2017年07月07日

キンドル端末

■■ 2017年7月7日(金) 午前8時19分
 
 今朝は曇り。気温は低い目。寒いと言うほどではないが、爽やかでもない。梅雨時でもさらっとした日がある。湿気が高すぎるとき、それが少しでも減ればそう感じるのかもしれない。当然体調にもよる。また元気さにもよる。これは精神的なことだろう。気持ちが。
 しかし体調と気持ちと天候は連動している。天の動きと運は連動しないが、空の天ではなく、世の中という天下とは連動している。この場合、天ではなく、下なので、下界のこと。
 今朝は曇っているので雨が降るかもしれないが、傘を持ち出すのを忘れた。いつもは自転車に突き刺したままだが、それでは傷むので、晴れた日は抜いている。雨傘は結構日焼けする。風にも強い1400円もした高い傘なので、大事に使うことにした。
 梅雨時のひんやりといた朝なので、寝起きに行く喫茶店が寒い。上のジャケットを羽織ってこなかったのが失敗だ。
 それで昨日、少し分厚い目のシャツのようなジャケットを買いに行くが、売り切れていた。心配した通りだ。その前日、雨で、雨の日は買う気が起きなかったので、パスしたのが、いけなかったようだ。誰かが先に買ってしまったのだ。
 同じようなのが特価品として並んでいるのだが、狙っていたその一着だけが消えていた。同じ狙いの人がいたのだろう。七分袖のジャケット風だ。そしてTシャツ込みで。
 同タイプのものは見当たらないので、次点品もない。それらは長袖のカッターシャツとどう違うのかと思えるほど似たようなのだが、ズボンの下に入れなくても良いタイプだ。ここだけが違う。
 その近くに普通の長袖のカッターシャツが並んでいるが、ネルシャツ系ではなく、化繊タイプのさらっとしたものだ。少し分厚い加工がなされている。それでもいいのだが。
 いつも朝の喫茶店に来ている中年前の青年はカッターシャツの上にミリタリージャンパー風なものを着ている。かなり薄いが、毎朝見ているが、いつもその服装だ。下のカッターシャツは変えているかもしれないが、そこまで見ていない。
 昼頃行く喫茶店でパソコンを開けている老人もジャケットを着ている。こちらも軽いタイプで、カーデガンと変わらなかったりするが。だから、半袖か長袖かの話ではなく、その上にさらにもう一枚何かを羽織るかどうかレベルだ。要するに喫茶店の冷房がきついので、冷えるという話だろう。
 今朝のように日差しのない夏の日は、着込んでいても暑くはない。30度近くまで気温が上がる日差しの強いときは別だが、そのときは脱げばいいのだ。
 または非常に分厚いカッターシャツを着るのもいい。
 
 アマゾンキンドルの端末機が動かなくなった。一度雨で濡らして、動かなくなったが、その後、乾燥したのか、動くようになったが、非常に長い電書を読んでいると、ページめくりがおかしくなる。単行本よりも分厚い本だ。これは青空文庫の本を何冊も纏めて一冊にしたもので、100円ぐらいで売っている。
 それで今回はそれではなく、一作一作をダウンロードして読んでいたのだが、もう寿命かもしれない。雨でやられてからおかしくなったので、そのとき、もうだめだったのだろう。
 しかし、キンドル専用機を持ち出さなくても、鞄の中にノートパソコンが入っていたりする。いつもはノートを閉じて、キンドル端末を取り出して読んでいた。キンドル端末は200グラムほどある。ノートパソコンで読めば鞄が軽くなる。しかし、読みやすさでは専用端末だ。
 キンドル端末は値引きがあったりすると1万円ほど。さて、どうするかと迷っている。
 近所のエディオンにもキンドル端末が売られている。その値段を確認してから決めるのがいい。アマゾンで買ってもいいが、宅配が面倒だ。それに段ボールばかり増える。
 アマゾンで買うと安いのは、クーポンが使えることだろう。リアル店で同じ値段で出ていれば問題はないが。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック