2017年07月01日

味の素

■■ 2017年7月1日(土) 午前8時25分
 
 今朝は曇っているが、雨は降っていない。昨日の夕方前は晴れていた。ただの晴れ間だろう。朝は曇っているが、雨はまだ来ていない。
 梅雨前線がやっと北上し、大阪方面にもかかっている。熱帯低気圧があるようで、それで押し上げられたのだろう。熱帯か、温帯かは忘れたが、押し上げるのだから、南からの暖かい空気が流れ込んでいるのだろう。
 今朝は生温かいのだが、喫茶店に入ると寒い。生温かく蒸し暑そうなので、ジャケット類は羽織っていなかった。これは油断だ。エアコンは暑いときは涼しく、寒いときは暖かくと、快適な温度を保つ特別室にいるようなものなのだが、寒い。これでは目的を果たしていない。外にいる方が快適なのだから、どうなっているのだろう。真夏なら、この冷房は有り難いが、梅雨時は逆効果だ。
 今朝は道がすっきりとしていると思っていたら、土曜だった。まだ金曜日だと勘違いしていた。もう一日分ほど週末まで日があるような気がした。道がすっきりとしているのは登校風景がないため。ここで、まだ金曜だと気付く。
 さらに七月に入っている。31日目がないので、早く感じる。これで今年の後半に入る。折り返し地点は七夕の頃で、夏だ。真冬に入り出す頃がスタートの正月。真夏に入り込む手前で折り返す。分かりやすい。
 梅雨に入っているのだが、晴れ間もあるし、曇っているだけのときもある。だからずっと雨が降り続いているわけではない。その間、真夏のように暑い日もあるだろう。だから梅雨だと思わないで、少し天気が悪い夏だと思えばいい。梅雨が明けてからの夏空と、今の空とはタイプが違うのかもしれないが。
 
 牡蠣の炊き込みご飯は満足を得るものだったが、何度も作ろうとは思わない。炊き込みご飯ばかり続くと、飽きる。二合分あるが、かやくご飯なので、かやくの分、一合ほど多い。いつもは一合半ほど炊く。しかし、炊き込みご飯のときは、二合となっているので、多い目になる。白いご飯ならお茶漬けで逃げられるが、炊き込みご飯だとお茶など注ぐと余計に汚い。お茶漬けは澄んでいないと。そこに葉物の漬物を入れたりすると、丁度よかったりする。
 糠漬けはキュウリとなすびを漬けている。カブラが欲しいところだが、買っていない。大根はこの季節すぐに傷むので、夏場は買わない。その変わり千切り大根を買う。乾物だ。これも買おう買おうと思いながらいつも忘れている。乾物コーナーへ行く機会がないためだろう。スーパーでは奥まったところにある。また、スーパーにより、野菜コーナーにポツンと置かれていることもある。
 何もないときは千切り大根と高野豆腐があれば、何とかなる。そこに卵を落とすと豪華になる。しかし、単品で作った方が始末がいい。それだけ小皿を多く使うことになるが。
 ナスビなども卵と一緒に炊いただけのものを食べたくなる。色々なものが入っている煮物の中のなすびではなく、なすびだけだと、なすびがメインになる。卵もいらないが、他におかずがないときは卵の出番になる。
 昔は卵焼きなどは贅沢なものだった。卵が高かったのだ。バナナも。
 豆腐は最近冷ややっこんで食べている。味噌汁に入れるのが暑苦しくなったためだ。味噌汁も暑苦しいが、こういう季節ほど汁物がいい。お吸い物でもいいが、逆に出汁が大変だ。醤油だけでもいいが、その場合、とろろ昆布が効果的。一応昆布なので、昆布味が付く。醤油も最初から昆布や鰹出汁入りがある。味噌もそうだ。しかし化学調味料だろう。
 昔はどうだったかというと、すましの吸い物を作るとき、武田のいの一番を入れていたのを記憶している。味の素も普通にあり、よく使われていた。アジシオとか、タケシオとかもあった。流石に砂糖の代わりにサッカリンは見なかったが、駄菓子などには入っていたのだろう。
 味の素も、いの一番も最近は見かけない。
 
posted by 川崎ゆきお at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451401455
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック