2017年11月13日

オーバー

■■ 2017年11月13日(月) 午前8時57分
 
 今朝は寒いようだ。夜中の気温が5度台。寝ている時間だが、寒いというのは分かるようだ。昨夜は寝るのが遅かったので、朝まで一気に寝たのだが、途中で起きなかったのが不思議なほど。しかし、目は開けなかったが、寒いので何とかした方が良いと思っていたことは覚えている。蒲団の上に何かかけないといけないとか。蒲団は夏布団のまま。そこに膝掛けのようなものをかけているが、これではまだ寒いのだろう。そろそろ電気毛布のスイッチを入れもいいほどだ。
 少し離れているが、県内でも初冠雪。ここは寒い場所なので、雪ぐらい積もるだろう。雪が降るだけではなく、しっかりと積もるような場所。
 しかし、予想最高気温を見ると19度ほどある。結構暖かい。南から暖かく湿った空気が入り込むらしく、それで空も怪しくなり、曇ったり雨になったりするらしい。やはり雨が来ると温かくなる。南からの空気が来ている場合だが。これが北からの空気だと本格的な冬になる。寒気が降りてきているので。
 寒くて何ともならないが、これは夏場、暑くて何ともならなかったよりは、なり具合が違う。
 朝の喫茶店はしっかりと暖房が入っており、暖かい。今朝はまだ晴れており、しっかりと陽射しがあるのだが、手が少しだけ冷たい。流石にまだ手袋をしている人はいないが、バイクなどではいるだろう。
 もの凄く大きなマフラーをしている人もいる。しかし、軽いものを引っかけている人もおり、両者が混ざり合っている。流石に長袖のカッターシャツだけの人は見かけなくなった。軽く上に何かを引っかけている。これは底上げだろう。一番薄着の人が底だとすれば、それが上がっている。
 寒いときは暖かい服装が良いのだが、本人が暖かいと思えるような印象のものがよかったりする。フワッとしていて、触っただけでも暖かいようなタイプ。しかし、そういうタイプは意外と寒かったりする。
 今年はオーバーを狙っている。偽ウール地で、中綿がないタイプ。こういうタイプの本物はもの凄く重い。以前、福知山という兵庫県の真ん中にある盆地の町へ行ったとき、そこにあった商店街の中にある大きな古着屋で買ったのが、これが膝まで隠れるほど長い。そして片手で持つとき、力をいるほど重かった。昔の人が着ていたものだろう。本当に古いタイプの古着が吊されていた。当然着たのは一度か二度で、誰かにやった覚えがある。
 
 昨日は歯も痛いし、夕食のおかずも用意していないので、適当な惣菜を買うにしても、面倒なので、お茶漬けにした。千枚漬けがあると、おかずはいらないのだが、それでは足りないのか、腹が減ってきた。それでおやつを食べたりして誤魔化したが、まだ足りないようだ。寒いのでカロリーが必要なのかもしれない。燃やすものが。煙草も買うのを忘れていたので、切れかかっていたので、コンビニへ行く。そこで小さなパンを買ったのだが、夜、遅くなってから食べるのはよくない。これが風邪などでを引き、少し熱があって食欲がないときはお茶漬けだけでもいいのだが。
 こういうとき、カップラーメンとかがあると、すぐに食べられるのだが、買い置きはない。
 秋は終わり、もう冬だ。
 
 
 
posted by 川崎ゆきお at 10:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。