2017年10月01日

都はるみとかしまし娘

■■ 2017年10月1日(日) 午前8時42分
 
 今朝はよく晴れている。秋晴れだ。これを日本晴れと昔はいっていたように思う。この日本晴れはそれほど古い言葉ではないのだろう。
 気温は低く、夜中の最低気温12度。これは瞬間最低気温のようだ。起きたときは18度あったが、それでもひんやりとしている。そのため、出るとき、いつものペラッとしたパーカーでは寒そうなので、普通のジャンパーを羽織る。中綿は流石に入っていないが、春の終わり頃から着るような感じで、かなり暖かくなってきたときに着たものだ。春先はまだ真冬の格好をしているので、このジャンパーは薄着だった。それが今なら丁度間に合う。しかし、Tシャツで短パンの人はまだいる。これから出掛ける人ではなく、家の前で何かをしている人だ。寝ているときの服装と同じではないかと思える。そのまま表に出たのだろうが、寒いだろう。しかし18度あるので、それほどでもないのかもしれない。
 普通に出掛ける人、自転車に乗っている人はジャンパー系が多くなっている。カッターシャツ一枚の人が減っている。当然半袖の人は探すのが難しいほど。バイクに乗っている人は既にダウンジャケットを着ている。綿入りだ。これは真冬とかわらないだろう。バイクは風を受けるので、歩いているよりも寒いので、当然だろう。
 先日ユニクロで見たペラッとしたウインドウブレイカーでは寒いのではないかと思える。この前までは、これを買ってもまだ暑苦しそうですぐには着られないと思っていたのだが、今朝などはこれでは頼りないと感じるのだから、それほど季節が動いたのだろう。しかし、薄くてもいいので、防水性のあるタイプはレインコートになるので、雨の日は丁度かもしれないが、防水を取るか暖を取るかだ。気温が下がると防水よりも暖を取る。傘を差せば防水も糞もないのだから。
 しかし、風邪を通さない生地は意外と暖かいかもしれない。暖かそうな上着でもスカスカだと寒い。これは風のある日だ。
 着心地は綿のふっくらとした生地のものがいい。その生地そのものが温かそう。だから綿ジャンがそれなのだが、細いタイプが多く、窮屈。その点、融通が利くのが化繊だ。どのような形や肌触りにもなりそうな。
 最低気温が12度になっているのだから、これは冬と変わらない。真冬の昼間と変わらないのではないか。
 ただ、まだ昼間陽射しがあるときは25度を超えているのだから、これは冬ではない。
 
 昨日は都はるみの古い動画をユーチューブで探していると、まだ見ていなかったのが出てきた。
 NHKの公開番組だろうか。タイトルは分からない。そこにかしまし娘がゲストで出ていた。ゲストはこのひと組だけ。番組全体はホールでのコンサートのようなもの。ワンマンショーのような。
 かしまし娘がまだ現役でいた頃。その会話から、「北の宿から」の話が出て来る。だから時期が分かる。都はるみの髪型はショートで、これは「北の宿から」のレコードジャケットでもそうなので、その当時のものだろう。
 かしまし娘の次女、照江さんだろうか。朝ドラに出ると言っていた。うどん屋のオバハンで、オバハンの役しか回ってこないとぼやいていた。これも調べれば、どの朝ドラかは分かるだろう。
 まだまだ多くの人が普通にテレビを見ていた時代で、テレビからの映像が、過去の時代の記憶と繋がる。あのテレビをやっていた頃、何をしていた頃だろうとか。
 花江さんが好きになった人を歌っていた。花江さんの歌は漫才の中でもよく聞く。都はるみの歌を結構歌っていたのだろう。あまり記憶にないが。いつもはギターと三味線だけだが、後ろにオーケストラが入っているので、鳴らす必要はないといわれて、ギターなどを置いて歌だけを歌っていた。これは珍しい映像だ。オーケストラで歌うかしまし娘。しかし、そこは漫才師、使わな損と。
 都はるみは、オーケストラではなく、かしまし娘のように自分で楽器を鳴らして歌うことが夢だと語る。「北の宿から」後、演歌以外の歌へと広げていた時期だ。まだ「大阪しぐれ」は出ていなかった頃だが。
 珍しいのは四人で漫才をやっていることだ。都はるみそのものが陽気で明るい。
 また、河内音頭を都はるみが歌う。コンサートなどでも歌っているが、それは歌謡曲風にアレンジしたもので、本物ではないとか。
 歌江さんは歌謡曲以前の古い歌をよく知っている。当然河内音頭も知っているのだが、それはレコードで覚えたらしい。その私道四人で歌っていた。テロップでは河内音頭鉄砲何とかとなっていた。河内音頭を有名にした人で、テレビにもよく出ていた。
 そして最後の歌は「涙の連絡船」。これで、幕。いつもなら明るく「好きになった人」がエンディングになるのだが、それは照江さんと一緒に歌っているので、使えなかったのだろうか。
 コンサート風の長めの動画で、若い頃の映像はあまりない。テレビでよく見ていた頃の都はるみとイメージは同じ。引退直前の映像は結構残っているのだ、髪の毛を伸ばしている。これでぐっと美人になった印象だ。紅白で「大阪しぐれ」を歌っていた映像があるが、そのときも長い。
 引退公演後、色々な人が加わり一冊の本になっている。都はるみファンの著名人たちだ。そのタイトルに「演歌の終焉」の文字がある。
 都はるみが消えることで、演歌の時代を自ら消したというような意味だろうか。既に時代は演歌の時代ではなくなっていたのかもしれない。
 この時期、美空ひばりはまだ生きている。そして数年後、都はるみは復活するのだが、美空ひばりの死も関係しているかもしれない。
 そのまま普通のおばさんになっていた方がよかったかどうかは分からない。しかし、こんなに歌の上手い普通のおばさんではいられなかったはず。
 引退後、プロデューサーになっている都はるみのテレビ番組を見た覚えがある。人に色々と言っているより、歌ってみたくなったのだろうか。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。