2017年06月30日

風に強い傘

■■ 2017年6月30日(金) 午前8時27分
 
 今朝は雨。梅雨らしさがある。寝ているときも降っていたので、長く降っていたのだろう。寝起きの喫茶店までの道も雨。ここだけはやんでいてくれる方が有り難いが。
 雨の日の喫茶店の冷房が寒いので、レインコートを羽織る。これはこの時期丁度だ。合羽のように見えるので、厚着をしているようには見えない。しかしこのコート、安物のスーツを着たとき、上に羽織る格下向けのコートなので、冬場のものだ。ペラペラなので冬は暖かくないので、着ていない。
 雨さえ降っていればレインコートが着られる。特に自転車では目立たない。雨の日は傘ではなく、合羽を着ている人が結構多いためだ。
 高校の朝の通学風景を見ていると、自転車部隊は全員合羽。傘は一人もいない。規則だろう。ただ合羽の色やデザインは自由らしい。普段よりも華やかだ。この高校は元来女学校だったので、昔は女子しか通学していなかったはず。その歴史は相当古い。今も当時の門が残っている。使われていない門だ。そして門の前には細い道がある。女学校であると同時に図書館があった。一般の人でも入れた。ついこの間まであったのだが、木造校舎と同じ造りのその建物は当然今はない。テニスコートや自転車置き場になっている。
 木造校舎の場所に鉄筋の校舎を建てない。そんなことをすると、建つまでの間、校舎がなくなるか、プレハブになる。だから鉄筋校舎は別のところに建つことが多いが、その近くの小学校は同じ場所に建っている。そちらのほうが馴染みやすい。同じ場所にあったためだ。そしてその小学校のもう一つの校舎は消えている。生徒が減ったためもある。一学年10クラス。一クラス50人はいた。連隊規模より多いだろう。それと同じ場所にある幼稚園を加えると、ものすごい数だ。
 校門前や通学路に露店が出ており、ヒヨコや玩具を売っていた。決して不審者ではない。正体はしっかりとしている。モグリの露店だが。
 戦後のどさくさ、それがまだ残っていた時代なので、それどころではなかったのだろう。今は暇なのか、規制ばかりが厳しい。
 
 昨日は傘なしで、朝の喫茶店へ行き、その戻り道、少しだけ散歩をしたのだが、その途中、雨が降り出した。最初から雨空だったので、当然だろう。しかし、これを待っていた。傘を買うためだ。
 降り出したところから一番近くのコンビニはすぐに見当が付いた。沿道から少し離れ、大きな道の向こう側にある。
 入ると、入り口近くに傘立てのように傘が並んでいた。ビニール傘でもよかったのだが、布製の黒い傘があり、しかも風に強いとなっているので、それを買う。しかしレジでびっくりするほどの値段。1400円。
 ビニール傘の安いのに混ぜて売っていたのだ。引っかかってしまった。普通の黒い傘なら1000円までだろう。
 柄が長く、しかも太い。特殊な樹脂、強度のある樹脂でできているのか、握るところがソニー風なモダンでハイテク。ツルッとしているが滑らない。そして滑らかな膨らみ。ボタンも柄の中に組み込まれており、マウスのボタンと同じ。一体になっている。
 風に強いのは、この素材だろう。さらに骨が無数に出ているが、その先に皺。つまり骨の先と布を止める箇所に皺があり、ゆとりがあるのだ。これで風圧を受けると、その皺が張るのだろう。
 まあ千円傘に400円プラスすれば、この強度が得られるのなら、悪くはないが、もったいないので、出番が減りそう。もう一本安い傘が欲しいほど。そして風の強い日は、その安い方を持ち出す。
 これは堅牢で頑丈で雨にも強いカメラほど大事に使い、傷まないようにするのに似ている。本来酷使に耐えるはずなのだが、高いので傷むのを恐れる。
 
 昨日買っていたソーメン。普通に湯がくとき、冷凍海老も一緒に入れる。そしてざる蕎麦のように笊状のものに盛らないで、皿に盛る。ガラスのコップに出汁を入れ、それにつけて食べるのが定番だが、その盛り皿の中に出汁をぶっ掛ける。こちらの方が簡単というより、コップを汚さなくても済む。食器は皿だけで済む。
 昔は、コップに出汁を入れていたのは、家族で食べるためだ。
 そのソーメンに調理方法が書かれている。ソーメンなどさっと湯がけばそれで済む。そうではなく、炒め物の絵。ニラと海老を入れてソーメンを炒める。焼きそばか焼きうどんのようなものだ。ソーメンなどフライパンに入れると、くっついてしまいそうになるはず。だからスープ状のものを入れたところにソーメンを入れる。ビーフンよりも柔らかい。
 これを参照にして、ソーメンの出汁を入れて炒めればいい。水分が多いと、そのままラーメンになる。ソーメンなのでにゅうめんだが。
 スープスパゲティをつっくいるとき、それがすぐにラーメンになることが分かる。出汁が多いとそうなる。ラーメン鉢に入れないで、皿に入れると、皿うどんになる。ただ、麺はパリパリしていないが。
 普通のスパゲティと、焼きそばの違いも、曖昧になる。どちらにしてもソーメンとスパゲティは非常に安い。
 梅雨時、雨が降っているいるとき、冷やしソーメンよりも、暖かい状態で食べる方がよかったりする。
 普通のソーメンも、湯がいたものをさっと水で晒し、さっと出すとまだ生温かい。この状態の方がよかったりする。晴れて暑い日なら別だが。
 
posted by 川崎ゆきお at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451369433
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック