2017年08月26日

涼しい

■■ 2017年8月26日 土曜日 午前9時24分
 
 今朝は涼しい。この言葉が出るのは久しぶり。急激に涼しくなったのだが、その秘密は雨。朝方降っていたのか、降っていたことを知らなかったが、その明け方近く寒くなったのは覚えている。実に5度ほどガクンと落ちたようだ。熱帯夜で28度か9度あったのだが25度を切るどころか23度や4度まで落ちている。もの凄く急激だ。
 雨が降っているとき、気温が下がることは多いが、そのあと、また暑くなる。しかし、今回はそれほど上がってこない。
 その涼しさのためか、扇風機を回しっぱなしでいつものように寝ていたので23度は厳しい。それで、一瞬目が覚めたのだが、そのまま寝てしまった。蒲団を被って。そのあとゆっくり寝ようとしたのがいけなかったのか、かなり寝過ごした。一度目を覚ましたとき、そのときが起きる時間だったようだが、時計を見ないでまた寝た。これは確信犯で、好きなだけ寝ようという意志が何処かにあったのだろう。時間を気にせず。
 喫茶店までの道も涼しい。陽射しが少し出ていたが、影に入る必要がないほど。腕に手を当てるとさらっとしている。いつもはねばっとしており、滑らない。これは上空での冷たい空気と暖かい空気のせめぎ合いで、冷たい方が勝ったのだろうか。空気が入れ替わった感じ。
 これがおそらく平年並の、夏の終わりがけの気候ではないかと思える。最近、真夏よりも暑かった。気温ではなく、湿気が強くて蒸し暑かったのだろう。気温よりも湿気だ。これが抜ければ、カラッとした暑さで、何とかなる。
 さて、これは半日で終わってしまうか、その後も続くのかは分からないが、これが本道であってほしいものだ。
 昨日は今日に比べ、暑苦しかったので、夕方の自転車散歩に出る気分ではなかったが、スーパーへ夕食を買いに行く。さっぱりと、あっさりとしたものが食べたいので、ポテトサラダと薄いハムを買う。四袋ほどテープで留めたあれだ。食べる分だけ開封できるので、これがいい。それにこれは生で食べられるので、簡単だ。ただ、封を切るとき、上手く剥がれないことがあるが。そして皿がいらない。
 ホウレン草が150円になっていたので買う。飛騨ホウレン草だ。野菜が高いとき、量を減らすことがよくあるが、そこまで確かめていない。それと安いキノコがあったので、それも買う。それとトマト。これは近郊物となっている。それほど高くはないが、小さい。大きなトマトは半分以上余る。一口か二口でいいので、保存する必要がある。トマトは冷蔵庫に入れない方が美味しい。
 しかし、その前に買った直販所のヒビの入った大きなトマトが最高で、これが一番美味しかった。既に熟れており、真っ赤で、触ると柔らかかった。そのトマト畑は、もう終わっているので、次は来年だろうか。夏の一週間か二週間ほどで消えてしまうトマトの直販だ。なすび畑も消えていたのだが、また植えたのだろうか。復活している。秋なすがあるのだから、まだ季節内だ。
 涼しくなり出すと、夏の疲れがこの時期出るらしい。しかし、出掛けやすくなる。暑くて暑くて出る気にはなれなった頃から比べると、いい感じだ。そのいい季候というのは年間を通じそれほどなかったりする。冬場は寒くてアウト。夏場は暑くてアウト。その途中の季節が、いい季候になるのだろう。
 
posted by 川崎ゆきお at 10:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。