2017年10月10日

ヒロウス

■■ 2017年10月10日(火) 午前9時01分
 
 今朝は晴れている。そして暑い。これは季節的におかしいような気がするが、ないことではない。
 いつもならカッターシャツの上に何を羽織ろうかと思うところ。そして羽織るのは当たり前で、もう少し分厚い目がいいと思うような時期だ。冬用のジャンパーを先日着たばかり、裏に毛が生えている。そういう寒い日があった。これからはもっと寒い日が来るのだが、拍子抜けしたような暖かさだ。
 自転車散歩にはもってこいの気候なので、少し走ろうとかと思ったが、暑苦しい。夏の気分が抜けているので、夏ならそれほど高い気温ではないと思うはず。しかし30度近くあると、夏でも遠慮する。ただ、真夏の30度なら、炎天下の移動も少しはましな方。
 結局昼寝後に行く喫茶店を変え、逆方角にある遠い目の喫茶店へ行く。そこは個人喫茶だが、風通しがいい。大きな店ではないが、お爺さんと息子夫婦、それとバイトもいる。これが親父一人とか、老婆一人の個人喫茶なら、寄りつけないだろう。
 この喫茶店も爺さん一人の店になってもおかしくないが、さいわい息子夫婦が後を継ぐのか、始終手伝っている。
 商店街ではないが、商店が多く集まっている場所なので、人通りも多い。その人通りは通行人ではない。個人喫茶としては客が多い方だろう。
 ピザが売り物の店だが、本当に手作りで、ピザトーストを注文したことがあるが、結構時間がかかる。具を切っているのだ。そしてボリュームがある。こういうのを出していると、一人ではできないのだろう。忙しすぎる。
 横にあるイズミヤの地下に喫茶店があり、フードセンターの中だが、囲いの中なので、普通の喫茶店だ。これは潰れた。売りはパスタ。まあ、何処の喫茶店でもスパゲティーはあるので、珍しくはない。オムライスが売りの喫茶店もある。これも焼きめしのある喫茶店なら、あるだろう。
 コーヒー以外の特徴が欲しいということで、そういうのを出すのだが、潰れたその喫茶店はパスタ専門店だったようだ。
 潰れた理由はよく分からない。老人がやっていたわけでもない。地下のフードセンターが閑古鳥のためだろう。ただこの喫茶店、煙草が吸えた。分煙も何もない。だから、この方面へ行ったとき、よく入っていたのだが。コーヒー代も安かったが、ファスト系よりも当然高い。
 夕方近くに戻ってきたのだが、本来この時間になるとひんやりするのだが、それがない。朝夕冷え込まない。調子外れ。
 スーパーの賞味期限間近台に小さい目のヒロウスのパックが半額だったので、それを買う。もう保存が利かないと思い、全部煮る。後で考えれば、冷凍にすればよかったのだが。
 古いのか、皮がやけに固い。それで煮込む。ヒロウスは浮いてしまうので、穴を空ける。空気が入っているのだろう。まあ油揚を丸くし、中に一寸だけ具を入れたのがヒロウスだが、これはピンからキリまである。いいのはゆり根が入っていたりする。詰め物が多い。
 普通に醤油で煮たのだが、それではヒロウスにならない。砂糖が必要だ。油揚げと同じで、いなり寿司のあの甘さが必要なのだ。きつねうどんのあの甘さが。砂糖はコーヒーに入れる棒状のものしかなく、それも切れていたので、砂糖を買う。しかし、砂糖を入れる容器が面倒。
 だが小袋で、チャック付きのがあったので、これで容器はいらない。白い砂糖と黄色い砂糖がある。黄色いのにした。煮物の絵があったので、料理用の砂糖のはず。
 それで煮直し大量のヒロウスができた。サイズは小さいが、一度に食べきれるものではない。囓ると汁が出る。この汁が美味しいのだ。茶碗で受けて食べると、汁がご飯に落ちる。これで汁ご飯になるが、白いご飯はそのままの方がいい。
 今朝もまだ暑いようだが、これはガクンとまた気温が下がるのだろう。このまま夏になるわけではない。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。