2017年07月04日

トマトとキュウリ

■■ 2017年7月4日(火) 午前8時30分
 
 今朝は曇っており、ぱらっと雨があるが、見えないほど。じっと見ていると、降っていなかったりするが、次に見たときは降っていたりする。台風が来ているようで、その影響があるのかもしれない。梅雨前線は大阪を飛び越えかなり北にある。梅雨前線というのは停滞するらしい。移動性高気圧は聞いたことがあるので、普通に移動する前線とはまた違うようだ。居座ると長雨になるタイプ。それがこの時期居座り、梅雨といわれるようになったのだろうか。しかし、北上しすぎると、下の方は梅雨明けになる。前線の下より、上の方が雨は降りやすいようだ。雨というより、雨雲の流れだろうか。
 昨夜も続けて熱帯夜なので、暑くて寝にくかったので、扇風機を付けて寝た。途中で起きたとき、風が五月蠅く感じたので、切った。しかし、掛け布団はいらなかった。その前の夜よりも暑かったようだ。
 先日特価台であった七分袖のジャケット風のカッターシャツのようなものを、店内で見付け出した。これを引っ張り出して、露店のように並べていたのだ。その巣を発見した思いだ。昨日は暑かったので、少し分厚い目の生地がしんどく感じた。そして傷んでいるのか、襟がよじれていた。だから特価なのだろう。シャツ付きで、結構安い。まあ、普通のカッターシャツと似たような感じだが、ジャケット風に見える。ジャージの上だけのタイプのようなものの方が機能的にはいいのかもしれないが、細身のジャージだと密着して暑苦しく感じる。
 ジャージはジャージで、スポーツ品として売られているのだが、かなり高いものがある。全て化繊だ。
 炎天下よりも、喫茶店に入ったとき、凌ぎやすいタイプを優先させる方法がある。暑くなれば脱げばいいのだ。
 この季節、長袖はあまり売られていない。しかし、街ゆく人は長袖を着ている人がけっこいる。さらっとした長袖のカッターシャツが好ましいが、こればかりは一度着てみないと分からない。試着では分からない。まあ、カッターシャツの試着はしないだろうが。
 一番お気に入りのカッターシャツは、繊維が縮んでいるタイプで、これがくっつかないので、さっぱりとしている。どこでいつ買ったのかは忘れたが、かなり以前から持っている。そして生き残っているのは、涼しいためだ。少し化繊が入っているが。これは見た感じ涼しそうには見えないのだが、着ると涼しそうな生地のカッターシャツよりも涼しい。少しざわっとした感触が効いているのかもしれない。
 そのため、分厚そうなタイプの方が意外と涼しいという例もある。それと襟。着ると首元に冷たく感じるタイプが有り難い。意外と百均のカッターシャツがよかったりする。当然白は汚れが目立つ。まあ、首にタオルを巻けばいいのだが、これはこれで暑苦しそうだ。
 今年の夏と去年の夏とは違う。それは夏の迎え方によるのだろう。体調にもよる。しんどいときの夏と、元気なときの夏とでも違う。暑さをどう感じ、どうこたえるかは、体調にもよるのだろう。
 しかし、日差しを受けると太陽光発電ではないが、充電されるような感じになる。ここでエネルギーを溜め込むと、火力が強くなるわけでも、火の玉を発射できる弾になるわけではないが。
 冬にはない陽の気が入るようだ。
 
 昨日は朝の喫茶店から帰り道、トマトが成っている畑があるので、それを写す。ナスビもある。その畑際に直販所がある。小屋だ。売り子のおばさんが二人もいる。畑には人が出ている。このあたりの田んぼは、近所なので、知っている農家かもしれない。子供の頃からあった。知っていると言っても顔程度だ。しかし、代が変わっているのだろう。
 それで、トマトとキュウリがあったので、買うが、値段がない。値札がない。
 トマトもキュウリも三つでいくら、と言う設定で、一つだけ欲しいときは、そう言えばいいのだが、曖昧だ。トマトとキュウリを下さいというと、袋にどっさりと入れてくれた。トマトのオバサンと、キュウリのオバサンが。だから袋が二つなった。どちらが高かったのかは忘れたが都合700円払った。そんなに沢山食べられないというと、キュウリは冷蔵庫に入れればかなり持つとか。その証拠としてキュウリの先の花を示した。さっきまで畑にあったものなので、かなり持つとか。
 トマトは大きい。そして最初からひび割れ状態。さらにヒビがひどいタイプを出してきて、おまけとして二つ付けてくれた。悪いところは切って食べればいいと。
 早速傷んでいるタイプのトマト切って食べると、これが美味しい。甘くはないが、酸っぱくはない。中のズが少ない。切ったとき、ズがドバッと出るものだが、それが少ない。酸っぱくないので、いくらでも食べることができた。大玉のトマトを買っても持て余すのだが、このトマトは食べ切れた。何も付ける必要はない。そのままで美味しい。決して甘くはないが。酸っぱくなければ、食べやすい。
 そしてキュウリ。これは瓜かと思えるほど太いが。円筒形のままなので、キュウリだろう。触ると痛い。棘が付いている。半分に切ると、その断面から出るはずのズが、ここでも少ない。これを薄く輪切りにして食べるが、少し硬い。まあ、キュウリなので、そんなものだろう。これは漬物向けだ。
 しかし、このキュウリ、そのあとの昼のソーメンを湯がくとき、一緒に入れると、もの凄く柔らかくなり、食べやすくなった。ニガウリなども煮た方が美味しかったりする。柔らかくなるので食べやすい。
 トマトはそのままでもいいが、卵と一緒に焼くといい。トマトから水分が出るので、トマト汁付き卵の潰れ焼きができる。これは麻婆豆腐を作るときも、卵を入れるといい感じになる。
 卵焼きにトマトを添えればいいのだが、卵焼きの中にトマトを入れた方が卵がしつこくなくていい。
 結果的には大量のトマトを手に入れたことになるので、食べる方法方を工夫する必要がある。当然そのままでも大玉一つを食べきれるので、すぐになくなるはずだが。ただし、他のおかずを減らさないと、食べきれない。だから、トマトをおかずにご飯を食べるようなもの。昔、親戚の家に行ったとき、大きなトマトを輪切りにして、ソースをつけたものが出てきた。そのお婆さん、それを洋食だと言っていた。調理方法はない。トマトをさばいただけだ。輪切りにしただけ。
 大量のキュウリは煮れば何とかなる。これは味噌汁に入れてもいいが、最近はソーメンを湯がくので、その湯がき時間で充分柔らかくなる。冷麺にキュウリが入っているようなものだ。
 さて、次はなすびだ。これはまだ買っていないが、こういう近所の畑で取れたものは新鮮だ。それだけで美味しい。
 

 
posted by 川崎ゆきお at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック