2017年08月28日

地蔵盆

■■ 2017年8月28日 月曜日 午前8時44分
 
 今朝は曇っている。朝夕が涼しくなってきているが、昼間は真夏。予想最高気温は35度だったが、流石にそこまで上がらなかったが、いつもの真夏の暑さに変わりはない。今後も朝夕は秋、昼間は夏が続くのだろう。今は昼は真夏だが、これがやがてただの夏になり、一日の温度差も低くなるかもしれない。今は朝夕だけが涼しいと言うだけで十分だろう。この時期なら夕涼みができる。夜に外に出ても汗ばんでしまうほどなら、涼めない。
 そして昨日は夕方から涼しくなったので、久しぶりに自転車散歩に出たが、すぐに暗くなったので、引き返した。地蔵盆の時期だが、既に終わっているようだ。朝方提灯がいくつもぶら下がっているのを見たのだが、あれはいつだったのか、忘れた。あの日がそうだったのか、翌日前を通ると、もうなかった。たった一日の行事なので、その日外すと、もう見られない。しかし、方々でやっているので、何処かの道で引っかかるものだ。しかし今年はその機会を逸した。
 地蔵盆をやっている祠などは分かっており、普段は何もない。また、本当に何もないままで終わる祠もある。もうやらなくなったとかもあるはず。中に入っているのは当然お地蔵さんで、化粧をしているのもある。
 毎年、よく見かけていたのだが、今年は見なかったのは、暑いので日影の道ばかり選んで通っていたので、それが置いてある道沿いを通らなかっただけかもしれない。地蔵盆の時期、それなりに涼しくなってきているので、通るはず。
 地蔵盆が終わると、次はもう秋祭りだ。地蔵盆はお寺の行事ではない。これは一種の町内組織。しかも自治会単位ではなく、通りとか、筋とか、路地単位。だから町屋などでは数が多いだろう。秋祭りは村単位。
 だから地蔵盆は組織的にやるが、町会単位ではなく、町会の班とか組単位。自治会をさらに分割しているのだ。この単位が興味深い。さらに細かい単位としては隣保がある。江戸時代の五人組とかよりも単位は大きい。
 要するに、子供が遊ぶ場合、その子供達の規模に近い。あの筋の向こう側の子供達同士は一緒に遊ぶかどうかだ。地蔵盆は児童盆ではないが、いつも連れだって遊んでいる子供グループの規模に近いのかもしれない。
 そして子供はまさに餓鬼(ガキ)で、お供え物はおやつだ。お菓子とか。これがもらえるので、集まってくる。
 地蔵盆は農村部でもあるが、町屋にもある。お寺がなくてもいい。
 地蔵盆を新規にやる場合、新しい石地蔵はあっても、祠を建てる場所が問題になる。町内ではほぼ私有地だろう。そして道は公道。私道もあるが。道に置くわけにもいかない。だから誰かの私有地なり共有地に置くのだろうが、最近の新興住宅地ではそれは難しい。児童公園がふさわしいのだが、そんなもの置かしてもらえないだろう。遊具でもベンチでもないし、水飲み場でもない。
 子供の頃、地蔵盆をやっていたが、祠は私有地にあった。通りに面した垣根に埋め込まれていたりする。これがいくつもあったのだが、子供が大きくなると、もう地蔵盆はしなくなる祠もあり、ただの家の庭にある祠になる。あとはお婆さんなどが、そういう祠巡り用の散歩コースとなるのだが、家を改築や新築すると、もう入れなくなったり、庭の隅に移動して、そこで犬小屋のように放置されていたりしていた。
 やがて、そういう家も更地になると、地蔵も消えてしまう。だから、そういう地蔵を一箇所に集めたりする。これはお寺や神社の余地などにたまにある。また、売ることができない村の共有地が残っている狭い場所などにも、集まっていたりする。まあ、捨て場というわけではないが、地蔵流しだ。これは首が落ちたり、欠けたりしても、ずっと残る。
 

 
posted by 川崎ゆきお at 10:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。