2017年10月03日

パナソニック TZ90

■■ 2017年10月3日(火) 午前8時53分
 
 今朝は雨は上がっているが、曇っている。長く晴れが続いていたので、そんなものだろう。晴れが続くよりも雨が続く方が短いが、曇りの日と言うのが結構ある。これは雨の日ではないが、晴れているとはいえないので、晴れの日ではない。だから曇り日だ。しかし、今にも雨が降りそうな曇りの日もある。曇っているだけで、降らないこともある。
 この雨のせいか、蒸し暑い。そのため寒くはないのだが、用心してジャンパーを羽織って寝起きの喫茶店へ行く。少し暑苦しい。
 一度着込むと脱げない。季節的には寒くなっていくはずなので、それでいいのだろう。
 今朝は早い目に目を覚ましたのだが、二度寝が長くなり、結局遅起きになってしまった。よくあることだ。この程度の遅れは、喫茶店の戻り道の大回り散歩をやめれば何とかなる。曇っているし、雨も降りそうなので、今朝は行く気がしないので、丁度いい。
 しかし、しばらくそのコースを回っていないと、風景が変わっているときがある。一変するわけではないが、柿の実が目立ったり、少し紅葉が入っていたりする。これは毎日のように見ていると、変化は徐々なので、繋がりが分かるが、それでも、ある日突然咲いている花などがある。
 残り少なくなってしまったが、田んぼでは既に稲刈りが終わっている田もある。これは散歩に出なくても、日常移動中に見ることができる。ここが一番変化が大きい。面積が広いためだろう。
 
 パナソニックの旅カメラをそろそろ買い換えても良い時期になっている。最近は同じパナソニックの1インチネオ一眼を使っているのだが、少し大きく重い。ファインダーも大きく綺麗で、じっくりと写すときは気持ちがいい。しかし街中で取り出すとき少し大袈裟なカメラとなる。小さくても大きくても、カメラに変わりはないので、似たようなものだが、本人は大層なカメラを出していると感じてしまう。モロに一眼レフスタイルとなるためだろう。
 それでサブカメラとして、ポケットに入るコンパクト系を持ち出すのだが、実際には二台も持ち出さない。何処かへ撮影にでも行くのなら別だが、鞄に入れているだけで一枚も写さないことの方が多いのだ。だから二台もいらない。
 小さなカメラを持ち出せば、そのカメラの世界になる。そのカメラの視点になり、頭になってしまう。そう言う目で風景を見ている。これで、何を切り取るのかが決まったりする。良いカメラだと、良い風景を写したいと思うのか、そういう風景ばかり探している。
 それで、パナソニックの旅カメラなのだが、大きく重くなっているが、店頭で触ると、快い。300グラムほどあるので、このクラスでは重いのだが、今の旅カメラとしては平均的だろう。ファインダーが付き、液晶が回転して、この重さで済んでいるのだから。
 これはもうコンパクトとは呼べないレベルだ。しかし、かえってその方が持ちやすい。手にしたときのしっくり感がある。安定している。ボディーが分厚くなったのか、その流線型の分厚さが、手に馴染む。これはコピーライカ路線だろう。
 その前機まではポケットカメラ的で、軽く小さいコンパクトカメラのイメージだが、新製品は貫禄がある。この大きさだと、片手撮影がしやすい。両手が使えないときがあり、そのときは片手でもそれなりに安定している。
 電源ボタンの位置は、パナソニック系が一番いい。特に旅カメラの電源ボタンは右肩近くにあり、ボタンだ。以前はレバー式だったが、それが横長のボタンに変わり、今は丸いボタンになっているが、押しやすいし軽い。つまり親指で押すタイプなので、親指の力が強いので、軽く感じる。また、片手でカメラを構えるとき、片手で電源を押せる。中央部だと両手が必要だったりする。
 この立ち上がりの良さが、素早く軽快。そして背面液晶が頼りないほど薄いのだが、もの凄く柔らかい。これは片手で持ったまま指で上げられるのではないかと思えるほどだ。つまり、カメラそのもののスペックではなく、そういう使い回しがいい。電源ボタン周辺には何もないので、親指の腹がそのまま乗る。だから、目を瞑っていても、ボディーの右肩近くを押せば電源を落としたりできる。こういうデザインというか、無理のない操作系がいい。これは前機でも同じだ。
 ファインダーは小さいので、構図が取りやすい。その変わり、ピントがよく見えなかったりするが、これは当てにならない。合っているように見えることがよくある。そして広角側では分からないだろう。
 コピーライカ的だと思うのは、このファインダーだ。電子ファインダーだが、何とか見えているだけで、レンジファインダー機に近い。レンジファインダー機は二重像合致式とかでピントを取りに行くタイプで、ぼけ具合で見るタイプではない。距離だけを取りに行くタイプだ。この旅カメラのファインダーはそれに近い。
 だから、このカメラ、コピーライカ機に近い。ライカに近いのではなく、コピーライカ機に近いのだ。コピーライカに本物はない。その人のイメージだ。
 少し大きく重いがズボンのポケットには入る。液晶回転式にしたぐらいで、ここまで大きくならないはずなのだが、持ったときの感触は前機よりはるかにいい。ポケットカメラからコピーライカ機に変身したのだろう。一寸大きい目に作ればいいだけの話なのだ。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。