2017年11月07日

続猿の惑星

■■ 2017年11月7日(火) 午前9時00分
 
 昨夜は十度を切っていたが、平年並だろう。まずまずの気温。この時期ならそんなものだと思う気温。これは特に言うことはない。普通なため。晴れているが、少しかげることがある。雲が多くなっているのだろうか。この数日晴れが続いている。これも雨が続いているときは注目するが、晴れていると天気は気にならない。そして今日は立冬らしい。意味は分からなくても、旅立ちのように、冬への旅立ち。冬が立つ。冬が立ち現れる。立冬が近付くときに、既に冬は立ち始めているので、立冬の日にいきなり立つわけではない。
 しかし、立冬や立春や立夏などは、少し早い目に来る。立春など真冬だ。2月4日なので。
 だが、10月頃から冬の服装をしていたのだから、体感温度は、もっと前から冬は立っていたことになる。冬が一年で一番長い季節かもしれない。これは服装に関してだ。春と秋が合体すればそれなりの長さになるが、この二つの季節は過程だろう。夏になるまでの。冬になるまでの。そして夏から冬への間。冬から夏への間。
 
 昨日は猿の惑星を二作見る。その前に見たのがどうも三作目だったらしく、順番が違った。猿が地球に来る話。昨日見直した一作目は人間が猿の惑星に行く話。そのあと続けて見たのが、続編。これから見ようと思っていたのだが、一気に三作目を見てしまったことになる。
「続猿の惑星」「新猿の惑星」。数値的な並びが「続」でも「新」でも行けるので、紛らわしい。
 二作目も、見た記憶があった。ニューヨークの地下鉄が出てくるシーンで思い出したが、ストーリーは飛んでいた。覚えていないので、初めて見るような感じ。覚えているのはコーネリアスという猿の名前。
 印象的なのはヒロイン的な女性。これは猿の夫婦ではなく、猿の惑星にいる人間の女性。ここでの人間は喋れない。言葉を知らないのだが、犬か猫程度に、何となくは分かるのだろう。
 このターザンに出てくるような女性が常に同行している。しかし、ただの色添いでいるのではなく、最後のクライマックスのアクション時、あわやというところで、この女性が初めて声を出す。叫び声ではなく、グレゴリーペックの名前を呼ぶのだ。これは言葉だろう。この猿の惑星で初めて言葉を話した人間になるのかもしれない。
 人間と猿とが逆転してしまうため、そこから出て来る違和感以外のものを考えさせてくれる。また猿の惑星の猿は一律ではなく、大人しいチンパンジーと、学者っぽい中間派のオランウータンと、好戦的なゴリラがいる。
 猿の惑星の学者は、猿の文明以前に進んだ文明があったことを知っている。立ち入り禁止にしている地域がある。一作目でグレゴリーペックが見た海岸線沿いにある自由の女神像あたりだ。
 この猿の惑星。最新作がある。しかし、それまでにも何本かあるので、人間と猿とが入れ替わった理由や、猿がどうして人間並みの能力を得たのかの理由が分かるだろう。
 これは地球がどうなったのか、猿がどうなったのかの話以上に、話をどう展開させ、どう辻褄を合わせていくのかの構想力のようなものの方が見所だろう。
 
 昨日は老眼鏡を買いに行った。いつもは屋台のようなところで、千円程度の眼鏡を買っている。しかし部屋でずっと使っている眼鏡は十年ほど前に眼鏡の三木で買った高いもの。眼鏡のチェーン店だ。店構えし、大きな駐車場がある。これだけでも価格に影響するだろう。だから高かったのだが、長持ちした。そして見え方がやはり良い。
 それで買いに行ったのだが、十年ほど前のタイプはなかった。メタルフレームで玉が大きい目のタイプ。まあ眼鏡屋なので、目に丁度合う眼鏡を作ってくれるのだが、老眼鏡の度数だけの問題なので、既製品でいい。
 大きい目の眼鏡はなく、樹脂製のフレームで、たまも小さい。その一種類の色違い程度しか置いてなかったが、それは十年前も男性向けと女性向け程度のタイプ別しかなかったので、似たようなものだろう。今は男女兼用タイプで、フレームの色目で変えているのだろう。
 年配の店員がすぐに後ろに来て、説明してくれる。そして度の違うものをかけて、これまで使っていた度数と同じものを選ぶ。
 支払いはレジではなく、その場で渡すと、店員は壁際の引き出しから化粧箱入りの眼鏡を取り出し、ケースを持って奥のレジへ行き。戻ってきたときは袋に入っていた。
 意外と値段が安い。2000円台だ。屋台の眼鏡の倍はするが、それでも昔買ったときよりはるかに安い。
 その眼鏡でパソコンのモニターを見ると、平面性が良いのか、歪みが少ない。レンズは一枚物で、虫眼鏡のようなものだ。樽形になったり、へこんだように見えたりするのは度数の問題かどうかは分からないが、いつも外で使っている眼鏡よりも、度数は小さい目なので、そんなものかもしれない。
 それで、しっかりと見えるようになった。十年以上使っていると、流石にレンズに付着したものが取れない。まあ、殆ど磨いたことがないので、そんなものだろう。
 屋台で売られている千円の老眼鏡は、人件費、設備費などを差し引けば、眼鏡屋で買ったものと同等のものになるのかもしれない。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。