、それを着ていこうとしたが、首元がそれほど暖かくない。見てくれは大げさだが、雨をはじく程度。それに一度袖を通したのだが、まだ寒いので、いつものに変える。そして雨。そのパーカーだと微雨では傘を差す必要はなかったようだ。しかし、暖かさの方を取る。要するにぱりっとしたものより、ネルとかニットとか、ふんわりとしているタイプの方が暖かかったりする。風を通してしまうのが難だが、冬の風ではないので、大したことはない。まさかこの季節、寒い風が吹いているとは思えないので。
 そういうのはママチャリに乗っている女性を見れば分かる。カーデガンの長いようなものを着ている。よく伸びそうな。ファンションではなく、衣服の正しい選択をしているのだろう。暑い寒いなどに対応できるような。
 しかし、先日バーゲンで見た綿の長い目のジャケットも気になるところ。ママチャリ女性でGジャンを着ている人が結構いる。これはほぼ作業着に近いので、実用性がある。
 バーゲンで見たのはGジャンの長いタイプだ。しかし、そのタイプのデニム地ではないが、少し分厚い。ただ、裏地はない。非常によくあるタイプのデザインで、昔からあるのだろう。しかし暖かさはふわっとした寝間着のようなパーカーの方が上だったりする。裏がタオル地のようなタイプだ。洗濯し、乾すとき、非常に重いタイプだ。そこが化繊との違いだろう。よくこれだけ水を含むものだと思う。バスタオルのようなものなので、そんなものかもしれないが、多少の雨なら、食い止めてくれそうだ。
 今朝の喫茶店内で、中年前の青年が常連客にいるのだが、ミリタリー風のジャンパーを着ている。これを見て安心した。
 大阪方面での梅雨入りは、まだしっかりとは聞いていないが、天気予報では梅雨前線が示されている。ただの前線ではなく、梅雨が付く。そして梅雨の雨予想が示されており、そのピークは7月上旬らしい。まだまだ先ではないか。その頃が梅雨本番となっている。梅雨前線が大阪にも架かっている図だった。そこまで上がってきているのだろう。そこをさらに北上する頃には九州方面は明けているはず。
 つまり梅雨は一ヶ月少しあるのだろうか。梅雨明けの頃夏休みが始まるというイメージがある。しかし、梅雨は6月で、6月のイメージもある。実際には7月にかかり、結構明けるのが遅い。これは場所にもよる。
 昨日は昼の喫茶店へ行くときも雨で、夕方前の喫茶店へ行くときも雨。それで、濡れるのが面倒なので、歩いて行ける近所の喫茶店へ行く。何年かぶりだ。個人喫茶なので、高いし、狭いので、行く機会がなかった。
 ミンチカツ定食がその日のメニューらしく、600円と安い。コーヒーは百円台になるので、800円ほどのお昼代になる。コーヒー付きだし、喫茶店なので、休憩もできるが、昨日入ったときは客は一人もいなかった。朝と昼に客が集中するのだろう。つぶれていないので、それなりにやっていけるようだ。アイスコーヒーは400円。その代わり布のおしぼりが付く。分煙がどうのというのは一切ない。注文を取りに来るとき、灰皿も持ってきている。
 自転車で濡れながら走ることを思えば、コーヒー代は倍になるが、楽といえば楽。しかし個人喫茶は居心地が悪い。常連客が止まり木でのさばっているのを見ると、ぞっとする。牢名主を見る思いだ。
 昨日は小雨にならなかったので、近所の喫茶店へ行ったが、梅雨時はその頻度が増えそうだ。小雨ならいいが、本降りだと、続けて濡れるのは難儀。日に一回はいいが。
 
posted by 川崎ゆきお at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック