2017年06月19日

夏の食べ物

■■ 2017年6月19日(月) 午前8時51分
 
 今朝は朝から暑い。寝起きの喫茶店までの道は日影が欲しいほど。そして珍しく、店内の冷房が最初は快い。それほど道中が暑かったのだろう。
 寝過ごしたので、出るのが遅かったためもあるが、妙に暑い。梅雨は何処へ行ったのだろう。
 涼しい目の日が続いていたのだが、今度は暑い目の日が続くのだろうか。例年よりも暑いような気がするが、このまま真夏になるわけではない。まだ六月なので。しかし、六月も中程を過ぎているので、七月が視界に入る。七月が一番暑いのだから、そんなものかもしれない。
 夏の暑さは何ともならない。熱だれを起こし、じっとしているだけでも疲れる。毎年夏は来るのだが、慣れるわけではない。慣れて何とかならないのは、気持ちの問題ではないためだろう。
 今朝はそれでカッターシャツでよく、上に羽織るジャンパー類はなし。朝はひんやりとしているので、朝だけはジャンパーが必要だったが、今朝は出るときから暑苦しかったので、省略。
 こういう日は日中は外に出るだけで厳しいので、自転車散歩は無理。曇っている日や、雨が降りそうな日なら気温が低い目になることもあるので、そういう日なら行けるかもしれないが、やはり青空が欲しいところだ。
 先日買ったビジネスバッグが重いので、その前に使っていたソニーブランドのカメラバッグに変える。中に入っているものは同じなので、鞄そのものの重さの差が出る。これが結構違っていたりするので不思議だ。そしてショルダーや鞄のバランスにもよるのだろう。
 このカメラバッグ、肩当てが分厚い。結構長さもあるので、ずれにくい。肩当てが肩から外れて、肩当てにならないこともある。この肩当てはベルトを包むようにできている。巻き込んでマジックテープで止めているのだが、それだけではなく、そこだけ皮で補給されている。これが芯になっている。皮を使っているのはこの箇所だけ。ここはゴム製が多いが、ゴムの代わりに包み込むことで布で分厚さを出している。まあ、どちらにしても鞄が軽いので、それだけでも鞄が軽く感じる。
 
 カブラを糠漬けにしていたのを食べる。二日ほど寝かせていた。カブラは半分に切り、半球にして漬けた。大根と比べてしまうが、密度が高い。葉っぱ付きなので、それも添える。千枚漬けではなく、千枚切りになるよう、薄く切って食べる。切ってから漬けるのではない。まあ、糠漬けなので、適当。これはドブ漬けと昔は言っていた。
 買ったカブラは二つ入っていたので、都合四回分ある。葉物の漬物もいい。これは細かく切ってお茶漬けに入れるといいだろう。永谷園のお茶漬けの素がいらなくなる。まあ、塩気が欲しいので瓶に入った鮭を入れてもいいだろう。
 昼ご飯は、パンとか、適当なものを食べていることが多い。お茶漬けの方が食べやすい。梅干しとか塩昆布などを入れれば、永谷園はいらない。
 エノキダケが安かったので、朝の味噌汁に大量に入れる。えのき汁だ。少し煮込んだ方が良い。なめこを入れれば、なめこ汁になる。
 ピーマンも安かったので買っていたが、これは細かく切って卵焼きにする。こういうとき紅ショウガを細かく切った物を入れると、丁度だが、買っていない。お好み焼きやタコ焼きに入れる紅ショウガあるので、あれを買ってきた方が良い。卵は結構しつこい。だから出汁巻きとかにするのだろう。薄めないと、しつこい。
 豆腐はそろそろ冷や奴の季節になるのだが、これは鰹節やネギなどがないと、豆腐に醤油だけでは味気ない。見てくれの問題だろう。目で食べるというやつだ。
 夏になると、トマトがいいのだが、結構高かったりする。安いのを買うとしょっぱかったりする。そして硬かったり。もの凄く大きなトマトを輪切りにしてソースをつけて食べると、結構おかずになったりする。しかし、それは大家族向けで、大きなトマトを一度には食べられない。だからミニトマトの方が扱いやすいのだろう。少しあればいいのだ。要するに酸っぱいものが夏場は良かったりする。
 梅雨は何処かへいっているというより、前線が南の方にあって上がってこない。暑いときは雨が待たれる。早く梅雨になることを望む。
 

posted by 川崎ゆきお at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック