2017年07月06日

オリンパスカメラ

■■ 2017年7月6日(木) 午前8時10分
 
 今朝は雨は降っていない。陽射しがあるが曇っている。雲が多いのだろう。雲は平べったく広い。少し灰色かかっている。雨になるのかどうかは分からないが、天気予報では晴れマークと雲。一週間予報ではずっと雲マークが続いている。曖昧。晴れるかもしれないし、雨かもしれない。曇りマークのときは判断できないと言うことだろうか。
 昨夜は熱帯夜から解放されたのだが、逆に涼しすぎた。窓を閉め、夏布団をしっかりと掛けて寝たほどなので。
 梅雨時に来た台風が余計な動きをして、気候も紛らわしくなった。台風が通過したコースと梅雨前線が延びている線とが一致している。気圧の谷添いに進んだのだろう。空気が流れやすい場所だろうか。
 風に強い高い傘を買っていたので、台風のとき、試してみようと思ったが、今回の台風は風は大したことはなかった。普段吹くビル風の方が強い。この傘、結構重いので、腕がだるくなる。傾けると力がいるので、纏のように持つことだろう。
 七分袖の上着は買わずじまい。雨の日は買うと、帰るとき濡れる。袋に入っているが、買う気がしない。中にTシャツが入っているので、二着分ある。それで特価。一セットしかないので、誰かが先に買ってなくなるかもしれない。
 
 先日落ち武者狩りで買った型落ちのオリンパスSH2だが、結構調子が良い。望遠端での最短撮影距離が40センチというのが効いており、同タイプの旅カメラだと2メートルあったりする。しかし望遠端なので、中間は結構寄れる。しかし、自然とズームしすぎて越えてしまう。40センチまで端でも寄れると安心して寄れる。この距離は足元の距離。自転車などに乗っていて、地面近くにあるものを写すとき、2メートルでは無理だ。真下近いと。
 ナスビなどが畑の中になっているが、近付けないが遠くからいい角度にいるナスビを望遠でなら抜ける。望遠マクロではなく、遠いだけだ。そして、写りも結構いい。夜景ではざらっと荒れることがあるが、逆に迫力がある。
 そういうオリンパスデジカメを見ていると、ミラーレスが気になるところだ。これで電子ファインダーが付いていると、よりしっかりと見ながら写せるのだが、液晶だけでも何とかなる。じっくり見ている時間がなかったりするためだろう。
 猫なども表情などは分からない。ピントが合った瞬間写す程度。まあ、猫の表情などは偶然が多い。猫との出合い頭の表情がいいので、すぐにシャッターを切っている。逃げられると一枚も写せなかったりするためだ。
 オリンパスのミラーレスを見ていると、昔のOM1とか2とかを思い出す。OM3か4のチタンを買った記憶がある。これが最後に買ったフィルム時代の非AF一眼レルカメラだ。28ミリに明るいレンズを中古で買ってきて、それだけで写しいていたのだが、あまり使わないまま終わっていた。やはり中古で安くなっていたOM1や2を使っていた時期の方が長い。
 一番多い組み合わせは35から70の標準ズーム。このズームレンズが非常に小さい。どんどん小さく軽くなってきていた。50ミリの明るいレンズが中古でもボディーに付いたまま売られていたので、単焦点レンズは珍しいものではなかった。
 その他、中古で見付けた100ミリf2.8のレンズも使っていたが、それよりも70から150ミリほどの中望遠ズームが欲しかった。100ミリレンズは結構小さく明るいので、150ミリとの違いはあまりない。携帯性では100ミリだろう。
 当時の望遠ズームは75から200ミリほどまで。まだ28から200ミリが出ていなかった時代だ。タムロン当たりから出るのだが。
 オリンパスデジタル一眼は、かなり前に買っている。既にマウトが違う。ミラーレスではなく、ミラーはあるが、横へ逃がすタイプで、昔のオリンパスペンFと同じ仕掛け。しかし倍以上大きく重かった。
 これに最初から付いていた大きい目の標準ズームと、シグマの80ミリあたりから200ミリを組み合わせていた。やはり大きく重いので、持ち出す機会は少なかった。25から400ミリあたりまでのコンパクトデジカメが出ていたので、そちらを買って、一眼レフは終わった。今で言えば、ネオ一眼のようなものだ。
 ミラーレスブームを作ったオリンパスペンのような小さなタイプが出たのはそのあとだ。
 しばらくして、オリンパスペン風のファインダーのないミラーレスが何台も出たあとに、特価品があったので、それを買っている。コンパクトデジカメよりも安いという逆転劇があった。2万円代だったと思う、ペンの普及タイプで、しかも型落ちで、たたき売り状態。
 これも長く使わなかったのは、望遠ではペンタックスの1万円台の旅カメラの方が明快に写っていたためだろう。今もこの当時のオリンパスの望遠ズームレンズはあるが、一年ほど前に使ったときは、レンズが曇っており、ソフトフォーカスレンズになっていた。そしてこのレンズ、今も同じ形とスペックで売られている。
 しかし、この望遠ズーム、非常に小さく軽い。ハーフサイズのためだろう。オリンパスはボディー内手ぶれ補正なので、その分軽く小さいのかもしれない。兄弟筋のパナソニックに比べ。
 それらのことを今はSH2でほぼできてしまい、ポケットに入ってしまうのだから、日常写しでは軽快だ。
 店頭で並んでいるオリンパスのミラーレスで、電子ファインダーのあるOMのようなカメラも気になるが、あれは実用機と言うより、カメラを嗜むものだろう。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック