2017年07月15日

■■ 2017年07月15日 土曜 8時21分
 
 今朝は朝から暑い。晴れて日差しがあるためだろう。寝起き行く喫茶店までの道中も、暑くて何ともならない。日陰が必要だ。この暑さは去年の夏とは違うほど暑い。朝はそれほど暑くなかったのだ。
 だから、朝から暑いとなる。朝はそれなりに涼しく、過ごしやすかったのだが、今年はそうはいかないようだ。空梅雨と関係しているのかもしれない。
 朝から暑いので、喫茶店の冷房も気にならなくなった。冷房の温度は同じでも、外気との関係だろう。この外気とはすきま風とかではなく、空気だ。空気は外から来る。密室にして、完全に密封すれば窒息だろう。だから空気を入れる。それが外気だ。外の空気。この質が違うのだろうか。空気の質と言えば、水分の含有率程度しか分からない。所謂湿気。梅雨時冷房が寒く感じるのは、水分が多いためかもしれない。
 昼間も暑くて何ともならないが、エネルギーを吸収するようで、これが陽の気だ。元気が入ってくるような。充電されるような感じになる。夏場は血管が太くなる。それと関係しているのかもしれない。暖められると言うよりも暑いのだが。
 それで、冬よりも夏の方が元気で過ごせる。しかし疲労度は冬の比ではない。元気だが夏の方が疲れる。体力を消耗するので、身体が身構えるため、元気になるのかもしれない。
 夏は疲れやすいので、鞄を軽くする。冬場なら体力を使うほど暖かくなるので、ちょうどいいが、夏はそうはいかない。鞄が重い分、体力を使うのだろう。それで余計に暑苦しくなる。
 夏場、日に焼けると、冬場、風邪を引かないというが、いつ頃言い出したのだろう。平安時代などの古典に出てくれば、分かりやすいが、あまり聞かないが、昔の歌を知っているわけではない。ただ、そういった昔の歌人のフレーズは、たとえ話とか、言い方などで、使われるものだ。そちらは耳にする機会が多少ある。それがことわざとならなくても。
 夏場元気で、外で真っ黒になるほど遊び倒すと、夏の終わり頃、夏ばてが来る。秋になる手前に夏の疲れがどっと出たりしそうだ。
 しかし、元気な子は炎天下でも外で遊んでいる。そして冬場風邪を引かないのではなく、暑いときでも元気な子供なので、風邪も引かないのだろう。元々抵抗力が強いのだろう。だから暑さにも平気だったりする。弱い子は夏場日焼けして、冬場風邪を引かないようにしようとしても、暑気あたりしたり、夏風邪を引いてしまいそうだ。
 昨夜は暑いので、窓を大きく開ける。カーテンも開ける。そのおかげで扇風機はいらなかった。扇風機は寝る前にはいるが、途中ですぐに寒くなってきて止める。だから寝ているときは必要ないのだが、寝る前が暑苦しい。
 昨日は粉ふきいもを作る。ジャガイモを皮のまま少し切って湯がいたあと、網に移し、湯切りし、少し冷めた頃に皮を剥いて、塩を振りかけ、鍋ごと振る。これで粉が吹くかどうかは分からないが、多少はつぶれる。塩を振らないで、そのまま潰せばポテトサラダになる。そのときは塩ではなく、マヨネーズだろう。ポテトサラダはタマネギや卵なども必要。面倒なので、ジャガイモだけの粉ふきいもにする。マヨネーズで和えると腐りやすい。この粉ふきいもを皿に移し、一品とする。全部食べら切れないので、何度か使える。中ぐらいのジャガイモ二つ分ぐらい。大きいのなら一つでいい。ある程度切ってから入れる。
 この粉ふきいも、小学校六年の時に家庭科の授業で作った。それと目玉焼きとご飯も。家庭科の先生ではなく、いつもの担任の男の先生。慣れていない。家庭科の授業で最初に作ったのが、それだ。それは一回だけ。これをよく覚えている。白いエプロンとか前掛けや、ふけが落ちないように帽子、などはなし。普段着で作っていた。みんな手を洗ってから作ったのかどうかは分からない。そんな指導はなかった。
 夏は暑いので食べる気がしないときがあるが、腹は減っている。少し工夫すれば、食べやすくなる。酢の物にするとか、あっさりとしたものを作るとかだ。単品もの、小皿ものが好ましかったりする。
 

posted by 川崎ゆきお at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック