2017年08月25日

都はるみの続き

■■ 2017年8月25日 金曜日 午前8時35分
 
 今朝は曇っているが、蒸し暑い。昨日はこの夏の最高気温が出た町もあるようだ。全国で最高ではなく、その場所での最高。夏の後半、終わりがけに出るのだから、不思議だ。
 昨日は文句なしの熱帯夜。寝る前から暑苦しく、寝付けなかった。気温をあとで調べると28度が続いている。朝に近くなると29度となり、起きたときは30度。流石に真夜中は28度あたりで止まっているが、これは室温ではなく、伊丹空港の気温。これはデーター化されているので、過去の気温も見られる。一時間置きの記録だ。昨日の昼間の瞬間最高気温もあり、35度越えの猛暑だったことが分かる。意外と遅い時間帯に出ている。どちらかというと夕方に近い。
 日は確実に長くなっており、一日が短く感じられる。暗くなるのが早いのだ。朝は寝ているので、分からないが。
 今朝は今にも雨が降りそうな雲行きで、外が暗い。降るまでは蒸し暑いだろう。降れば涼しくなればいいのだが。
 それと毎年高校野球の決勝戦が終わると涼しくなるのだが、今年は一番暑かったりする。北の方の秋を運ぶ冷たい空気と、南の方の夏の空気がぶつかるところに前線ができる。水平にできると、分かりやすい。だからせめぎ合いをしており、まだ南の気温高いので、そこから流れてくる空気が勝っているのか、蒸し暑い。
 北からも結構冷たい空気が流れ込んでいるのだろうが、地上での気温はそうならない。ただ、これは大阪方面の話だ。
 昨日は夕方、出掛けていたので、自転車散歩はなかったが、その移動が散歩のようなもの。しかし、その前の日と同じで暑苦しい夕方だった。日が落ちてからも涼しくならないので、何ともならない。
 戻り道、いなり寿司を買う。食べやすいのだが、少し甘い。巻き寿司でもよかったのだが、意外とバッテラが安い。これは酸っぱいので、今の季節だ。しかし腐りやすい。サバなので、虹が架かる。結構油っぽい。それで七色の光を放ったりする。
 暑いときは冷や奴とトマトが食べやすい。よく冷やした温泉卵もいいだろう。
 朝の喫茶店からの戻り道大回り自転車散歩はやっているが、これも結構暑い。早朝ではないためだろう。これだけで戻ってくるとバテてしまったりする。涼しい場所もあるので、何とか行ける。曇っている日は問題なし。蒸し暑いが夕方ほどではない。
 その後も都はるみの映像をネットで探してみているのだが、先日久しぶりに見た映像が三十半ばでのラストコンサート。それで、こんな綺麗な人だったのかと思ったので、この印象が意外だったので、もっと昔を見ると、見慣れた都はるみが出てきた。髪型もショートが多い。そして結構洋服を着ている。
 つまり、歌謡番組が多かった時代なので、茶の間で始終見かける人だった。NHKの歌謡コンサートの一回目の映像もあり、堺正章が司会している。そこに都はるみが初っぱなに出ている。
 また、かしまし娘と一緒に出ている映像もある。花江さんだろうか。一男下の出っ歯の人だ。歌江が長女だったと思う。花江と歌江の名前が違っているかもしれないが、一緒に歌っている。
 ラストコンサートのときに近い髪型は、テレビではあまりない。演歌歌手によくあるアップにし、頭を高くしたタイプではなく、結構洋式。垂らしている髪はパーマがかかっている。
 二十周年リサイタルのようなものもあり、これはほぼ引退コンサートと重なるのだが、舞台は、あの蜷川が演出している。椿の花などが最初から舞台に落ちていたりする。そして北島三郎並みの雪が舞う。しかも風が結構強い。これは一部の終わりに歌う北の宿から。しかし、二部の初めはあるが、途中で切れている。舞台は常に暗く、殆どスポット。だから暗闇の中で歌っているようなものだが、MIYAKOHARUMIと書かれたネオンだけが上の方に灯っている。
 要するに三十過ぎから綺麗になったということだろう。
 その後、復帰し、そのコンサートの映像もあるが、少しぽっちゃりしている。四十前後のはず。そこから先は、今の都はるみとなるのだが、五十周年コンサートが最後かもしれない。六十半ばだろう。しかし、その動きは派手で、じっとしていない。舞台狭いと走り回りながら歌っている。これが結構楽しい。もう何をしてもいい大物なのだから。
 最近に近い映像では、これも復帰した森昌子と一緒に好きになった人を歌うのだが、都はるみの動きに森昌子が付いてこられない。
 そう言う最近に近い都はるみを見ていると、やはりラストコンサートの頃が華だ。
 ジュディーオング、藤圭子と並んで歌っているいる都はるみの絵もある。その両端に立つ男性歌手が凄い。三橋美智也と村田英雄だ。
 こうしてネット上で探していると、いずれもすぎさってしまった昔の儚げな夢。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 11:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。