2017年07月02日

熱帯夜

■■ 2017年7月2日(日) 午前8時42分
 
 今朝は暑い。少し遅く起きてきたが、寝起きの気温が28度。これはやり過ぎだ。夜は熱帯夜で25度越え。
 梅雨前線が北上し、大阪を越えている。だから南からの熱風が来ているのだろう。急に真夏になった感じで、朝の喫茶店までの道中も暑い。日影がないと苦しい。時間的に少し遅いので、いくら午前中とはいえ、結構効く。
 そして喫茶店に入ると、冷房で涼しい。これだ。梅雨時のひんやりとしているときの冷房は寒いが、今なら問題はない。
 流石に昨夜は暑いので、窓を開けたままで寝ていたが、途中寒くなかった。掛け布団がいらない。熱帯夜だ。これがさらに暑くなると、扇風機を付けっぱなしにしないといけなくなる。これで寒いときがあるが。
 梅雨前線が大阪を越えてしまったので、梅雨が明けたような感じになる。時期的はまだ早いが。梅雨明け後の晴れた日に近い気温だ。
 こうして脅かすような暑い日があるが、また雨が降り出し、ひんやりするかもしれない。今度は寒く感じるより、涼しく感じるかもしれないが。
 ズボンは夏向けのさらっとして軽くて薄い紐パンにしている。ステテコ並みに軽い。縮みのステテコのように。夏用のジャンパーかジャケットのようなものが売られており、これが良さそうだ。殆どカッターシャツ。それならカッターシャツでもいいのではないかと思うのだが、ポケットが多い。流石に長くはなく、短いので、このタイプの脇ポケットに入れると、落ちそうだ。
 去年は夏向けの麻のカッターシャツを買っている。薄くて軽いが皺だらけになる。この皺がいいのだろう。長袖なので、一年中切れるが、流石に冬は寒いので、ネルシャツになる。所謂チェックのネルシャツだ。
 夏場でもチェックのネルシャツは着る。生地がふんわりとしており、冷房に強い。しかし炎天下は流石に暑い。
 昨日の夕方前も暑かったので、餃子が食べたくなり、大阪餃子を持ち帰る。二人前500円。消費税込み。割り箸やお手拭きも付いてくる。餃子は長い箱に入っているが、くっつきやすい。お好み焼きのような餃子になってしまうので、包み物ではなくなる。
 大阪王将のつけ汁は甘い。餃子が甘いとは思えないので、つけ汁だろう。この店、中で食べている人より、持ち帰りの方が多いようだ。欲しいのは餃子だけなら、餃子だけ食べるような雰囲気の店ではない。元は喫茶店で、そのためテーブル席だ。ビールと餃子。これだろう。他の中華物は見向きもしなかったりする。夏場はこういった脂っこい物がいいのかもしれない。肉汁の油ではなく、焼くときの油だが。そしてニンニクとニラが効いている餃子がいい。これは夏場の薬だ。
 当然、持ち帰った餃子をおかずにして食べる。ご飯さえあれば夕食の準備はいらない。しつこいので、こういうとき漬物が効く。
 この時期、夏風邪を引くとなかなか治らなかったりする。一般的な風邪なら一週間もあれば、勝手に治る。薬は緩和作用だけのもの。しかし、夏風邪が二週間以上続くこともある。その間、日に三度も風邪薬など飲んでいると、別の症状が出る。風邪薬は鎮静効果があるので、それを利用して寝ていればいいのだが、熱でもない限り、普通に過ごしているだろう。
 暑い時期、寝冷えをしたりする。これは腹にも来る。意外と冬の方が安定していたりする。寒いだけで済むためだ。風邪を引いても暖かくしておればいい。寒い時期なので、敵っている。夏風邪はそうはいかないので、厄介だろう。
 梅雨がどうのよりも、今朝の暑さで、真夏が来たと宣言してもいいだろう。
 今年もあの夏がやってきたという感じで、決して悪いことではない。
 夏が来た。これは喜ばしく思うのは、夏休みと関係しているのだろう。
 
posted by 川崎ゆきお at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック