2017年10月05日

パナソニックTZ90

■■ 2017年10月5日(木) 午前8時53分
 
 今朝は曇っており、寒い。15度を切るのが普通になっている。夜中のことだが。そういう夜はたまにあったが、それが続くのだろう。意外と最低気温が夜中になっている。明け方が一番寒いはずなのだが、そうではなかった。しかし、喫茶店へ行く時間になっても気温は上がらず。ここが少し違う。秋の深まりだ。
 今朝はダウンジャケットが欲しいところだが、それは我慢する。裏地に毛が生えているタイプとか、ボアが入っているタイプとか。流石にそれはまだ早いのだが、軽い目のジャンパーを着ている人が多くなっている。
 襟の所に毛が見えているタイプはバレてしまうが、普通のジャンパーで裏地が毛のタイプなら分からない。襟は普通。袖も普通。裏地に暖が仕込まれているタイプは、膨らみが分からない。ダウンジャケットは餅を一杯貼り付けているようで、すぐに分かってしまう。
 昨日は衣料品店で特価台が出ていたので覗いたのだが、運動着メーカーの高いのが特価でずらりと吊されていた。値段を見ると驚く。ただのジャージの上のようなものだが、生地とかが違うのだろう。
 夕食後、徒歩散歩で出たときなど、そういうのを羽織っている人がいる。街中でもよく見かける。その値段はユニクロのウインドブレーカーと互角の勝負だが、種類が多い。そればかり作っているメーカーのためだろうか。肌触りなどで差が付く。流石に餅屋は餅屋だ。今のこの季節、丁度だが、薄い。すぐに寒々しく感じてしまうだろう。
 それを無視し、他の品を見学。千円台のハーフコートのようなものがもうすぐずらりと並ぶのだが、今はまだない。裏地に絨毯の薄いのを敷いただけの貧乏臭いタイプで、これはこれなりに暖かい。今なら。
 それが1900円あたりでずらりと並んでいるはずなのだが、今年はどうか。
 定番ものは吊されている。防寒、防水、蒸れ防止、軽い、柔らかい。と明記されている。薄い目のダウンジャケットで、ユニクロのウルトラライトのようなもの。袋が付いており、その中に折りたためるということだ。当然ユニクロよりも安い。
 この季節なので、まだゴツイダウンジャケット、アンコ入りはまだ数は少ない。これは真冬の大物だろう。初詣に着ていくような大袈裟なタイプだ。もの凄く着ぶくれになる。
 今朝は流石に寒いので、真夏向けの薄いズボンから、普通の綿のしっかりとしたズボンに履き替える。これは一年中履けるのだが、夏は暑苦しいし、冬はこれでは頼りない。しかし、その差は20パーセント程度で、極端な違いがあるわけではない。夏向けのズボンでも冬前まで履けたりする。靴などは同じものを年中履ける。
 そして、気が付けば昼間でもホームゴタツのスイッチを入れていた。流石に電気ストーブはまだだ。このままこの冷え込みが続くと、秋がなくなってしまう。どんどん冬の印象になっていく。
 
 パナソニックのコンパクト旅カメラのTZ70からTZ90へ買い換える。これは今年出たばかりなので、まだ早いので、型落ちで安くなっていない。
 このカメラは毎年出ているような気がするが、二年置きかもしれない。流石に毎年は無理なので、買い換えるのは大きな変化のあったとき。
 今回の変化は背面液晶が回転するようになったことと、タッチパネルも加わっている。これはこのクラス最強だ。つまり回転だけとか、タッチパネルだけとかはあるが、両方というのはない。ただ、そう言う機能はもう何年も前からあり、付けようと思えば付けられる機能だが、それをするとコンパクト性が損なわれたりする。
 しかし、タッチパネルは小さく軽いカメラの方が有効だ。
 大きな変化としては大きくなったこと。数値的には僅か差だが、小さくもなく大きくもなく、軽くもなく、重くもないというタイプ。小さすぎず大きすぎないので、手にしっくりと馴染む。これはカメラを持ったとき、シャッターボタンに手がかかったときに分かる。人差し指の腹ですんなりと沈むようにシャッターが落ちるのだ。指を立てなくてもいい。これは高さが少しあるためだろ。そしてボディーの厚みが増えたため。グリップが飛び出たグリップカメラではないが、引っかかりが良い。そしてシャッターボタンの高さが丁度いい。中身のスペックよりも、このガワの方が大事だったりする。これで随分と取り回しがよくなり、構えやすくなる。これも写りがどうのの話の手前側の話。当然電源ボタンの位置もよく、軽く押すと軽く起動する。これも撮影以前の話だ。
 そこまで考えて作ったわけではなく、大きくなったので、偶然そうなったのかもしれないが、これは歓迎だ。ただ、大きくなったので、ポケットが窮屈になるが。
 このカメラはコピーライカで、写し方もそれに準ずるような雰囲気になる。小さいが左肩の上にファインダーが付く。あるとないとでは大きな差だ。コンパクトデジカメは背面液晶で充分なのだが、覗ける方がいい。明るいところなどではよく見えないからだ。しかしそれほど解像力はなく、また小さなファインダーなので、ピントがよく見えるわけではない。ただの覗き穴に近いのだが、至近距離や望遠ではピントはそれなりに分かる。ここがライカ式のファインダーとは違うところなのだが、ピントが掴めるほどの解像力がない電子ファインダーが逆にライカ的だったりする。決して実像ではないが。
 前機までのようなクラシカルなデザインではなく、結構素っ気ない。しかしメタルの質感が充分ある。素っ気ないデザインでゴチャゴチャしていない。
 
 バッテリーは換えてきている。だから前機のバッテリーが使えないが、1インチネオ一眼と同じバッテリーなので、メインとサブで使い分けるときは互換性がある。ボディーが大きくなったので、大きい目のバッテリーを入れたのだろうか。大きいので長持ちする。
 また、USBの先のタイプが一般的なタイプになっている。だからこのカメラ専用のものでなくてもいけるようになった。ソニーや普通のタブレットやノートパソコンと同じタイプだ。
 充電用のコンセントもあるが、パソコンで画像を取り込むとき、それが終われば電源を落とせば充電になる。この方式のカメラは電池切れは先ずない。
 4k動画を利用したピント位置を撮影後に選択できるモードとか、機能は盛りだくさんだが、殆ど使わないだろう。それよりも基本ベースが良い。長くパナソニックのデジカメを使っているのは、インターフェースが良いからだ。中には例外もあるが、使い回しが良い。凝ったことをするよりも、フルオート撮影で充分。
 露出補正はフルオートでは弄る必要はないのだが、このモードに入っていても、露出補正ができる。背景が暗いところで咲いている白い花などは真っ白に飛んでしまうのが分かっているので、そんなときに使えばいい。液晶でそれが分かるので、勘ではなく、見れば分かるので、分かりやすい。露出が反映する液晶のおかげだ。敷かし、露出補正をしなくてもいい場合の方が多い。
 そして電子ファインダーだが、小さく、解像力ないのだが、前機よりも綺麗になっている。スペック的には同じもののはずなのだが、改善している。暗いところだと絵が荒れて見えていたのだが、その荒れ方が滑らかになっていた。粒子が見えてしまうが、線上ではなく、点状なので、自然な感じでの荒れなので、納得できる。決して綺麗なファインダーではないが、これは屋外なら充分綺麗だ。スペックは同じだが、改良されている。これは映像エンジンが上がったためかもしれない。ビーナスエンジンだ。
 タッチパネルは、背面液晶撮影だけではなく、電子ファインダーを覗きながらでも操作出来る。当然目と液晶が近すぎて、液晶など見えないが、指ぐらいは差し込める。液晶は当然消えているのだが、指を当てるとピント枠が出る。それを指で動かせば好きなところにピントを持って行ける。電子ファインダーを覗きながらできる。これはキヤノンにもあるので、珍しい機能ではないが。キヤノンの旅カメラにはそれは付いていない。
 フルオートだと、ピントも勝手に合ってしまうので、違うところに合うこともある。そんなときは便利だ。こういう使い回しが、普通のフルオート撮影でもできるのがいい。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 11:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。