2017年09月05日

涼しい

■■ 2017年9月5日 火曜日 午前8時51分
 
 今朝は涼しい。明け方20度を切っていた。そのせいではないが、寝過ごした。もっと長く寝ていたいと思ったためだろう。本来起きる時間帯に気付いていたようだが、無視した。目は覚めていないが、目覚ましのようなものが鳴っていた。これは聞こえない。
 五分ほど寝たつもりが一時間だったというのがある。だから起きてみるまで分からない。五分か十分ほど寝たのだろうと思うのはただの希望かもしれない。そう思いたいだけ。しかし、実際にはよく寝ていたことになる。起きてすぐにでもやらないといけない用事があれば別だが、寝過ごした程度では支障はない。ただ、一日が気ぜわしくなるが。
 今朝の道行く人は半袖で短パンの人もいるが、上に長袖のジャージ系やニット系を羽織っている人が目に付く。女性に多い。中年の。
 ここはまちまちで、真夏のままの人と、秋になっている人との混成。しかし、長袖のシャツを着ている人が多くなっており、その生地も秋冬物の、少し分厚い目の人がいる。さらに寒くなると、その上に何か羽織るのだろう。人により、順番があり、長袖のカッターシャツの代わりにジャージ系やジャンパー系を着る人もいる。
 この涼しさは本物かどうかは分からない。もう一度戻る可能性もある。まだ九月に入ったばかりなので、いきなりここから秋になるわけがない。昼間はそれなりにまだまだ熱いので、それが証拠だ。朝夕だけが涼しい。ただ、まだ寒いと言うほどではないので、いい季候だ。
 もう少し涼しくなると、喫茶店の冷房が消える。その頃が絶好調だろう。暑くもなく寒くもない。だから気温を気にしなくなる。暑いと気になり、寒いと気になるが、何ともなければ、気温など無視する。気にする必要がないためだ。
 正常に動いているものに対しては、そんなものだろうか。何か異常があったり、おかしな動きをしない限り。
 これは体調もそうだ。腹が痛くなければ、腹のことなど考えないし、神経もそこには行かない。
 涼しくなってきたので、頭も使いやすくなる。暑いときは細かいことや、頭を使うことをするのが面倒に思うが、いい季候だと、頭も正常営業に戻る。これは暑くてボーとしているときの方が平和かもしれないが。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。