2017年08月03日

夕方散歩

■■ 2017年08月03日 木曜 8時31分
 
 今朝は晴れているが、風が強い。今朝の雲はいつもとは違い、鱗雲の大きいようなのがばらけて浮かんでいる。風が強いためちぎれたのだろうか。空の青が今朝は映えている。そのため、空も地上も明るい。風があるので、空気が澄むのだろうか。台風が来ているようだが、その影響かもしれない。
 毎日暑い日が続いているので、寝るときはその暑さ疲れか、すぐに眠れる。
 昨日も夕方の自転車散歩に出たが、戻ってくるとき、既に暗くなっていた。日が落ちるのが早くなったのかもしれない。そのおかげで夕方も早くなるので、散歩に出やすい。夕方でも日がまだ高いと、これは夕ではない。時間的には夕方で、早い目だとここで夕食を食べてもいい頃。実際には暑くて食欲がないので、夕ご飯ではなく、晩ご飯になる。これは夜ご飯ではない。夜食になるからだ。しかし、夕食は早く食べた方がいいらしいが、それでは寝る前に腹が減り、何か食べると逆効果だ。早く食べると、寝るとき、胃が空になってちょうどいいらしい。起きているときに胃を動かす。
 夕方の散歩は近所の散歩だが、尼崎方面に出た方が色々とある。大きな町が多いためだ。線路も多いので、駅も多く、繁華街も多い。伊丹は住宅地ばかりで、村があるだけの土地が広い。駅の効果が大きい。幹線道路沿いは賑わっているが、これは郊外型なので、車で来る人が多い。
 阪急武庫之荘駅前にあった喫茶店が消えている。沙羅の木だった。これは二十歳前から毎日行っていたように思う。だから武庫之荘までの同順は決まっていた。初期の漫画などのアイデアはここで作っていた。横にあった本屋もない。喫茶店の横にあったフランス料理店もない。当時は喫茶店前の歩道に自転車を止めていたが、今はそんなことは御法度のようだ。
 近所の喫茶店ではなく、わざわざ遠い武庫之荘までどうして毎日通っていたのだろう。これは朝の散歩だったのかもしれない。沿道が良かったのだろう。そして地元ではないのがいい。しかし、武庫之荘には他に用事は何もない。本屋と喫茶店だけ。
 さらに昔になると、物心が付いた頃、親の自転車に乗せられて、武庫之荘まで何度か来たことがある。親の自転車散歩コースだったのだろう。武庫之荘が目的ではなく、引き返す地点だったようだ。駅の柵の中に入ると、草むらがある。そこで遊んでいたのを思い出す。桜の木が一杯あるところだ。当然今はそんなことはできない。田んぼの中にぽつんとあるような駅だったが、北側は屋敷町になっていた。ちょっとした店屋もあったが、大したことはない。
 武庫之荘駅の踏切に中山道踏切がある。遙か彼方に中山さんという大きな寺がある。そこへお参りに行くときの道のようだが、その道、村と村を結んでおり、それに乗ると、伊丹へ戻ることができる。ただの村道だが、村内の道ではなく、村と村を結ぶ道。
 こういう道は発見するよりも、いつの間にかその道を通っていることになる。抜けがいいし、長く伸びているので。そして狭いので車が少ないので、自転車向けなのだ。
 また、そういう村道。結構古いので、踏切がある。線路を渡りやすいのだ。昔からある道なので、線路で切られないように。逆に新道は線路にぶつかり、渡れなかったりする。
 夕方になると、少し涼しくなる。長距離自転車散歩は無理だが、近場をウロウロしやすくなった。昼間は流石に暑いので、何ともならないが。
 
【関連する記事】
posted by 川崎ゆきお at 10:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。