2017年11月08日

お好み焼き

■■ 2017年11月8日(水) 午前8時07分
 
 今朝は久しぶりに雨。そのためか、気温は高い目。雨は小雨で、傘はいらないので、雨でも楽だ。風もなく、台風のときの雨と風から考えれば、楽なもの。
 さて、この雨空、どの程度続くのかは天気予報を見ていないので、分からない。この秋はよく雨が降ったので、もうそれほど降らないだろう。意外と冬は雨が少なかったりする。雪が降ることは大阪方面では滅多にないので、冬は雪ではなく、雨が多い。
 冬の雨は雪と被るので、扱いにくいのだろうか。季節感が出なかったりする。冬は雪だろう。北国ではそれが普通のはずだが、雪など殆ど降らない地域では雨になる。
 今朝は雨に強いジャンパーを羽織る。台風の日、傘が差せないとき、これを着ていた。大した雨ではなかったので、問題はなかったが、こういうときは表面がツルッとしたタイプが好ましい。着心地はそれほどよくないが、表面が意外と丈夫。汚れにくいのは染みこみにくいためだろう。
 このジャンパーは下に着込めば真冬でも行けた。中綿はないが、胴体部分に毛が入っている。腕にはないのが残念だが、腕がスースーするということはない。腕の箇所は表地だけではなく、裏にツルッとしたものが被さっているためだろう。その間に詰め物をすれば、綿入りになるのだが、綿入りの効果は何処まであるのかは分かりにくい。やはり表面生地が丈夫で、強いことの方が大きいかもしれない。
 昨日もそれを着て喫茶店で座っていると、暑苦しく感じた。脱がないといけないほど。それほど暖房が効いているのだろう。冬場の暖房、暑苦しく感じることもあるが、有り難い話でもある。もの凄く寒い店もある。
 今朝は理想的な時間に目が覚めた。その時間に起きると、喫茶店が開く頃に行ける。それ以上早いとまだ閉まっている。それ以上遅いと客が増え出すので、いつもの席が空いてなかったりする。最近は遅い目に起きることが多くなっているのか、理想的な時間に目が覚めたとき、もう少し寝たいと思った。寝たりなさがある。ここで二度寝すると、ものすごい遅い時間になるので、逆転する。せっかく早く目が覚めたのに、何の意味もなかったりする。
 
 昼はパンなどを買って食べているのだが、最近はお好み焼きを作っている。小麦粉を焼いただけのものだが、こちらの方が食べやすい。長雨の影響で葉物野菜が高かったので、まだましなキャベツを買っていた。これを微塵切りにし、小麦粉と卵を練ったところに入れる。さらに乾燥海老を入れる。色の付いたあれだ。味付けはしない。小麦粉はお好み焼き用になっているので、少し高いが、味が付いている。そして乾燥海老には塩気があり、これでソースなしでも水臭くない。これを小さくも大きくもないフライパンで焼ける量を作る。量を決めているのは小麦粉の量。多く入れすぎると硬いので、水をもっと入れる必要がある。そのため全体の量が増え、フライパンに流し込んだとき、一杯になりすぎる。コテが入れられるだけの隙間があるほど、底一杯ではなく、少し隙間が出来る程度の量が好ましい。
 これはすぐにできる。小麦粉を溶くのは卵焼きを作るときと似たような手間。キャベツを切る時間が加わるが、卵焼きの中に玉葱を入れるときにも、その手間がかかるだろう。だから卵焼きを作る程度の手間でお好み焼きはできる。
 お好み焼きなので、好みの焼き方ができる。この好みとは、好みのものを入れて焼くことだろうが、何も入ってなかってもいい。要するにあっさりとしたお好み焼きで、ネギだけだとネギ焼きになる。
 パンを買って食べるより、こちらの方が良いが、少しだけ手間がかかるが、食べやすい。当然焼きたて、出来立てなので、それだけでも美味しい。
 夏場は暑くて火の近くに行くだけでも嫌だったのだが、寒くなってくると、お好み焼きが作れるようになる。
 冬には冬の良さがあるのだろう。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 09:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。