2017年09月08日

夜のヒットスタジオと都はるみ

■■ 2017年9月8日 金曜日 午前8時23分
 
 今朝は晴れている。雨で湿気て蒸し暑かったのだが、そこから解放された感じ。そして涼しさが戻った。寝起き行く喫茶店までの道も陽射しがあるが暑くはない。これは季節が動いている証拠。日影を選ばなくてもよくなっているが、昼間の一番気温が上がる頃はまだ無理かもしれない。
 昨日は一日雨で何ともならなかった。雨よりも蒸し暑さだ。雨で涼しくなるのではなく、逆に暑苦しかった。しかし、気温的には大して上がっていないので、うっかりしていると、寒く感じたりした。暑いのか寒いのかよく分からない状態だ。
 扇風機を付けないと暑苦しいのだが、付けると涼しくなりすぎる。昼寝のとき、掛け布団を使いながら扇風機を回すという逆のことをしている。そのままだと暑いが、付けると寒くなる。しかし蒲団を被れば丁度。
 昼に入った喫茶店へ行く道は小雨で、傘がいらなかったが、帰り際大雨。所謂土砂降り。これでは自転車で戻れないので、しばらく待機する。少しだけ喫茶店内滞在時間が長くなった程度だが。そして湿気で蒸すのか、冷房が入っているのに、暑苦しかった。
 温度よりも湿度の方が厳しい。
 ご飯が切れていたので、夕食は外食。うな丼を食べに行く。すき家のうな丼だ。前回行ったとき、大きく柔らかい鰻に戻っていたので、それを再確認しに行ったわけではないが。前回はメニューに指を当てて注文すると、うな牛が出てきたので、今回は口で言う。鰻はやはり戻っていて、いい感じだった。しかも大きい。やはり土用の頃の鰻は別物だったようだ。だから普通の鰻に戻ったことを確認。すき家のうな丼は年中あるはず。今も季節ではないのに、うな丼の幟が揚がっている。
 この、すき家往復も雨の中。傘の骨が曲がったのか、スムースに開かなかったりする。自転車に差し込んでいるとき、骨が曲がるのか、倒されたとき、曲がったのかは分からない。自転車はよく倒される。自転車置き場での出し入れで、倒されるのだろう。
 スーパーの衣料品売り場を覗くと、秋冬物のズボンが二割引で吊されていた。新作ではなく、去年の売れ残りを引っ張り出してきたのだろうか。いずれもゴムパンで、ゴムと紐が付いている。サイズはSMLしかないが、意外と合う。寸法直しが必要でない絞りタイプもあるが、そうでないストレートタイプでも最初から短めなので切る必要はない。
 秋冬物なので、少し生地は厚い目。ボリュームのあるタイプは裏地に少しだけ何かを入れている。しかしアンコではない。アンコまで入れると、それは防寒ズボンになり、まだ早い。
 上着は、アンコの入ったジャンパーも吊されている。もう夏ではないのだ。
 この時期から自転車散歩に出やすくなるのだが、元気のある日と重ならないと、長距離ものはしんどい。最初から行く気が出なかったりする。
 夏の終わりがけ、まだ暑い時期だが、そのときは夕方から出掛けていた。日が長かったためだろう。今その時間になると、もうあと僅かしか日がないので、ウロウロしている時間がない。せいぜい食材などを買いに往復する程度。夕焼けを見に行くようなものだ。
 
 都はるみの映像を追っているのだが、その殆どはユーチューブにあるが、検索では出てこなかったりするのもある。
 昨日は夜のヒットスタジオという夜の十時頃やっていた歌番組から探すと、都はるみが出てきた。夜のヒットスタジオプラス都はるみで出た。都はるみ単独では出ないか、奥の方にあるのだろうか。
 これは番組をそのままアップしたもののようで、その中に出る歌手の中に混ざっていたようだ。
 司会は前田武彦から井上順に変わっている。都はるみが数曲歌っている。人の曲だ。五木ひろしもいるが、トリは都はるみ。一人で何曲も歌っているので、妙だと思っていたのだが、これは年末に放映されたようだ。都はるみが「北の宿から」で賞を総なめした年だ。フジテレビ系列の賞を取った直前だろうか。1962あたりかどうかは忘れたが、タイヤキの歌がヒットした年だろうか。
 当時の都はるみはオバサンのような感じで、ショートカット。この映像と、引退前の振り袖を着た娘姿の映像とが合わない。若返っているのだ。
 特別なシーンではなく、夜のヒットスタジオのような普段の歌番組の映像の方が、当時の様子が分かる。司会者とのやり取りや歌手同士のやり取りで、関係などが分かる。
 そしてその歌手をどう扱っていたのかだ。
 こちらの記憶では、北の宿からでまた都はるみが復活した感じの印象を持っていた。この時代、25才頃だったと思うので、都はるみは28才。この頃、特にテレビをよく見ていた時代だ。だから、記憶にあるが、もう忘れている。
 司会の吉村真理?が、はるみちゃんと呼んでいた。これは十代の頃、好きになった人を同じ番組で歌っている映像があるので、そのときは子供のようなものだろう。
 しかし、この頃の都はるみは既に貫禄がある。
 コンサートを録画したものより、その歌を現役で歌っていたその時代のテレビ番組のほうが映像や歌い方も、その時代がよく分かったりする。おそらく新曲だったはずなので。
 この夜のヒットスタジオ。何本かネット上にある。CMを抜いて、そのままアップされている。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。