2017年07月27日

中古カメラ巡り

■■ 2017年07月27日 木曜 8時23分
 
 今朝は曇っているが、それほど暑くはない。風があるためだろうか。
 今日は雨でも降りそうな感じだが、天気予報では晴れか曇り。回復するようだ。だから晴れの日が普通と言うことになる。雨が降っている日は特別な日ではないだろうが、少ないのだろう。たまに降る程度で、これを天気が悪いとなる。雲は出ていてもいいが、あまり多く出ると、日を遮る。しかし雲一つない快晴というのもまた珍しい。雨が降る日より確率は低い。滅多にない。
 昨夜は扇風機を消して寝た。起きているときは付けていたのだが、寝る前に消した。それほど暑くないためだ。しかし、寝かかったとき、寝苦しくなり、また付けることがあるが、昨夜はうまくいった。風があったためだろう。いい風が入ってきていた。逆に途中で寒くなり、掛け布団を掴んだ。気温は26度以上あり、熱帯夜なのだが、それほど暑苦しくなかった。起きたときもそうだ。いつもなら、その時間結構暑く、扇風機が必要なほど。夏の勢いが弱まっているのだろうか。
 昨日は夕方、自転車散歩に出掛ける。この時間でも暑くて、外に出るのは大変なのだが、昨日はそんなことはなかった。日差しは十分あるのだが、影が長く伸びてきているので、日陰が多いので、楽だ。
 全て日陰の道というのはないが、街路樹や、人の家の庭木や、少し高い目の建物がたまにあるので、それが日陰になる。いつもの喫茶店までの道だと、日陰のある道筋を知っているのだが、昨日は別方面へ向かったので、それがない。
 特に行くところがないので、池尻村の北にある中古屋へ向かう。そこまでの道は旧村道で、あぜ道よりはまし程度の広さしかないが、村と村とを結ぶ最短距離になる。それだけに旧道ほど斜めに走っていたりする。それと新道とが交差するところは鋭利なY字路ができていたりする。
 まず最初の村である昆陽村を通過し、次は池尻村へとその村道が続いているのだが、実はもっと長距離の有馬道。
 久しぶりに寄った中古屋だが、カメラ類は、ほぼ前のままで、全て売れ残っているという感じ。オリンパスの昔のマウントのデジタル一眼レフがあるが、バッテリーが苦しくなっているはずだし、カードが古いタイプかもしれない。このあたりは1万円台だ。
 目新しいところではキャノンの1インチコンパクト機がいい場所に飾られていた。これが目玉だろうが4万円もする。中古価格とは思えない。その横にパナソニックの最高級コンパクトLX3が出ていたが、それが1万円台。受光素子が大きなキャノンの方が小さい。
 見所は、この二機種だが、こちらが来ていない間に展示され、さっと売れた機種もあるかもしれない。
 この中古屋のすぐ横はイオンモール。池尻村と西野村の境目あたりだ。川があり橋があるところ。
 それで、中古屋の裏側から池尻村の中央部を抜ける。そのまま南下するとまた昆陽に戻るのだが、昆陽の中古屋にいい角度に入れるよう、道を選ぶ。その道も村道。結局伊丹のこのあたりは旧村道を通る方が抜けがいい。狭いので車も滅多に入ってこない。
 昆陽の中古屋はこの前行ったところなので、品は同じ。気になるのはニコンの旅カメラで三世代ほど前の機種。そのため、非常に小さい。この頃のニコン旅カメラは小さかったのだ。このカメラを使い、町中を撮影した写真家が個展を開いていたのを思い出す。町中では、このサイズの目立ちにくいカメラで、さっさと写せるのでいいのだろう。一応旅カメラなので700ミリまで望遠が効く。町中では遠くからでないと写せない場所が多い。
 また、町写しのベテランは一眼レフも持っているらしいが、メインは結構古い富士の旅カメラとか。これも小さく軽いが望遠は弱い。ただ操作性はいい。この後継機はない。
 昨日持ち出したカメラはオリンパスの高級機。28から300でレンズが通しでF2.8という凄いスペック。さらに電子ファイダーの解像力も高い。小さなOMという感じのデザインだ。300ミリまでなので、小鳥はしんどいが、デジタルズームで600ミリまでいけるので、何とかなる。画質の劣化は分からないレベル。こういういいカメラをオリンパスは出していたのだが、後継機はない。ミラーレスのOM系より、パフォーマンスは高い。300ミリでF2.8が使えるのだから。オリンパスのミラーレスを買いにくいのは、このカメラがあるためだ。ミラーレスの方が不便なのだ。
 それで、農家や田園風景などを写すが、その田んぼに巨大な高層マンションが建っている。ここは交通の便がよくない。バス程度だろう。車が必要だが、高層マンション分の駐車スペースはないはず。ただ、近くに尼宝線が走っているので、阪神バスも走っている。最寄り駅は阪急武庫之荘か伊丹。または宝塚へ出た方が早いかもしれない。いずれも徒歩では無理な距離。歩けないわけではないが毎日では無理。だから自転車で駅前へ出るのだろう。そのため、駅前に自転車が多い。
 まあ、元々村人しか住んでいなかった場所で、通勤のように、遠く離れた場所まで毎日出掛けることはなかったのだろう。
 一戸建ての普通の家も多くなっている。こちらだとマイカーが使える。だから、高層マンションは長屋レベルになるようだ。
 昆陽の中古屋を出たところで、夕食の時間になっていた。日はまだあるが、何か食べて帰った方がいいのだが、その近くのイズミヤでカレー弁当を買った。普通のハンバーグ弁当だが、白いご飯の上に少しだけカレーがかかっている。ハンバーグの他にトンカツとチキンカツの小さなのが入っていた。食堂で食べるよりも安い。まだ時間的に早いので20円引き程度だったが。
 
 
【関連する記事】
posted by 川崎ゆきお at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック