2017年06月15日

カツカレー

■■ 2017年6月15日(木) 午前8時25分
 
 今朝は晴れている。最近晴れが続いているので、不思議だ。梅雨は何処へ行ったのだろうか。そして今朝は昨日よりも気温は高い目。しかし相変わらずジャンパーを着て朝の喫茶店へ。その道中、これは暑いかもしれないと思ったが、喫茶店に入ると、冷房で、丁度。
 途中の高校の登校風景では半袖とカーディガンの比率に注目。半袖の方が多いが、カーデガンも結構いる。この高校、市立高校だが、校舎内での冷暖房はどうなっているのかは分からないが、エアコンが入っているとすれば、カーデガンはいるだろう。しかし昔の教室にはエアコンなどはなく、その代わり窓が大きい。冬は閉めれば同じだが、夏は少しでも大きい方が風が来る。大阪方面は真冬でもそれほどではないので、ストーブなどはなかったが、近くの六甲山山頂にある学校はストーブがあったとか。これはローカルニュースで風物ものとして毎年やっていた。六甲山は兵庫県なのだが、瀬戸内側と日本海側がある。日本海側の兵庫県は雪が降る寒い場所。だから兵庫県の気温というのはひと言で言えないのが難。
 大阪も、大阪市内ではなく、大阪府まで広げると、山が入るので、結構寒い場所ができる。標高差あるためだ。当然山側の町は寒い。
 昨日は昼間も少し暑くなりかけており、平年並の気温にまで上がっていたのか、カッターシャツだけで十分だった。これがじわじわと暑苦しく感じる季節になるのだが、まだ梅雨の長雨が残っているはず。しかし、降らない。これは幸いだが、ずっと降らないままは有り得ないので、降らなかった分、まとまって降るかもしれない。溜まった雨が一気に降る方がよかったりするのは、長雨よりもいいため。梅雨の雨程度ならそれほどの大雨にはならない。梅雨の雨はしとしととしつこく降ったり、また曇っているだけだったりする。きつい雨が降るのは夏の俄雨のようなタイプで、背の高い大きな雲が湧き出す季節。
 
 昨日は普通のご飯を食べるのに飽きたのか、ご飯は炊飯器の中にあるが、カレーを買ってきた。これはスーパーのカレーで、買うのは初めて。カツカレーで、容器の中にカップが入っており、そこにカレーの汁が入っている。カツはハーフだが分厚い。このカツは店で揚げたものだろう。トンカツはトンカツとして売られているもの。その半分だけをご飯の上に乗せている。あとは福神漬けが入っている程度。このカツ、コンビニのカツカレーのカツよりもいい。
 結構安いのだが、カツはハーフで、ご飯もそれほど多くない。これは食べやすかった。
 カブラの葉付きが売られていたので買う。漬物用となっている。その近くに、先日買った糠漬けキットも置かれている。野菜コーナーに置かれているので、いい位置だ。漬物のネタをここで一緒に買えばいいということだ。葉付きカブラの葉の部分は確かに漬物向け。まあ生のカブラを囓っているようなものだが、このカブラ、千枚漬けのように薄く切ればいい。京都風の食べ物は、結構食材その物は安い。もの凄く安かったりする。湯豆腐とかもそうだ。湯豆腐と千枚漬け。有名な千枚漬けは産地がしっかりとした京の露地物野菜のはずだが。カブラや大根、結構安いはずなのだが。
 伊丹市内でも多く栽培されている白なが安かったので、二つほど買う。白なは高い。しかし伊丹産のがたまに入り、それが安い。スーパーの前の畑にあったりする。しかし、数に限りがあるはず。
 このしろ菜は煮て食べる。漬物にしてもいい。要するにそのままサラダのようには食べない。鳥の餌のように。
 漬物にすると野菜は大量に、一気に食べられない。僅かな量でいい。だから少量で済む。その目的は倹約ではなく、ご飯が進むように食べる。メインはご飯なのだ。
 暑いとき、にゅうめんがいいかもしれない。ソーメンだが、ラーメンのようにして食べる。食欲がないときはこれがいい。ソーメンはマルタイラーメンのような棒麺なので、インスタントラーメンに近い。夏は意外と汁物がいい。そしてにゅうめんは細いので、喉の通りがいい。しかし腹持ちはソーメン腹と言うほどに短い。
 梅雨時、腐りやすい。生ものは控えた方がいいようだ。
 

 
posted by 川崎ゆきお at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450879621
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック