2017年08月08日

台風

■■ 2017年8月8日(火) 午前8時30分
 
 今朝は台風は去ったが、それほど空の抜けがよくなく、黒い雲がかかっている。まだ荒れているようだ。しかし気温は低い目で、凌ぎやすい。
 今回の台風は結構近くを横切ったのだが、右側を通過している。これが左側だときつかっただろう。
 それで暴風圏に入っても、それほどきつい風が吹いていないので、いつも通り喫茶店などに行っていた。台風そのものの風よりもビル風となって吹く風の方が厳しい。台風の突風は突然ではなく、その前に少し分かるので、傘を構えられるが、ビル風はいきなり来る。
 ビル風以外には抜けのいい通りなどに出たときに、まるで川が前にあるように、強い風が流れ、このときは傘がやられそうになるが、風に強い高い傘なので、松茸にはならないし、骨も曲がらない。しかし腕の骨が折れそうなほど力がいる。松茸になればそこで力が抜け、腕や手は楽になるが、なかなか腰の強い傘で、頑張っていた。傘の布と骨の先にかけて、少しだけゆとりがある。張りに余裕があるのだろう。
 しかし、手首や指が痛い。そこでコンビニで合羽の上下を買う。それぞれ500円までで、千円を切っている。上だけのレインコートタイプもその値段。これを着るが、暑くて仕方がない。それなら濡れている方がましだ。
 まあ、冬場だと防寒になるというか、ビニール袋を着ているようなものなので、蒸れて暖かいかもしれないが、皮膚呼吸が困難になったりしそうだ。
 ここはレインコートにして、ズボンは濡れてもいいということにした方がいい。夏場のズボンはスカスカで、すぐに乾く。500円までのコンビニレインコート。これは悪くない。その値段、ビニール傘に近い。
 流石に台風で、夕方前に入る喫茶店のあるモールの自転車置き場はがら空き。ここは特に自転車置き場というのがないのだが、風を警戒して、一箇所に集まっている。壁際とかに。その数も非常に少ない。
 次回、風が強くて雨が降っているときは、コンビニの上だけのレインコートタイプを羽織ることにした。頭は普通の帽子でいい。ズボンは無視。当然傘も持っていく。風が強くて傘がきついとき、傘を閉じればいい。そのとき濡れるので、レインコートが役立つ。
 その台風で、涼しくなっているのに気付かなかったようだ。真夏の熱帯夜のスタイルでいると寒くなってきた。
 今朝も気温は低い目なので、あの南からの暖かい空気が弱まったのだろうか。これで空気が入れ替わればいいのだが、夏はまだ残っている。お盆までは暑いだろう。しかし、湿気さえなければ、何とかなる。
 台風が来ている、または最中なのに、喫茶店へ行く。そこに来ている常連客は激減する。来ているのは精鋭部隊だ。
 
 さて、真夏のカメラ買いだが、台風で中断。郊外型の中古屋巡りができなかった。
 先日エディオンで見たソニーのα7kが気になるところだが、これは10万円を切っているためだ。フルサイズデジカメだ。35ミリフィルム換算しなくても、そのままの画角になる。ネットで調べると、値段が落ちたようだ。ソニーストアの価格が落ちると、家電店での値段も落ちるというか、メーカーが値を下げたのだろう。
 7kのkはキットということで、キットレンズの標準ズーム付き。フルサイズ対応のレンズだ。当然だろう。
 この値段、下手な一眼レフダブルズームキットや中級機を買うより、受光素子がフルサイズということで、もの凄くお得なカメラだ。レンズ付きで800グラムないはず。α6000系に比べればレンズもボディーも少し重いが、一般的な一眼レフデジカメのレンズ付きとほぼ同じ。しかし、このタイプのレンズは高いし、高級レンズになり、しかも本数は少ないので、レンズ選択が大変だろう。だから、最初から付いている標準ズームから動けないはず。
 その解説をネット上で読むと、フルサイズの威力について触れられているが、一般的な風景では違いは見出しにくいが、条件の悪いところでは、違いが出るとなっている程度。では大したことはないのだ。その一般的な風景とは、昼間の明るい場所だろう。確かにそういうのを撮したとき、受光素子の違いなど見出す方が難しいほど。むしろコンパクト系の方が切れがよく、ピントも深いので、鮮明に見えたりする。
 昨日は台風だったので、ポケットにオリンパスの安い旅カメラを入れていた。結局活躍するのは、このタイプなのだ。防水性はなくても、本人も濡れるだろうから傘ぐらい差して撮すだろう。
 だからあまり凝ったカメラや、張り切ったカメラは逆に取り出しにくかったり、撮しにくかったりする。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 11:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。