2017年09月28日

雨の日のデジカメ

■■ 2017年9月28日(木) 午前8時38分
 
 今朝は雨。強くはないが、長く降ってそうだ。気温はまずまずで、それほど寒くはなく、暑くもないが、暖かい目の雨だろうか。
 こういう日は喫茶店の冷房が厳しいのだが、今朝は冷房を切っているのか、いい感じだ。この季節冷暖房はいらない。しかし、窓のない店もある。壁が硝子になっているだけで、窓ではないので、開けられない。壁でもいいのだが、それでは暗い感じがするので、硝子板にしたのだろう。これは開かなかったりする。そのためエアコンがいるのだろう。
 昨日も雨だったので、雨が二日続くことになる。秋の長雨というのは聞いたことがあるが、これは台風ではない。普通に降る雨で、降っている期間が長いこともあるのだろう。秋晴れがある。そして秋の長雨もあるので、どっちだろうと思ったりする。晴れが続くのは夏かもしれない。夕立はあるものの、暑いとき雨が欲しいのに、滅多に降らなかったことがある。待っているものはなかなか来ないが、待っていないものは多く来る。
 先日ユニクロで見た防水性のあるパーカーが、今日のような雨の日に欲しいものだ。ペラペラなので、冬服には見えないし、デザインもあっさりとしている。小雨程度なら、ウィンドブレーカーで充分だろう。それほど長い間自転車に乗っているわけではないので。まあ、雨の日はコンビニの500円のレインコートを引っかければそれでいいのかもしれない。上下組は倍の値段がしているが、着ると蒸し暑い。蒸れる。この蒸れを何とかしたタイプなので、ユニクロのは高いのだろう。まあ、ゴミ袋でも雨は防げる。これなら十円ぐらいかもしれない。
 ガタンと気温が五度ほど下がり、寒くなると、何処かで聞いたのだが、当たらなかったようだ。しかし、あることだ。
 昨夜の気温は22度ほどあり、少し高い目。それが17度になることは考えられる。平年並の気温は忘れたが、20度前後だろう。昼間は30度近くある。これが28度だとしても五度落ちだと23度。昼間23度というのは今秋に入ってからあったような気がする。一日ぐらいで、長くは続かない。まだその時期ではないため。
 昼間23度は夜中の暖かい目の気温なので、それほど寒くはない。より過ごしやすいかもしれない。まだまだ昼間の気温は夏を引っ張っているのか、暑いときがある。
 雨の日はポケットに入るデジカメでないと取り出すのが面倒になる。そんな日は写すようなものはないし、また傘を差した状態で自転車の上から写すので、カメラは軽く小さい方がいい。それ以前に写すものなどないが、濡れた路面とかはいつもとは違う。花なども雨で濡れ、みずみずしい。
 それで今朝はソニーのコンパクトな旅カメラをポケットに入れる。小さいのでズボンのポケットでも余裕で入る。これで700ミリ超えの望遠が効くのだから、凄い話だ。しかも液晶が回転する。この回転が柔らかいので、液晶を持ち上げやすい。街中では手かざしよりも目立たない。液晶回転式は小さなカメラの方が有効で、大きく重いカメラになると、取り回しが悪くなる。
 ただ、このカメラ、小さいため、両手でしっかり構えないと、シャッターを切るときブレる。卵を抱くように持つのがいい。グリップも何もないので、片手で撮影は難しい。液晶を回転させ、ウェストレベルで写すときは親指シャッターになるため、非常に安定する。
 受光素子が小さく、レンズも暗いので、ピントも深いので、あまり神経を使わず写せる。何処にピントを持ってきても、あまり変わらない。ただ700ミリ超えの望遠のときは、流石にピントは浅い。それと至近距離での接写だ。この接写も、花の一部にしかピントが来ないほどではないので、花びら全体にピントが来るので、絞らなくてもいい。逆にボケ味を楽しむとか、背景をぼかして際立たせるということは苦手とする。しかし、全体にピントが合っているように見えるので、鮮明に写っているように見える。
 今朝は雨で何ともならないので、喫茶店からの戻り道大回り散歩もできない。これをすると、帰る時間に影響するので、遅く起きたときは省略している。
 九月もそろそろ終わりだ。九月は30日までで、31日がない。西向く侍で覚えている。2469だ11月が侍になる。侍は武士の士と書けば、士が十一となるためだろう。
 31日ある月の呼び方は知らない。これは数字で覚えていたこともあったが、記憶に残りにくい。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。