2017年11月12日

ニコン旅カメラ

■■ 2017年11月12日(日) 午前8時11分
 
 今朝は寒い。天気予報では北が荒れると言っていたが、大阪方面は風はないが、冷え込んでいる。朝だけかもしれないが、いつもより一段寒い。数値的には同じようなものだが、空九が冷たく感じる。まだ手が冷たいほどではないが、もう一枚中に何かを着込みたいほど。中に着込むと、真冬と同じになる。それ以上は着ない。だから中にセーター類を着込むと、最大の冬装備となる。ただ、まだ帽子は耳まで隠れるニット帽にはなっていない。
 やはり雨が去ってから寒くなってきたのだろうか。雨の降る日は寒くない。逆に暖かかったりする。ただ、昼間も気温が上がらないので、平均気温は低いかもしれないが朝夕が楽だ。しかし傘を差さないといけないので、楽とは言えないが。
 朝の喫茶店などはクリスマスの飾り付けになっている。来月の25日あたりまでは結構あるのだが、正月の飾りにするわけにはいかない。
 クリスマスの飾り付けは、クリスマスとは分かりにくいタイプが長持ちする。雪の結晶だけが張られ、トナカイやソリは出てこない。当然サンタも。電球が吊されているだけなら、何か分からない。そう言う風にしているのだろう。クリスマスとは分かりにくい飾り付け。
 ぐっと寒くなってきたので、真冬もののセールが始まるかもしれない。これは去年の売れ残りなどが安く出る事がある。この前のバーゲンは秋の最終バーゲンで、もしそれを買っていたとすれば、今頃寒いだろう。一番分厚そうなものでも、中綿は入っていなかったりする。そのとき買った軽いダウンジャケットは、今朝は寒いので着ていない。もう一段分厚いタイプににしている。これはもう汚れてもいい作業着のようなものだ。ゴミの日にウロウロしている人と似てしまうが。
 今年は中綿入りではないタイプに挑戦してみたい。ウール地風のオーバーだが、これはいい感じなのだが、見た目寒そうに見える。だから毎年パスしている。
 
 ニコンの旅カメラの値段が下がっているので、少し気になっている。出てから結構経つ。新製品を出さないかもしれない。
 このバージョンから液晶が回転するようになる。しかし結構薄型で横に長いがギリギリ200グラム台はキープしている。ライバルのキヤノンはさらに小さく軽く、望遠も900ミリ超え。ニコンは800ミリ超えまで伸ばしてきているが、次の機種でもっと伸ばすはずだが、700ミリ超えあたりで十分だ。ただ、数値は分かりやすいスペックの差となって出る。望遠が少し伸びても、似たような画角だ。ニコンはマクロがやや厳しかった。中望遠での寄りが弱かった。一番寄れるのはオリンパス。望遠端で60センチだったと思う。他社は二メートルとかになる。
 ニコンはその変わり、起動が速く、キビキビしている。電源ボタンも軽く触れるだけでいい。そしてやや横に長いので、バランスが良い。
 オート化はあまり進んでおらず、オリンパスと同レベル。オートで上手く填まるときは良いが、そうでない場合はオーソドックスなオートの方が使いやすい。オートの癖が分かるタイプだと、それを見込んで写せる。
 ニコンはオーソドックスで、あまりフルオートで勝手なことはしない。だから道具として、写す側の負担がかかるが、普通の風景を普通に写す場合は問題はない。
 そのため、ニコンやオリンパスの旅カメラは道具的要素が少しある。
 これは日本語変換と同じで、AIの自動変換で余計な予測をして、欲しい漢字に変換しないことがある。文節を解析して云々は普通の文章ではないが漢字を選びたいときは、学習されたものが最初に来る方が良い。だからそれが来るだろうと言うことがあらかじめ分かるので、何とかなる。最近の日本語ソフトは文節で漢字を変えてくる。読みが同じのとき、その分析にふさわしい漢字が優先される。これも普通の文章なら上手く填まるので、学習されているものがアホの一つ覚えのように出るよりはいいのだが。
 ニコンの旅カメラはスナップ性が高い。キビキビと動くためだ。
 二世代ほど前のニコン旅カメラを持っているが、液晶は横開きで扱いにくかった。それが縦開きになったので、ぐっとよくなり、写りも、いいレンズが一枚加わっているので、試したいところだ。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。