2017年09月09日

ゲートウェイノート

■■ 2017年9月9日 土曜日 午前9時06分
 
 今朝も晴れている。いい季候になっている。暑さ寒さも彼岸までと言うが、いつ頃だろうか。盆も彼岸、この場合、お彼岸だろうが、カレンダーにはない。秋分の日のことだろう。昼と夜の時間が同じ。半々。これは非常に分かりやすい分け方だが、言われなければ分からなかったりする。夏の終わりは日が短くなっているのが分かる程度だろうか。春分の日もあり、これも日が長くなってきていると何となく気付く程度で、丁度半々という認識は少ないだろう。
 今朝は完全に寝過ぎた。目が覚めると、一時間ほど遅れていた。いつも起きそうな時間になると、一応目が覚めたりするのだが、それがない。一気に寝過ごした感じだ。だから寝過ごしたことに気付かなかった。
 寝過ごしたわりには身体が重く、何となくしんどい。寝過ごしたのだから、その分、余計に寝たのだから、元気なはずなのだが、寝過ぎると逆にしんどくなることもある。
 ただ、目が覚めたときのタイミングもあるようで、昼寝から起きたとき、日によって気分が違う。いい感じで起きてくることもあれば、起きたあと、もの凄くしんどく感じることもある。昼寝をしたのに、しんどくなるというのは何だろうかと思ってしまう。それは毎回違うが、いい感じで起きてきたときは印象に残らない。
 昼寝はうとっとした程度の時間で、眠ったのかどうか分からないときもある。
 今朝は遅く起きてきたので、寝起き行く喫茶店までの道での登校風景がないと思っていたが、土曜で休みだったようだ。いつの間にか週末になっていた。
 晴れており、陽射しがあるためか、少し暑い。まだ少し夏が残っているようで、これは九月いっぱいは暑いときがある。まるで真夏のように暑い年もあった。
 昨日は家電店の上新へ行くとき、ユニクロに寄ったのだが、もう冬だ。ダウンジャケットが吊されている。この時期、ユニクロへ行っても今着るための服が売っていなかったりする。まだ半袖と短パンで歩いている人がいるのに、綿入りの上着など着られないだろう。では半袖や夏向けだった服は何処へ行ったのか。それは通路の棚に袋に入って特価で売られていたりする。まるでゴミ捨て場のようなコーナーで、それを漁っている人がいる。
 一寸上に引っかけるゆったりとしたパーカーを見に来たのだが、それを超えて、もっと冬に近いものになっている。以前なら綿の重そうなパーカーがずらりと吊されている時期なのに。
 上新へ行くと、セールは終わっていたが、ゲートウェイの11インチノートと10インチノートが三万円代。限定三千台となっているが、多すぎるのではないかと思うが、このゲートウェイブラド、中身はエイサーか、エイスースーだ。その上新販売ブランドとして、昔のゲートウェイの名で売られている。ゲートウェイと言えば牛のマークで有名。昔から安かった。
 11インチノートは1.2キロあり、結構重いが、一枚物のカタログがあり、それを見ると、11インチでこの軽さとなっている。重いではないか。
 まあ昔の10インチのノートも重かったので、11インチで、昔の10インチ並みの重さなので、軽いのだろう。横にある10インチノートも決して軽くはない。1キロ少し越えるだろうか。
 ゲートウェイらしさというわけではないが、11インチタイプのキーボードが結構いい。それと独立したロールアップ、ダウンキーが矢印キー近くにある。非常に小さいが。これはよく使うキーなのだが、殆どは二つのキーを同時に押さないといけない。しかし、11インチタイプの、このノートは独立したキーがあるので、この得点は高い。普通のモバイル系ノートパソコンには滅多にないのだ。値段は殆ど同じなので、11インチの方がお得だろう。
 記憶容量は64ギガあるので、ウインドウズの最初の溜まっている大きな更新でも、何とかなる。32ギガなら厳しい。SDカードとか、USBメモリを突き刺して、逃がさないと更新するときの空きがなくなる。同じゲートウェイの11インチタイプで2ギガしかないタイプは二万円台に落ちている。これは上新のネットにある。
 この1.2キロをどう評価するかだ。重いとだけの評価なら簡単だが、軽くしたしわ寄せが何処かに出る。キーストロークが浅すぎたり、弛んだりする。
 中の部品は似たようなものだろうから、結局はガワの材質で軽さが決まるのだろう。この11インチタイプ、水に強いらしい。水をこぼした程度では大丈夫となっているが、それよりもキーの質感の方が大事かもしれない。
 値段が値段なので、非常に優れた特徴を示すだけのスペックはない。おそらく一番安い11インチノートのはず。
 しかし、数年前、それよりもさらに安いノートを上新で買っている。そのとき、ゲートウェイが横にあった。そちらの方が一万円以上高い。買ったのは二万円台のもの。その頃は、ゲートウェイは憧れのノートだった。上位機だ。ただし、ノートパソコン全体から見ると、最下位争いのましな方程度。そのとき買ったのは10インチで。まだハードディスク時代だった。だからハードディスクが抜けた分だけ軽くなったのだろう。僅かな違いだ。
 涼しくなってきて頭が冴えだしたので、こういったノートパソコンを弄る気がしてきたのだが、そのまま夏の頭でいる方が平和かもしれない。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。