2017年08月27日

秋の気配

■■ 2017年8月27日 日曜日 午前8時10分
 
 今朝は涼しい。二日連続なので、このまま涼しくなっていくような気がするが、果たしてどうだろう。
 最低気温が22度台になっている。この前まで27度はあった。夜中から朝方にかけての一番気温が下がる頃だ。その差が5度ある。夕方も涼しく、夜も涼しいので、寝るときは扇風機は必要ではなくなった。今度は窓を閉めるかどうかの段階になる。これは一気に来た感じで、体が付いてこないのか、妙にしんどい。寝冷えしたのかもしれない。
 夕方の自転車散歩に出やすい温度だが、元気がなく、昨日はスーパーへ行っただけ。と言うより、日が暮れるのが早いので、出ると既に夕暮れだった。日が沈んでいた。
 夜の徒歩散歩には出たが、これは涼しいので、汗ばむこともなく、爽やか。花火大会をやっているのか、音だけが聞こえる。近所だが、建物が多くなり、見えない。盆踊りも終わり、花火大会も終わると、もう夏は終わり。しかし、まだ八月だ。だから、八月は秋がかかっているので、七月のように目一杯暑くはない。
 この涼しさ、何処まで続くのかは分からない。九月に入ってからもの凄く暑い日もあった。
 今朝は晴れており、まるで秋の空。この涼しさを夏の間待っていたのだが、急に涼しくなり、身体がだるい。暑さ疲れがこの頃出るのか、ただの気温の変化についていけないのかは分からない。この涼しさを待っていたのだから、過ごしやすくなり、いい感じではある。
 九月に入ると、年越しまでは四ヶ月間になる。一年の後半としては短い。しかし、なぜか夏が過ぎてからが後半だと思ってしまう。夏休みが終わる頃が区切りになっている。しかし、正月ではなく、春を基準にすると、半年分ある。学年も年を越してから春に切り替わるのだから。しかし、一年単位としての行事は正月だ、大晦日の年越し。だから、こちらの方が年を意識させるので春よりも強い。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。