2017年09月12日

■■ 2017年9月12日(火) 午前8時18分
 
 今朝は雨。明け方もの凄く降っていたようで、一時間に20ミリ以上と記録には残っている。記録的な雨だがよくある記録だ。しかし新記録が出そうなほど高い数値になりそうな降り方だった。記録的というのは新記録だけを差すのではなく、記録として残すほどの降り方だろうか。記録してもいいような。だから一位でなくても十位ぐらいでも、そこに入ったのだから、記録に値する。
 当然、この年のこの月の、この日に一寸沢山雨が降ったということも記録にとどめればいいが、雨量記録はネット上で常に記録されて続けている。
 次に残るのは記憶だろう。これは個人の頭の中の世界だけかもしれない。明け方の雨なので、寝ている場合、記憶にない。今朝は雨音がうるさいので一瞬目が覚めたので降っているときのことは覚えているが、そうでないと、生の記憶ではなく、ニュースなどの記録からの記憶になる。これもまた記憶なのだ。そして殆どのニュース番組のニュースは又聞きのようなもので、生の記憶ではない。そんなものいちいち見に行けないし、体験もできないだろう。
 体験したこと、その記憶は確かかというと、それも怪しい。先入観が入るためだろう。これは自分との関係で見ていたりする。そしてどの箇所が記憶に残ったのかによる。そうなると感受性とか、その人の感じ方により見るものや受け止め方が違ってくる。だから実体験したからといっても、程がある。
 それで明け方の大雨、これは起きてからネットで見ると六時頃に降ったようだ。薄暗いので夜だと思っていたが、違っていた。明け方なのだ。そのあと、また寝たのだが、起きつつあるときに雨が弱まってきて、上手く行けば上がっているかもしれない状態になっていた。何がポイントか、それは朝の喫茶店に行くとき、降っていないと助かるということだ。ここが最大のポイント。
 結果的には上がっていなかったが、小雨で、傘は必要だが緩い雨。まずまずだった。台風ではないので風はない。
 雨の降っている日の喫茶店の冷房は厳しい。湿気ているためだ。そのため、喫茶店の硝子が曇っている。磨りガラスになったような感じ。そして冷房で寒い。そのため、それを予測して、ジャージ風の上着を着て来た。それでも寒いが、それ以上になると、ジャンパー系になる。冬物に近くなってしまう。
 カッターシャツの上にカーデガン風なものを羽織れば丁度かもしれないが、道中が暑苦しいかもしれない。湿気ているので。
 台風も来ているようだ。大陸方面へ向かっているのだが、途中で右旋回し、九州方面へ向かう予想される。数日先の話なので、まだ関係はないが、その影響で蒸し暑くなるかもしれない。直接ではなく、間接的に。
 そして、気候はどうか。大雨などが降ると、いつもの気候が分からなくなる。それなりに涼しくなってきていたような気がするが、寝る前は熱帯夜の25度以上あり、夜中に25度を切り、熱帯夜ではなくなるパターンが多い。昼間は30度近くまで上がっていたように思う。今日は雨なので、水冷効果で、それほど上がらないので、昼間の気温は平年よりも涼しいかもしれない。
 真夏の頃に比べればもの凄く涼しくなっているのだから、文句は言えない。それにこの文句、言っても通らない文句だ。訴えても解決しない。天のやることなので。
 
 今朝はいつものエイスースーの10インチノートを持ち出している。これが一番新しく買ったもので、買ってからはこればかり使っていた。たまに11インチタイプを使うと、10インチが小さく感じてしまうのだが、文字が見えないわけではない。
 そして10インチに戻すと、キーボードはやはり10インチが打ちやすい。高速タイプのときに違いが出る。また違いとして爪がある。爪が伸びているとき11インチのキーボードでは打ちにくくなる。10インチの場合、爪で打つことが結構ある。これはキーが狭いので、指の角度と関係するのだろう。爪が伸びているときは、それだけ遠くのキーにも爪がかかるので便利だが。
 10インチだと爪を伸ばしていても打ちやすいが、11インチだと爪が伸びていると打ちにくくなる。だから爪の影響がない10インチが有利。まあ、早い目に切ればいいのだが。
 このエイスースーのキーボードはかなりいい。ノートを開けたとき、キーボードが傾くので、それだけでも打ちやすい。遠くのキーが。
 キーストロークもそれなりにあり、押した感じがする。そして柔らかい。これはキーだけの問題ではなく、キーボードの板がしなるためだ。浮いているのだ。そのため、キーボードの底に当たるところは全面ゴムのような材質で、これが滑り止めになる。これはカバーのようなもので、底なのだが、実は表側なのだ。つまりタブレットにもなることを考えて、キーボードは実はカバーなのだ。底が革のブックカバーのような化粧もの。しかし、タブレットスタイルで使ったことはない。タブレットモードにすると、キーが使えないので、逆に不便。
 10インチで官能的なキーボードだったのが、NEC製。しかし、そのキーボードよりもエイスースーの方がよかったりするのだから、不思議だ。キーボードが浮いていることのたるみでソフトなのだ。弾力があるので、疲れにくい。ずっと踵を上げているようなものだが。柔軟性がある。これは剛性ではない。
 そしてNECの10インチは重かった。今ならズシリとくる。1キロを超えるとやはり重く感じる。
 それで、ゲートウェイの11インチタイプは遠のいた。フルサイズのキーボードなので、打ちやすいはずだが、少し大きいかもしれない。
 その横に並んでいた同じゲートウェイの10インチは無視。メモリが2ギガしかないためだ。その分、数千円安いのだが、昔憧れていたゲートウェイの10インチタイプは4ギガあったのだ。しかし上新では安いのから二番目のパソコンだったが。そして一番安いのを買っている。2万円台だ。これがエイスースー製だった。そして上新と組んで作った製品だった。
 
 先日はせっかく買ったアルミ鍋天麩羅うどんを冷蔵庫に入れ忘れたことから腐らせてしまったが、今回はアルミ鍋ではないタイプのたぬき蕎麦を買ってきて夕食とした。これでは流石に腹が空いてしまったので、豚まんも食べる。これは三つ入っている。蓬莱の豚まんだ。レンジではなく、しっかりと蒸し直すと、もの凄く柔らかくなった。レンジではこの軟らかさ、ソフトさは出ない。水を入れても。
 やはり湯気が立っている風呂に入れてやる方がソフトでまろやか。手間はかかるし、タイマーで自動的に切れるわけではないので、面倒だが。
 100円のたぬき蕎麦を食べていると、これは立ち食い蕎麦を高く感じてしまう。
 この時期、夏の疲れが出る頃なのか、体調はよくない。何となく気怠い。暑さ慣れしていた身体が、涼しくなったため、戸惑っているのだろう。
 
 
  
posted by 川崎ゆきお at 10:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。