2017年06月28日

フルサイズ巨根の老婆

■■ 2017年6月28日(水) 午前8時15分
 
 今朝は雨。梅雨らしくシトシト降りで、傘はいらないほど。少し濡れるので、レインコートを羽織って、朝の喫茶店へ向かった。この程度の雨なら傘はいらない。微雨で、雨量は少ないという意味だろうが、小糠雨は雨粒が小さい。目に見える湿気のようなものだがガス状ではない。この雨はズボンの色が変わらない。雨粒でズボンに点々が付き出すと、これは傘がいる。
 昨日の夜、雨はやんでいるとみて徒歩散歩に出た。しかし濡れてきた。夜の雨は水銀灯などを見ると分かるが、水溜まりがなければ路面を見ても分かりにくい。路面は濡れていたが、その前に降った雨のため。だから余計に分かりにくかった。今朝の雨より強かったのだが、衣服が濡れてくるのが分かる。カッターシャツだったが、少し厚めなので、染みこんで下まで、とはならなかった。もう少し長い距離だとそうなるだろう。徒歩散歩は二十分ほど。
 自転車で二十分だとかなり遠くまでいける。朝の喫茶店までならそんなにかからない。それ以内に着いてしまう。小雨なら傘なしで二十分はいける。だからいつも移動しているような場所なら、行ける。
 梅雨時の妙な天気。低気圧と湿気。天候不順はそのまま体調不順になりやすい。順調ではないということだ。こういうときは生ものや、脂っこいものを控えた方がいい。栄養価のあるものを食べるのは逆だったりする。暑い盛りは栄養価の高いものを食べる方がいいが。鰻とか。しかし調子の悪いときは胃腸を休ませる方がよかったりする。
 昨日は朝は雨が降っていなかったので、朝の喫茶店からの戻り道大回散歩で、池のあるところへ行く。遠回りの北限があり、そこから少し行ったところにある。池だが外洋に出る感じだ。普段は行かないし、通りもしない。しかし北限地点から見えている場所だ。森のようなものが見えている。ここは緑が丘という場所。丘となっているが、このあたりは断層があり、細長い丘が続いている。丘の上も普通の平地。丘の下も普通の平地。高い場所にいるのか低い場所にいるのかが分からない。だから丘だとは思えないような場所。
 池は公園化されており、魚釣り禁止。しかし釣っている人が必ずいる。朝の遅い時間なので、早朝ではないが、散歩をしている人が数人いるだけ。
 池は柵が張り巡らされているため、水際へは行けないが、入り込めるところがある。
 湖畔と言う規模ではないが、見晴らしがいい。池なので、ポカリと空間が空いているようなもの。
 岸沿いを歩いていると、自転車を止めて、たたずんでいる人がいる。釣り人かと思い、近付くと、竿ではなく、棒だった。枯れ木のようなものを付き出している。老婆だ。
 そしてカメラを首からぶら下げている。突いているのは蓮の花の近くにあるゴミを除こうとしていたのだ。
 結構大きな巨根レンズがぶら下がっており、カメラを見るとソニー。これはフルサイズの一眼レフだ。だからフルサイズレンズを付けて蓮を撮しているのだろう。望遠ではなく中望遠の明るいポートレート用だろうか。
 見るからに老婆。機材は自転車の後ろ籠に入れているようだ。なるほど、この地点が一番蓮の花に近い位置。柵がない場所なので、一番は蓮の花に寄れるスポットなのだ。この老婆はそれを知っている。そして自転車が入り込めないのに、乗ったまま岸へ行ける入り口を知っているのだ。自転車では階段があったりして無理。
 特に草花が咲き乱れる場所ではない。まあ、公園の草花は植えたもので、不自然な並び方をしている。
 その意味で、ただの樹木や、池に浮かんでいるものは森の中にいるような感じになる。森に囲まれた池で、このあたりに川の水源があったりする。
 こちらはその朝、オリンパスの旅カメラしか持ってきていなかったので、望遠で蓮を写す。一瞬だ。しかし老婆はかなり時間を掛けて撮していた。構図を変えたり、露出を変えたり、ピント位置を変えたりと、やることが多いのだろう。
 遠くまで行かなくても、こういう場所なら自然に触れられる。よりじっくりと見たいのなら、撮すのがいいのだろう。滞在時間が長いし、見ている時間も長い。これは写しているというより、観察しているようなもの。
 フルサイズ一眼レフで、大きなファインダーでじっくりと見ているのだろう。
 こういう蓮の花などはカンカン照りのときより、曇っている日の方が撮しやすいはず。白飛びしやすいので、露出補正が必要だが、水面が今度は暗くなりすぎる。そのあたりの兼ね合いや、ピントを何処に持っていくのか、そして構図はこれでいいのか、などと考えていると、やることが一杯あって、滞在時間が長くなるようだ。老婆の横をすり抜け、その先を少し歩いて、戻ってきたとき、まだその蓮と老婆は格闘していた。ソニーのフルサイズ一眼と明るいポートレート用レンズ。ゾナーか、プラナーかは忘れたが、コンパクトカメラなら何台も買えそうな値段だ。だから、この老婆、只者ではない。
 こちらは2秒ほどで蓮の花を撮して、立ち去った。後で見ると白飛びしていたが、それよりも蓮の花を撮している老婆の姿を撮したかった。花など写しても大した意味はない。ただ、人工的なものにない自然の奥深さ、凄さというのはある。
 ただ、この池、大きすぎて伸びやか。蓮は沼がいい。しかも薄暗い。
 池は他にもあり、水源地となっている湿地がある。水草を撮そうとしたが、いいのがない。浮き草を見付けたので、それを写す。魚釣りをするとき、邪魔だったことを思い出す。あの頃よく見かけた菱のある浮き草だ。池では泳がなかったが、痛いだろう。
 梅雨の晴れ間というか、日差しがなく、雨が降っていないだけの日は移動しやすい。
 

 
posted by 川崎ゆきお at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451285695
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック