2017年06月16日

オリンパス旅カメラ

■■ 2017年6月16日(金) 午前8時20分
 
 今朝も晴れている。一週間ほど雨傘のマークがない。梅雨は何処へ行ったのだろう。しかし、俄雨はあるようだ。今朝は気温は高い。妙に涼しかったのは終わったのだろうか。雨が降り出すと、また別かもしれないが、その雨が降らない。一気にどかっときそうだ。
 今朝は暑いので、ジャンパー類は羽織らなくても良かった。起きたときから暑かった。昼間の最高気温も上がるようだ。とりあえず今日は夏だろう。朝、起きたときホームゴタツのスイッチを入れるのだが、今朝は暑苦しかったので、すぐに切った。
 昨日の日中も日影を選んで通るようになったが、陽射しのあるところでも、何とか通れる程度。それが厳しくなり、日影しか通れないほどになると、真夏。そのため、通る道が限られてしまう。ただ、朝はそれほどでもない。
 夏なのに朝顔がまだ咲いていない。似たようなツルのあるラッパ型の花は見かけるが、あの朝顔は見かけない。もっと夏が深まり、夏休みの時期にならないと咲かないのかもしれない。そして秋が過ぎても咲いていたりする。
 そしてアジサイが全開だ。六月。梅雨時、これはシンボルだ。ぼかぼかと咲いている。これはすぐに見飽きてしまう。
 この時期、長雨を予想していたのだが、まだその気配がない。期待しているわけではないが、空梅雨かもしれない。暑いより、雨がしとしと降っている方がよかったりする。年中ではなく、この時期だけなので、これは年中行事のようなもの。そんな行事はないが。あるとすれば傘を使う行事かもしれない。
 暑いと、暑気にやられる。暑気が身体に入る。熱が抜けないような感じで、これは誰でもそうなるわけではない。そうでないと、全員熱中症になる。暑さにやられるのは、熱が抜けないためだろう。暑いだけなら問題はない。
 夕方になっても部屋が暑いことがある。熱が籠もっているのだ。抜けないで。
 江戸時代などは、そのため、寒天などを食べていたようだ。ところてんとか、あの寒天だ。
 かき氷もいいが、店屋のかき氷は、既に店の冷房で用を足してしまい、それ以上冷やす必要がない。かき氷は暑いところで食べるのがいい。
 
 昨日は上新へ寄ると、オリンパスの旅カメラがあった。一度消えたはずなのだが、また出ている。この前オリンパスのホームページを見たところ、水中カメラしかコンパクト系はないはず。だから新製品かもしれないと思ったのだが、値段が安い。そして注文カードがない。それで、手に取ってみると、以前のカメラと変わらない。しかし、ボディーは同じでも中が違うのかもしれないが、値段がそれを否定している。新製品なら、そんなに安くはない。
 要するに展示品が回ってきたのだろう。他の上新にあったものが。だから一台だけなので、注文カードがないと見た。
 カメラらしい形だし、大きさも丁度。全てのオリンパスデジカメの中から一台選ぶとすれば、これだろう。一番オリンパスらしい。しかし相変わらず電源ボタンが小さく、しかも隙間にあるので、指の腹では押せない。爪を立てないと押せない位置。
 これで液晶回転式にした新製品が出ればいいのだが、電源ボタンがあの状態なら、やはりパスするだろう。その電源ボタン、誤操作をなくすため、詰めすぎたのだ。ソニーも電源ボタンは小さいが、指の腹で押せる。結構硬いが。キヤノンの旅カメラは電源ボタンが押しやすい。
 しかし、オリンパスの安い方の電子ファインダーのないミラーレスの電源ボタンはいい。レバー式ではない。オリンパスペンの系譜だ。しかし、標準ズームだけでは何ともならないし、望遠ズームも300ミリ程度では足りない。だから旅カメラの方が良い。
posted by 川崎ゆきお at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450916199
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック