2017年06月11日

偽皮高級ビジネスバッグ

■■ 2017年06月11日 日曜 8時10分
 
 今朝は曇っている。雨が降りそうだ。気温は低い目で、ひんやりとしている。ダウンジャケットを着た人が歩いていた。この人が今のところ最後の冬の生き残りかもしれない。よく見かける人ではない。
 確かに真冬のダウンジャケットを着てもいいぐらいで、暑くて仕方がないというものではない。意外と普通に着られるのかもしれない。試していないが。これはそんな冬物は既に仕舞ってしまい、着る機会がないためだ。それにおかしいし。真冬にTシャツだけではおかしいように。しかし、中綿は入っていないものの、中綿を抜いた状態のジャケットを着ている人が今朝は結構いる。雨は降っていないので、雨対策でもなさそうだ。
 一番多いのはジャージ系だ。いつもなら長袖のカッターシャツをだらりと着た人が多いのだが。
 日曜日の伊丹モスは誰もいない。やはり仕事と関係しているのだろう。来ている人の仕事が休みのため、寄らないだけかもしれない。それとは関係なく、どう見ても働いていない人がいる。紳士然としたスーツ姿の人だが、野球帽をかぶっている。これが分からない。どうしてそんな帽子になるのか。この人はスーツオンリーで、暑くても上を脱がないようだ。まあ、喫茶店なので、冷房で寒いためだろうか。
 梅雨時は肌寒いときときと真夏のように暑いときがある。昨夜は寝苦しかった。雨が来ているためだったのかもしれない。早い目に布団に入ったのだが、寝付けない。早すぎたのだ。そして眠りに落ちないまま寝返りばかり打っていた。そのうち暑いのか寒いのかが分からなくなる。寝ようとしてもそのコースに乗らないので、一度起きて、パソコンでネットなどを見ていた。時間的には昨日寝るときと似たような時間になっている。結局早寝しない方がよかったのだろう。早寝の意味が全くなかった。寝ようとして眠れないとき、苦しくなる。寝苦しさとは、寝ていて苦しいのではなく、寝る前が苦しい。また眠れないので、苦しいのだろう。何かがまだオンのままだったに違いない。
 
 先日見た特価台のビジネスバッグ。気に入ったのが一つだけあったのだが、それを買うか買うまいかと迷いながらも、買うことにした。迷ったのはビジネスバッグは持っているため。しかしレザー風はない。特価で5千円ほどなので、その値段なので偽皮だが。
 狙っていたのは一つしかなく、これが一番底幅があり、手提げが長い。後で分かったのだが、肩にかけられる。しかし、夏場はいいが冬だと着ぶくれするので、肩に通すのは難しいだろう。もっと長くないと。当然ショルダーは付いている。これも買ってから分かったのだが、鞄の中に入っていたショルダーを取り出すとき、そのショルダーが重い。まあ、金具が付いているためだが、紐そのものも重いのだ。このショルダーベルトが気に入って買うきっかけにもなったのだが、決して幅広ではない。幅広でもぺらっとしたものや、シートベルトのような生地なら気に入らない。痛そうなので。
 そのショルダー、しっかり編まれたもので、結構分厚い。ここは自然素材で、そのベルトにもう一枚添えてある。布のベルトなのだが、レザーが貼られている。これはどちらが先なのかは分からないが、デザイン的にはレザーベルトだろう。しかしそれは細い。そのため、それよりも幅のある布のベルトで補強しているのだろうか。どちらが先なのかは分からないが、これでぐんとベルトが分厚くなり、それで重く感じたのだろう。さらにショルダーとして引っかけたとき、二重になる。つまり長く伸ばさなければ、端から端まで二重になる。ベルトが分厚い上に二重。これがいい。定価は1万円なので、こういうところに出ているのだろう。これで本革なら倍以上する。
 高級品タイプになるのか、詰め物を最初から入れたままビニール袋に入っていた。展示用ではない場合、ぺしゃんこのはず。だから大量になく、展示品だけしかない場合もある。その特価台には同じ形の鞄が複数があったが、買った鞄は、それしかなかった。そして特価台では一番高い5000円台。同じようなものを展示品で見ると、数万円レベル。そちらは本革のためだろう。
 鞄のタイプはカジュアルビジネスバッグとなっていた。鞄の横の狭いところにポケットが二つある。指がしっかりと入るので、眼鏡などを入れておける。ほどよく幅があり、ほどよく深い。それと張りがあるので、型がある。
 この鞄、ポケット類は少ない。ほぼメインポケットがメインで、それ以外に前ポケットなどはないに等しい。あるにはあるが、スマホ入れだろうか。全面の面積は広いので、縦開きのファスナーのポケットは途中で止まっている。楽にスマホが入り、しかも深すぎると取り出しにくいためだろうか。鞄の正面、ここは鞄の顔だが、そこに大きなポケットがないが、後ろにはこのタイプの鞄として定番の雑誌や新聞入れがある。鞄の大きな幅を使う平べったいが大きなポケットだ。しかしファスナーはなく、中ホックがあるだけ。
 しかし、小物を全部で四つあるポケットに振り分けられる。すぐに出せるようなものだ。
 メインポケットにはノートパソコン向けの仕切りと、もう一つ襠のある仕切りがある。襠があるが、鞄の底幅と共有。
 狭い方の仕切りポケットに小物入れのサブポケットがある。仕切り内ではなく、仕切りの外側。だからメインポケットと接している。財布入れとか、ケータイ入れとか、ペン差しがある程度で、ここはあまり豪華ではない。所謂内ポケットだ。
 ペットボトル入れは内部にあった。布の輪っかのようなもので、入れていないときは、ぺらっとした布。まあ、お茶丸見えのビジネスバッグはみっともないので、内に隠しているのだろう。それに夏場は外出しだと、冷えたお茶もすぐにぬるくなる。
 ファスナーはメインポケットと、正面にある小さなポケットにあるだけで、内部にはない。
 横型のビジネスバッグだが、結構深い。だから大きい目のカメラでも、そこに入ってしまうので、取り出しにくい。書類入れはしっかりとあるので、メインポケットはかさばるものを詰め込める。カーデガン程度なら入るだろう。それを底に詰めれば、カメラが浮くので、取り出しやすくなる。しかし、ボストンバッグほどには底幅はないので、大して入らないが。
 ショルダーバッグとしての引っかけ具合やバランスはよい。しっかりとフィットする。肩と言うより背中側に乗せやすい。これは短い目にした場合だが。手提げの紐はレザー風で細いが固い。そのため、くねくねしない。肩にも回せる。
 最近鞄が定着しないのだが、この鞄、長く使えるかもしれない。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450759343
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック