2017年07月24日

パナソニックLX100

■■ 2017年07月24日 月曜 9時09分
 
 今朝は曇っており、風がある。そのためか、それほど暑くはない。日差しがないためだろうか。昨夜は扇風機を付けて寝ようとしていたのだが、妙に涼しい。それで、付けないで寝たが、問題はなかった。寝入りばな、暑苦しくならなかった。これは秋かと思うほど。日々暑くなるはずだと思っていたのだが、違っていた。涼しい目だと、秋へ向かうことになる。夏休みに入ったばかりなので、夏はこれからだが、それは夏休みがこれからで、夏の勢いはピークを過ぎたのかもしれない。これは一日だけの判断では何ともいえないが。
 暑中見舞いが残暑見舞いになる時期は結構早かったりする。本当は夏真っ盛りで一番暑いときでも、それを残暑と言えば、少しは我慢できるためだろうか。
 今朝は寝過ごした。早い目に目を覚ましたのだが、思ったより長く寝てしまった。早い目に起きた場合、まだ早いと思い、また寝ようとしても、眠れないことがある。だから、寝過ごした方がいいのかもしれないが、起きたとき、寝起きが悪かった。夏の終わりがけのように、夏の疲れがどっと出るような重さだ。それなりに暑い日が続いていたので、暑さ疲れもあったのだろう。こういうのは涼しくなったときに出やすい。
 連日暑かったので、日常移動だけでも十分暑気が入る。夏はこれといったことはなくても、暑いというイベントが入る。
 
 最近急に思い出したカメラがある。パナソニックのコンパクトカメラだが、受光素子は同社のミラーレスと同じ大きさ。1インチとどう違うのかとなるのだが、まあ、似たようなものだが。
 そのカメラ、レンズが明るい。24ミリから70ミリしかないが、何処か1インチタイプの高級機のようなズーム比だ。24ミリでF1.7と明るく、さらに70ミリでもF2.8だったと思う。だから50ミリあたりでもF2はあるだろう。レンズ一体型のコンパクト系のためか、広角端での最短撮影距離は3センチ。これはレンズ交換式のミラーレスでは難しいだろう。短くても20センチほどだ。レンズ交換式のミラーレスは画質はいいかもしれないが、それほど寄れない。これは損ではないか。スペックダウンと見ていい。ここは黙っている箇所だ。コンパクト系の最短撮影距離が極端に短いためだ。
 ハーフサイズの受光素子で、3センチまで寄れ、しかもF1.7の深度だと、ものすごくぼけるはず。
 それよりも、ファインダーがいい。カメラは小さいのだが、電子ファインダーの解像力が高い。そのため、大きくなるので、よく見える。
 このカメラは製造を終えたらしいが、その前から値段は下がっていた。人気がないのだろう。1インチコンパクトに押されたためだろう。そちらはポケットに入るが、パナソニックのそれはポケットは無理だ。400グラム近くあるし、ごつごつしている。
 撮影モードのダイヤルはなく、シャッターダイヤルがその位置にある。4000分の一秒が誇らしい。レンズ側に絞り輪がある。どちらもAに合わせれば、プログラムモードになるという仕掛けだ。
 これに類する競合商品はない。独走しすぎたのか、売れなかったのだろう。似たようなものがニコンの1インチタイプにあったが、発売されないまま終わっている。採算が合わないためだろか。地震で、部品が切れて、途中で止まってしまったらしい。しかし、そちらは1インチだ。
 このパナソニックの高級機、需要としては一眼レフに標準ズームだけを付けて写すよりも軽くて小さいと言うことだろう。キットレンズの一番安い標準ズームよりも。そして明るさが違うし、最短撮影距離でも広角端は有利。
 レンズ交換式の一眼レフ系のダブルズームキットよりも得な感じだ。
 パナソニックのコンパクト系では、このカメラが最高峰で、これ以上いいのはない。まあ、写りがどうのよりも、カメラの雰囲気がいい。
 こういうカメラなら、しっかりと写してみたい気になる。
posted by 川崎ゆきお at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック