2017年08月29日

うな牛

■■ 2017年8月29日 火曜日 午前8時57分
 
 今朝は暑い。真夏に戻ってしまった。夜も熱帯夜で、この夏の一番暑い頃と同じ気温。朝夕涼しくなっていたというのは何処へ行ったのだろう。昨夜はそれでまた寝苦しく、扇風機を付けっぱなしにしていても、暑い。距離を置いているのだが、もう少し近付けた方がよかったほど。これはもっと暑い熱帯夜のときの距離。しかし、そこまで暑い夜は今年もなかったので、離していた方がいい。朝方扇風機の風が五月蠅く感じるほど寒くなることが多いためだ。寝ているときは体温も下がるのだろう。
 寝起き行く喫茶店までの道も暑苦しい。少し遅くなったので、日差しが厳しい。炎天下だ。この方角は日影がないので、寝起き早々日に当たることになる。もっと早朝起きしていた頃にはなかったが。
 今朝は早い目に起きてしまったための二度寝による遅れだ。時計を見ると、まだ一時間早かったので、安心して寝たのだが。
 涼しくなったとき、夏の疲れが出たような感じになり、しんどかったのだが、あれは夏風邪だったのかもしれない。だるかった。しかし、昨夜はまた暑さが復活したので、慣れた気温なので、こちらの方が分かりやすい。暑くて仕方がない状態の方に慣れてしまったのだろう。気温の変化で体調を崩す、よくあることだ。
 昨日は夏バテを理由にするわけではないが、久しぶりにうな重を食べに行く。弁当屋で買ってもいいのだが、部屋で食い散らすより、外で食べた方がすっきりするので、近所のすき屋へ行く。すき家だったかもしれない。いつも間違うが、この日誌を書いている喫茶店の横にもあるので、表に出れば分かるのだが。
 前回は鰻を食べる土用前後に行ったのだが、痩せて硬く、筋張った鰻。皮が固く、何ともならなかったのだが、今回は戻っていた。前回は二切れ入っていたが、別の鰻だろう。今回は一つだけ乗っているが幅が広く、いい感じだ。それよりも、間違ってうな牛を注文してしまった。鰻と牛肉半々。鰻は普通のうな重と同じサイズだと思われるが、牛肉は半分ほどだろう。
 これはセットものをメニューの絵に指を当てて注文したため、うな重かうな牛かが曖昧だった。しじみ汁と漬物が付いてくるセットだ。表にも幟が揚がっており、定価よりも安い値段になっていた。
 しかし、鰻が復活しているのでよかった。柔らなくて溶けそうな鰻だった。そういう調理方法でそうなるのではなく、それなら前回も柔らかいはず。だから、土用の時期だったので鰻が不足していたのだろう。いいのが入ってこなかったのか、それしかなかったのかもしれない。だから鰻は土用を割けた方がよい。
 鰻だけシンプルに食べたかったのだが、牛肉も付いてきたので、食べすぎた感じだ。そしてうな牛セットは特価でも高い。千円近かった。
 これで胸焼けするのではないかと思ったほど、胃が驚いていたようだが、帰ってから眠くなる程度だった。
 スタミナ料理というのがあるが、食べるのにスタミナがいるので、スタミナを付けてからでないと、スタミナ料理は食べられないことになる。
 スタミナを付けるにはスタミナ料理がいいのだが、これはスタミナが無いと食べられないので、ここは苦しいところだ。
 肉を食べるスタミナがない場合は、肉汁、スープを飲むことだろう。肉汁を飲むには肉がいる。汁だけ飲むのはもったいないので、肉も食べるだろう。
 この夏は食欲はほどほどにあったので、これは幸いだ。その変わり、あっさりとしたものが多くなる。
 
 カメラ方面はお盆に買ったパナソニックの1インチネオ一眼を毎日鞄に入れて持ち歩いている。憧れのカメラだったので、そんなものだ。ただし中古だが、これが美品で、新同なので、中古だと感じない。
 1インチ受光素子なので、結構ボケる。それに広角端でf2.8、望遠端でf4あるのも効いているのだろう。また、コンパクト系のフルオートではレンズは開放になりやすい設定なので、さらにボケる。
 ミラーレスの交換レンズの普及タイプはライカブランドはつかないが、コンパクト系ではつく。このライカの文字がレンズの良い場所に書かれており、いい雰囲気だ。ただ、本人は撮影中は見ることができないが。1インチで、しかも高倍率ズームで、しかも明るいレンズなので、びっくりするほど前玉が大きく、レンズも太い。ただコンパクト系なので、それほどの重さはない。
 液晶は回転するが、殆どそのまま使っている。カメラが重くて大きいので、横開きにして回転させて、の動作が結構面倒。余程のローアングルでないと使わない。小さなカメラほど液晶回転が効く。
 ファインダーが大きく綺麗なので、覗いているだけでも楽しい。そして被写体の細かいところまでよく見えるので、被写体を味わいながら写せる。これも慣れてくると、それで普通になるのだが。
 しかし暑くて遠くへ行けないので、遠征撮影はない。近場で撮している。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 11:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。