2017年07月03日

うな重

■■ 2017年7月3日(月) 午前8時39分
 
 今朝は曇っている。昨日よりは暑くはない。結構爽やかだ。湿気が低くなったのだろうか。気温は昨日の朝と同じ。北上していた前線が消えたのかだろうか。何か分からないが、朝は爽やかだ。
 まさか梅雨が去ったとは思えないが、昨日は晴れていたが夕方俄雨。夕立だ。軽いタイプで、きつくはない。これは夏によくある。梅雨なら一日中降ったりやんだりだろう。
 今朝はカッターシャツの代わりにジャケットを羽織る。昨日ほど暑くないので、これでもいける。ジャケットなので、ポケットがある。薄くてペラッとしているが、畝があるので、弾力がある。
 昨日はスーパー二階のいつもの衣料品売り場で真夏に羽織る薄いものを探していると、小さな屋台が出ていた。吊り物だが、Tシャツ程度。その中に半袖のジャケットに混ざって七分袖のジャケットがあった。中に縞模様のTシャツが付いている。セットものだ。これは真夏としては暑い組み合わせのためか、特価品となり、半額になっていた。探していたのは、この軽いジャケットだが、脇のポケットがない。普通のカッターシャツやアロハシャツとの違いは生地だろう。ふんわりとしている。すぐに買おうとしたが、胸ポケットだけで、脇ポケットがないので、それがあるタイプを店内で見るが、非常に高いブランド物である程度。死にかけの年寄りが医者へ行くときの晴れ着のイメージだ。
 そして、似たようなジャケットは持っている。ただペラッとしすぎて、結構暑い。ふんわりとしたタイプの方がくっつかなくていい。だから畝があるタイプが好ましい。これで浮く。風通しがいい。滅多に大汗はかかないが、汗でくっついてしまうのはペラッとした密度の高い生地のためだろう。密度の高い生地は暑い。着なければいいので、暑くなれば脱げばいい。そして喫茶店などの寒いところに入ったとき、暖が必要。だから寒暖差の上下に少しでも近付くタイプが好ましい。冷房除けには弱く、炎天下で暑苦しすぎることになるが、炎天下では脱げばいい。
 スーパーで見たタイプは胸ポケットしかないが、二つある。デジカメは無理だが、ズボンのポケットに入れた方が安定する。上着の脇ポケットだと、ぶつけることがある。脱ぐときに落としたりとか。
 梅雨明けは曖昧なので、夏仕様に切り替える時期。暑いと思っていても、喫茶店の冷房がきつく、半袖などで座っていると、後悔するはず。だからさっと袖を伸ばせる長袖がいい。これだけでも随分違う。そして襟のあるなしも。
 昨日は夏バテではないが、鰻を食べに行った。と言っても牛丼屋のうな重だ。しかし、いつものすき屋が日曜の夕食時なので満員。それで弁当屋で適当にのり弁でも持ち帰ろうと入るとうな重がある。値段はすき屋とそれほど変わらない。すき屋はうな牛がある。肉も入っていたりする。
 やはりその時間弁当屋も混んでいたが、新しくできたチェーン店なので、老舗の弁当屋よりも客が少ない。待つのが嫌で、いつもすいている方の新規の弁当屋へ行く人もいるのだろう。それなりに混んでいたが十分ほど待てばいいとか。待ち時間を教えてくれるので、好ましい。また作り置きもあるようだが、その棚は空だった。
 うな重は700円台。結構高い弁当になる。800円ほど出せばビフ重がある。しかし、柔らかい鰻を食べたい。
 それで買ってきて食べたのだが、すき屋の鰻よりも柔らかく、大きい。一匹分ある。すき屋の鰻はたまに筋があったりする。
 弁当屋のうな重、これはいけるかもしれない。
 昼間の自転車移動では日影を選んで走ることになる。夏の道があり、炎天下用のルートがある。影の道で、高速道路のようなものだ。決して速く走ってもいい道ではないが、影の道に入ると、涼しい。だから真夏の炎天下でも問題はない。ただ、高速の入り口と出口があり。高速に入るまでが暑いし、出てからも暑い。そして潮が引くように、時間により、影の幅が短くなり、自転車一台分程度の幅になる。その道は逆走する感じになるのだが、それを知っている人が結構いて、列ができていたりする。
 今年もその影の道を使う季節になった。
 

 
posted by 川崎ゆきお at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451459896
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック