2017年09月27日

のり弁

■■ 2017年9月27日(水) 午前8時21分
 
 今朝は晴れているが、たまに日差しが途切れる。上空にうろこ雲がかかっているようで、これは一枚物の雲として見た場合、破れているようなもの。その破れ目から日が来ていたりする。雲が動けば、照ったり曇ったりする。また太陽が全部見えないで、一部分だけ見える。これは肉眼で見るのはつらいが。
 太陽がレンズだとすれば、絞り羽根で加減される感じだろう。太陽の光が全部届かないので、影も弱くなり、当然明るさも減る。それでも陽射しが出ていることに変わりはない。曇っているとはいえない。影ができるのだから。
 今朝の気温は高い目かもしれない。夜中の気温も20度を切っていない。夕方は涼しいが、少し暑いこともあった。扇風機はまだ必要だろう。少しだけ風を受ける程度で、すぐに切るが。
 9月10月11月が秋だとすると、もうすぐ10月なので、秋の中頃に差し掛かることになる。9月は夏が残っているが、10月だと夏が抜け、秋らしくなるだろう。11月に入ると、冬が入り込む。だから10月が一番秋らしいかもしれない。秋の中頃、ど真ん中だ。
 それらは徐々に来るのではなく、行きつ戻りつで、ある日ガタンと寒くなったり、暖かくなることもある。決して滑らかなカーブを描いているわけではない。
 寝起きに行く喫茶店までの服装は、今日はパーカー類はなしだが、行くとき羽織り、戻るとき脱ぐパターンが多い。今朝は最初から脱いでいると言うより、最初から着ていない。少し暖かいためだ。
 朝、羽織り、戻りも脱がなければ、それだけ季節が移り変わっていくことが分かる。もの凄く具体的だ。それを決めるのは本人で、暑く感じたり、寒く感じるので、具体的になる。本人の感度はもの凄く大きいのだが、人はどんな服装かと見ることも多い。少しひんやりとする程度ではダウンジャケットは着ないだろう。着られない。その反対もある。暑く感じ、Tシャツ一枚で十分だと思っていても、誰もそんな薄着などしていなければ、人目がブレーキになったりする。
 この人目、世間の目、というのはただの目で、それは他人の目と言うより、自分自身の中にある世間の目だろう。ある共通する何かだ。
 昨日はご飯が切れ、適当なものを買って食べる日になっていたが、これは夕食に限られる。
 それで、久しぶりに弁当屋でのり弁を買う。これは夕食前の時間帯に行くと並ぶ必要がある。すぐには持ち帰れない。待たされる。コンピ二が近くにあり、そちらで買えば早いのだが、ご飯が違う。弁当屋のご飯を美味しい。貼り紙に新米入荷となっていた。このご飯が美味しい。違いがあるとすれば、それだけかもしれない。スーパーのご飯はばらつきがあり、店により違う。美味しいご飯の弁当のあるスーパーもある。美味しくないのは硬くてパサパサのご飯。粘りがない。時間も経過しているので、そんなものかもしれない。
 さて、久しぶりののり弁だが、食べたあと眠くなってきた。胸焼けのように。のり弁は白身魚のフライがメイン。この白身魚は何かは分からない。おそらくタラだろう。まあ、フライものを食べると、胸焼けしやすいので、ものが悪いわけではない。
 こういうとき、野菜の煮物などが残っていればいいのだが、それだけでは頼りないので、メインが欲しいところ。
 加工品ではなく、焼き魚などがいいのだろう。しかし魚は肉よりあっさりしているようで、結構油っこいのもある。この季節は秋刀魚だろうが、油っこいので食べる。
 秋刀魚や鯖は缶詰で安く手に入るのだが、味が全部同じになる。つけ汁のせいだろう。だからまずい魚でも同じ美味しさがあるので、いいのかもしれない。そのものに味が付いていないものもある。かすかに味はあるが、そのまま食べる人は少ないだろう。たとえば豆腐だ。
 そして醤油の発明が大きいらしい。これで水臭いものでも食べやすくなったためだ。味噌もそうだ。どちらも大豆だ。
 この季節、味覚の秋とも言う。夏場よりも食欲が戻るためだろうか。そして常温で食べることができる気温。熱いものでも汗をかかないで食べることができるが、まあ、汗は冬でも出る。熱いものを食べているときは。しかし、鍋物が食べやすくなる。温かい汁物を欲しがる季節でもある。夏や冬に比べ、食べ物の種類が多くなる。熱くて避けていたもの、寒くて避けていたものが加わる。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。