2017年11月09日

ユニクロ冬物見学

■■ 2017年11月9日(木) 午前8時36分
 
 今朝は天気が回復したのか、雨は降っていない。昨日は降っていたのだが、小雨で、傘がいらないほどなので、大した量は降っていない。しかし、まだ曇っており、陽射しが出たり引っ込んだりしている。雨が去った朝は寒いはずだが、それほどでもなかった。北の方は冷え込んでいるかもしれない。冬型の気圧配置になっているらしい。冬型というのは冬の間ずっとではなく、たまに緩むらしい。低気圧とか高気圧とかの位置なので、じっとしていないためだろう。
 今朝は寒いのかどうか分からないので、とりあえず分厚い目のダウンジャケットを羽織って朝の喫茶店へ行く。これを着てしまうと秋物が着られなくなる。
 先日バーゲンで買った薄い目のダウンジャケットは軽くて良いのだが、これでは寒い。買ったときより冬が進んでいるためだろう。しかし、中に何かを着込むと、まだいけるが、結構窮屈。これは重ね着にありがちな話。長袖のカッターシャツなどが手首までいかないで、奥にいたりする。だから、一着で済むようなタイプの方が好ましいのだが、それでは鎧のように大袈裟なものになる。その中でも軽量でシンプルなのがダウンジャケット。味も素っ気もないが、効率が良い。
 昨日の昼間、雨の中、喫茶店へ行ったのだが、せっかく来たのだから、同じ建物内にあるユニクロ見学。買わないで見学ばかりしている。これは季節の動きで、売っている物の動きを見るため。良いものがあれば買ってもいいのだが、ここは高い。しかし、季節から少し離れると、結構安くなる。新価格ということで。決して特価とは言わない。スーパーで賞味期限間近品を集めた台で漁っていりぅようなものだ。
 秋に出ていたペラッとしたウインドブレーカーが半額近くに落ちているのではないかと思える。二千円台で別の場所に追いやられていた。確かにこの季節では薄い。秋物なので、始末が悪い。これでレインコートになればいいのだが、水を弾く程度ではやがて浸みてくる。そのあたりは着てみないと分からない。いつまでも水滴が付いているタイプか、水滴が流れるタイプでないと、合羽の代わりにはならない。たとえばビニールなら、破れない限り、水は浸入しない。しかし、衣服として着た場合、ビニール生地では蒸れて仕方がないだろう。それに着るときに破れるだろう。百均の合羽のように。また、外からの見ずではなく、内から水が出そうだ。
 結構気に入っていたスタジャン風のものがあるが、これは値段が下がっていない。偽ウール地で、中綿はないが結構頑丈で分厚い。それなりに密着度があり、いい感じなのだが、襟がない。襟が立たない。丸襟のようなもの。試着すると下のカッターシャツの襟の山を越えるので、襟という折り返しがないだけのことかもしれない。
 その横に1万円のコート風も、似たような生地だが、襟がしっかりとある。しかも大きい。これは真冬もののオーバーだろう。ただ中綿はない。このタイプは暖かいのかどうかは分からない。中綿はないが、表面生地が分厚い。数十年前はこれより薄いのを真冬にずっと着ていたのだから、耐寒性はあるのだろう。毛布に近い。その毛布にツルッとした裏地を加えたタイプ。これで腕が通りやすい。またこの裏地で滑りがいいので、動きやすいかもしれない。ただ、表面生地が分厚い偽皮タイプなどは腕が曲がらなかったりする。生地ではなく、細いのだ。ユニクロなので、結構細身にできている可能性があるが、これは試着していないので、分からない。気に入っても1万円するので、ここで引くだろう。ダウンジャケット系に比べ、引っ張り出すとき、重かった。この重さが重いだけのことであっても寒いときは押さえになる。
 このオーバー、以前は店の入り口にマネキンが着ていたのだが、隅へ追いやられたようだ。
 それを見たあと、その上の階にある上新で家電見学。
 21インチの一体型パソコンで、8万円のレノボが消えていた。売れたのだろう。似たタイプのNECと富士通が横にあるが、スペック的にはレノボが二枚ほど上。日本のメーカーものは十万円を遙かに超え、しかもスペックはレノボより劣る。これは何だろうかと思うほど。スペックが低いので安いのではなく、高いのに安い。
 次はいつものデジカメ。特に目だったものはないがキャノンイオスのX7が消えていた。世界最小最軽量の記録を残して。
 コンパクト系ではニコンの旅カメラの値段が下がっていた。ニコンは中国の工場を閉鎖するとかのニュースがある。コンパクト系の工場だろうか。そしてコンパクト系の人員を削除とか。下手をするとコンパクト系から撤退するのかもしれない。そのニュースによると、ある程度需要がある一眼レフに力を入れるらしい。一眼レフ系の入門機はイオスの一人勝ちだろう。ミラーレスもあるし、1インチの一体型など種類が多い。ニコンも1インチタイプの新路線を作っていたのだが、開発中止になったらしい。だからコンパクト系の旗艦がない。
 だから生き残っているニコンコンパクト系の旅カメラが貴重品になったりする。次の機種が出なかった場合だが。そして値段が下がっているので、これは少し気になった。工場閉鎖。だからニコン旅カメラの新製品が出ないままかもしれない。
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。